ZEISS グループ組織

ZEISSグループの幅広い事業ポートフォリオは、6つのビジネスグループと4分野に分かれた戦略的なビジネスユニットからなります。それらのビジネスユニットは、リソグラフィ装置、工業用測定機器、顕微鏡、手術顕微鏡、眼科用診断および治療システム、眼鏡用レンズ、プラネタリウム投影機、シネマレンズ、カメラレンズ、双眼鏡、スポッティングスコープの開発、製造、販売を手がけています。

Carl Zeiss AGが戦略的な持株会社としてグループを統括しています。その主な役割は、グループの事業ポートフォリオを戦略的に発展させ続けることにあります。同時に企業経営とサービスの機能も果たしています。

事業部門

Medical Technology

Medical Technology

眼科治療、神経外科手術、ENT手術用の製品とソリューションにより、ZEISSは医学の進歩を促進し、世界中の医師たちが患者のクオリティ・オブ・ライフを増進するのをお手伝いしています。

Industrial Metrology

Research & Quality Technology

ZEISSは材料検査用の計測機器や顕微鏡の提供により、何よりも品質が重視されるアプリケーションで必要とされる品質基準の遵守を保証します。また、ZEISSの顕微鏡は、極小の構造やプロセスも可視化することにより、様々な研究にも貢献します。

Semiconductor Manufacturing Technology

Semiconductor Manufacturing Technology

今日、マイクロチップの大半はZEISSテクノロジーにより生産されています。ZEISSは半導体製造装置の分野におけるマーケットリーダーとして、常にマイクロチップの高性能化と小型化を進める技術を提供することにより、マイクロエレクトロニクスの時代において重要な役割を果たしています。

Vision Care

Vision Care/Consumer Products

世界有数の眼鏡レンズメーカーであるZEISSは、最高の視覚的快適性の象徴です。ZEISSのシネマレンズ、カメラレンズ、プラネタリウム投影機、双眼鏡、スポッティングスコープは、ユーザーに極めて優れた光学的品質をお届けします。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細