ファームウェアの更新

ZEISS Touit (Xマウント)

  • ファームウェア修正内容

    ファームウェア バージョン1.03への更新には以下の修正が含まれます:

    • AF追従性能が向上されます。
    • 像面位相差AFが有効になります。
  • 説明書&ダウンロード

    必ずお読みください:

    • ファームウェアの更新に失敗するとレンズが正常に作動しなくなる場合があります。更新実行前に必ず下記をお読みください。
    • ファームウェアの更新作業には、カメラならびにフル充電されたバッテリーまたは適切な電源アダプターを使用してください。
    • 更新中にバッテリーあるいは電源アダプターをカメラから取外すと、レンズが正常に作動しなくなることがあります。
    • ファームウェア更新完了後は、前バージョンには戻れません。

    注意事項:

    カメラ本体が最新のファームウェアに更新されていないとZEISS Touitレンズのファームウェア更新ができない場合があります。カメラ本体のファームウェアの確認と更新につきましてはカメラメーカーにお問い合わせください。

    ファームウェアの更新:

    1.) ご使用のカメラを用いてメモリーカードをフォーマットします。これはファームウェアの更新に必要となります。メモリーカードをフォーマットすると保護されているデータも含めて全てのデータが消去されますのでご注意ください。

    2.) フル充電したバッテリーをカメラ内にセットする、あるいはカメラメーカーから推奨されている電源アダプターを使用してください。

    3.) Touit レンズをカメラ本体に装着します。

    4.) 使用許諾契約書をお読みください。

    5.) 更新ファームウェアをダウンロードします。事前に使用許諾契約書をお読みになり同意してください。


    6.)
    ダウンロードしたファイルをフォーマット済みのメモリーカードにコピーします。ファイル名は変更しないこと。変更すると、更新ファームウェアが認識されないことがあります。

    7.) 更新ファームウェアをコピーしたメモリーカードをカメラ本体に入れてください。

    8.) 「DISP/BACK」ボタンを押したままカメラ本体の電源を入れてください。

    9.) この画面が表示されたら「OK」ボタンを押します。

    10.) ファームウェア更新の対象である「レンズ」を選択して「OK」ボタンを押します。

    11.) 「UP」ボタンを押して「実行」を選択して「OK」ボタンを押します。

    12.) 「OK」ボタンを押します。ファームウェア書き換え中にバッテリーあるいは電源アダプターをカメラ本体から取り外すと、レンズが正常に作動しなくなることがあります。

    13.) 「OK」ボタンを押します。

    14.) ファームウェア更新が開始されます。書き換えが完了するまで、数分掛かります。



    15.) この画面が表示されたら、ファームウェア更新は完了です。カメラ本体の電源をお切りください。

    16.) ファームウェア更新に使用したメモリーカードは、フォーマットしてから撮影にご使用ください。

    17.) フォーマット済みのメモリーカードをカメラ本体に挿入してください。

    18.) 「DISP/BACK」ボタンを押しながらカメラ本体の電源を入れてください。

    19.) 現在のファームウェアがバージョン1.03であることを確認してください。

    20.) ファームウェアバージョンの確認が済みましたらカメラ本体の電源をお切りください。

  • エラーメッセージと対応方法

    エラー原因:
    メディアがカメラにセットされていません。
    対応方法:
    更新用ファームウエアを書き込んだメディアをカメラに入れてください。

    エラー原因:
    メディアがフォーマットされていないため、読み取りができません。
    対応方法:
    再フォーマット後、更新ファームウエアを再度書き込んでください。

    エラー原因:
    メディアの読み取りができません。
    対応方法:
    カードまたはカメラの故障が考えられます。他のメディアで再度お試しください。それでも読み取れない場合は富士フイルム株式会社サービスステーションにカメラ本体の修理をお申し付けください。

     

    エラー原因:
    カメラに入れたメディアに更新用ファームウエアは入っていません。
    対応方法:
    更新用ファームウエアを書き込んでから、メディアをカメラに入れてください。

    エラー原因:
    メディア内の更新用ファームウエアデータファイルの読み取りができません。
    対応方法:
    更新用ファームウエアを再度ダウンロードし、そのファームウエアをメディアに新規に書き込んでから、カメラに入れてください。

    エラー原因:
    メディア内の更新用ファームウエアが現在のファームウエアより新しくありません。
    対応方法:
    現在のレンズのファームウエアは最新ですので、ファームウエアの更新の必要ありません。

    エラー原因:
    メディア内の更新用ファームウエアが当該レンズ用ではありません。
    対応方法:
    お持ちの機種の更新用ファームウエアをダウンロードし、メディアに書き込んでから、カメラに入れてください。

    エラー原因:
    カメラ本体用の電源アダプターが接続されていない、または電池の残量が不足しています。
    対応方法:
    ファームウェア アップグレードを開始する前に、カメラ用の電源アダプターをカメラに接続、または電池をフル充電してください。

    エラー原因:
    バージョンアップが何らかの理由で正常に終了しなかった。
    対応方法:
    カメラの電源を切り、ZEISSカスタマーサービスにお問合せください:連絡先

     

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細