Back To Top

自由曲面に特化したアプリケーション

ZEISS CALIGO

自由曲面測定には非常に多くの測定点が必要です。ZEISS CALIGOのソフトウェア・アーキテクチャーはそのために特別に設計されています。

ダウンロード

お問合せ

座標測定機

導入事例

ZEISS CALIGO

特徴

  • 車体構造の自由曲面と標準幾何形状を検査する効率的なツール
  • 簡単操作
  • 大量のデータを処理するためのパワフルなソフトウェア・アーキテクチャー
  • 効率的な変更管理
  • オフラインプログラミングのための統合されたシミュレーション機能
  • 自動経路生成機能による衝突保護
  • Path-in / Path-outナビゲーション機能Includes
  • ZEISS PiWeb reportingを搭載

車体構造関連ユーザーのための効率的なツール

自由曲面の測定に重点を置いているZEISS CALIGOは、主に車体構造の測定を対象としています。ユーザーは、自由曲面の他に、標準幾何要素の測定と評価も可能にするトータルソリューションを得ることができます。ZEISS CALIGOは操作が簡単なため、短いトレーニング期間で操作可能になりますが、強力なデータ処理機能、品質管理を簡単に行える多くの機能を提供します。

大量データに対応

モジュラーシステム・アーキテクチャーのZEISS CALIGOは、将来的な機能拡張にも対応できるように設計されています。利用可能なシステムリソースを最適に使用することにより、自由曲面の測定で得られる大量データの高速処理と提供を可能にします。

測定シミュレーション

ZEISS CALIGOのシミュレーション機能は、測定プログラムをオフラインで分析する多くの方法を提供します。測定の実行は、CADウィンドウでアニメーションとして表示されます。衝突制御、移動経路の追跡、衝突球などの機能があり、プログラミングの最適化や、トラブルシューティングに役立ちます。また、各種のホリゾンタルアーム形測定機やダブルコラムシステムを、ZEISS CALIGOで完全にシミュレーションすることができ、さらにZEISS EagleEye光学式センサにも対応しています。これにより、ZEISS EagleEyeのオフラインでの実行を設定することができます。

自動経路生成

ZEISS CALIGOはワークとの衝突を防止するために、退避領域周辺に移動経路を自動的に生成し、課題から課題への経路を自動的に生成します。その他、ZEISS CALIGOには、新しい「Path in/Path out」ナビゲーション機能が搭載されています。この機能により、内部空間の安全な進入・退出経路をプログラムすることが可能になりました。測定プランの特定の課題、または測定要素をすぐにプログラムして、安全に測定することができます。

ZEISS PiWeb reporting (標準)

ZEISS PiWeb reportingは納品時に、ZEISS CALIGOに含まれています。レポートテンプレートを使用したり、独自のレポートを生成することができます。オプションのZEISS
PiWeb reporting plusでは、保存できる測定回数が10回から1000回に拡張されます。ZEISS PiWeb sbs と ZEISS PiWeb enterpriseパッケージは、Webベースのデータ管理のため完全なシステムを提供します。

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK