Back To Top

ACCURA 2000 門移動形座標測定機

あなたのニーズと予算にマッチ

ACCURA 2000のプラットフォームコンセプトでは、測定機をニーズに合わせて設定できます。装置、センサ、ソフトウェアの要件が変わった時にはACCURA 2000も変更できます。魅力的な価格で、ライフサイクルコストも抑えることが可能です。ACCURA 2000の技術的特徴としては、革新的な断熱技術、短い移動距離のための新しいエアベアリング、より高いワークのスループットなどが挙げられます。メンテナンスのしやすい設計で、最高の稼働時間を保証。

ACCURA 2000 門移動形座標測定機

ACCURA 2000

ACCURA 2000 門移動形座標測定機

ACCURA 2000 門移動形座標測定機

F.I. Technologyを採用することで温度変化に対応

 

温度変化は、特に製造現場の近くで測定する場合には考慮する必要があります。新しいACCURA 2000のブリッジは、独自の高性能断熱システムを備えており、製造現場での運用で必要な精度を実現します。

 

測定温度は自由に選択できます(20~26℃)

 

通常の測定機は、一定温度下で運用する必要があります。しかし、ACCURA 2000なら測定温度を自由に選択でき、空調コストを削減できます。

 

最高に柔軟なセンサ

 

Carl Zeissが販売しているセンサはすべて、ACCURA 2000で使用できます。MASSマルチセンサ技術により、光学式/接触式センサの交換を短時間で行うことができます。

 

Performance Packageには、ナビゲータ機能を搭載

 

ACCURA 2000用Performance Packageには、VAST navigatorオプションが付属し、より精度の高いスキャニングが可能です。この技術を使用して常に最大の移動距離とスキャニング速度が得られるため、貴重な測定時間を最小限にすることができます。レーザー監視付きの必要な安全技術もパッケージに含まれています。

 

オプション

 

  • VAST navigator
  • MASSマルチセンサ技術
  • 回転対称部品の測定用ロータリテーブル
  • RST-T温度センサ
    (アクティブなインタフェース付き)
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK