Vario-Sonnar T* 2,8/16-35 ZA II

アングルを自由自在に

この明るい広角ズームレンズはアナログ、デジタルを問わず、フルフォーマットサイズカメラを利用する写真家に幅広いオプションを提供します。バリオ・ソナー T* 2,8/16-35 ZA II にほんの少し絞りを入れれば、均一な高画質と全体を通して輝きのあるイメージを楽しむことができます。搭載されている超音波モータ(SSM)のおかげで音もなく驚くほどのスピードでのフォーカスが可能です。(1)。バリオ・ソナー T* 2,8/16-35 ZA II はズームの際に伸縮がなく、固定式フィルター取り付け枠のおかげでPOLフィルターを手軽に利用することもできます。頑丈なマウント、内部焦準レンズ、レンズシェード用のフロントバヨネットと金属製フィルター取り付け枠などの特徴からプロの写真撮影にぴったりのレンズです。

(1) オートフォーカスはSSM採用のカメラでのみ使用することができます。(例:2001年以降のコニカ ミノルタ一眼レフ、またはソニーáモデル。)

ソニーSAL1635Z2マウントデジタルカメラレンズの詳細は: www.sony.jp

製品仕様:

焦点距離 16-35 mm
絞り値 f/2.8 – f/22
撮影距離 0.28 m – ∞
レンズ構成 (枚/群) 17/13
画角 (全画幅) 107° - 63° (diagonal)
视场角(APS-C) 83° - 44° (diagonal)
フィルター径 M 77 x 0.75
サイズ (キャップも含む) ø 83 mm, length 114 mm
質量 872 g

Vario-Sonnar T* 2,8/16-35 ZA II

特長

マークIIレンズ:さらに優れた性能のための進化した仕様

新しいマークIIレンズの仕様は、前世代に比べて多くの進化を遂げました。特に微妙な光環境でのゴーストイメージや反射の最少化する迷光処理の最適化が施された点が印象的です。
さらには、新型の防塵・防滴加工を施したマウントが、悪天候下でも光学部分と機械部分を守ります。
SSMシステム(スーパーソニック・ウェーブ・モーター)のオートフォーカスシステムも最適化されました。
このことによりAFのスピードだけでなく、マークIに比べてさらに精度が向上しました。

スムーズで静かなAF作動

オートフォーカスシステムの設計は、特定のレンズグループを非常に精確に移動させることが要求されます。通常これはカメラボディーからの機械的な結合に よって行われますが、ZAレンズではさらに洗練されたAF作動を実現できる、SSM(超音波モーター)内蔵のAFシステムを採用しています。

カールツァイスT*反射防止コーティング

ZEISSレンズの表面は、すべてT*アンチレフレックスコーティングと光学デザインが施されており、これが、光の状態が悪いときにもすばらしい画像を生み出します。レンズ球表面の反射を防止するため、その表面には極薄の透明コーティングが施されています。そのためには、高真空で特殊な物質を、非常に高いエネルギーで次々に気化させ、続いてガラス表面に、精密に制御された厚みで層として固定し、意図した反射抑制を実現します。初めてのレンズコーティングは、カール・ツァイスによって早くも1930年代に行われています。

優れた解像力とコントラスト

レンズ内部の光の屈折によって起きる迷光は解像力とコントラストの大敵です。迷光を正しく制御できないレンズではコントラストが低下し、本来よりも色褪せた画像となってしまいます。ツァイスのレンズは創業以来技術革新を重ね、培われてきた独自の技術の組み合わせにより迷光を制御、コントラスト豊かな画像を再現します。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細