Back To Top

ViScan

2次元形状の光学測定

最近のワークは非常に複雑な構造をしているため、接触式センサや光学式センサだけでは不十分なケースがあります。ViSCAN 2D画像センサを搭載した測定機であれば、1台の測定機で接触式測定および光学式測定両方の測定課題を実行することができます。

製品概要

ViScanの特徴は、そのフレキシビリティにあります。RDSと組み合わせることで、ワークの固定方向を変更し直さずに、あらゆる空間方向での測定が可能になります。また、各種レンズも使用できます。作動距離は、使用するレンズに依存しないため、深さのある要素の測定も可能です。画像での測定に加え、自動フォーカスシステムを使用してカメラ平面に垂直な測定も可能です。


ViScanは特に、非常に小さい形状や二次元形状を持つ部品の測定にも適しており、さらにシートメタル、ゴム、プラスチック製部品などの柔らかい材質にも向いています。パンチ加工コンポーネントや、プリント基盤といった低コントラストのワークの測定といった難しい測定も、オプションのLED照明付きモバイル透過光線ステージを使用することで実施できます。

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK