Back To Top

3D CodedBoltSense

インライン検査

3D CodedBoltSenseは、フレキシブルなインライン検査のために特別に開発された光学式3Dセンサです。このセンサを使用すれば、穴、エッジ、点などの複雑な要素の検査をロボットのタイプに関係なく行うことができます。

資料のダウンロードと注文はこちら

お問い合わせ先

適用製品

お問い合わせ先

Carl Zeiss株式会社 IMTディビジョン
TEL: 06-6337-8031
FAX: 06-6337-7804

3D CodedBoltSense

カメラ:
モノクロ
撮像視野:
60 (X) x 40 (Y) x 10 (Z) mm³
照明:
近赤外線  (880 nm)
作動距離:
81 mm
センサ寸法:
110 (L) x 130 (W) x 150 (H) (TCP81)
重量:
2.100g (ツールの重量を含まない)
測定時間:
1測定箇所につき、2.5~3.5秒(ロボットの動作を含む)/1測定箇所につき、約0.4~1.0秒(ロボットの動作を含まない)
測定精度:
±0.1 mm

利点

  • 5ライン照明によりZ軸方向の範囲が増加
  • 様々な表面に対する安定した測定 (反射、光沢、オイル、はけ目)
  • 環境光の変化や人工光の影響を受けにくい
  • センサに取り付けられた二方向からの投影照明によるボルト測定
  • 隙間・段差測定

用途:

座標測定機やロボットは以下のような分野に導入可能です:

  • 精密なカーボディ製造
  • 金属加工
  • 構造部品
  • コンポーネントの取り付け
  • 組み立てや溶接工程の検査
  • 位置認識および部品の位置決め作業
  • 座標測定技術

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK