Back To Top

VoluMax

インラインDimensional X線CT

適用ソフトウェア

適用センサ

導入事例

もっと知る

VoluMax

VoluMax

図(上から):VoluMax によるインスリンペンの組立検査欠陥検査設計値/ 実測値 比較検査

VoluMax を使用すると、コンポーネント全体に対して製造上の欠陥を検査することが可能です。数十秒以内に、ボイドや組立て状態の合否に関する情報を入手することができます。結果として、完全に検査されたコンポーネントだけを後工程に送ることが可能となります。

 

完全に自動化された3D ワーク検査は、従来の2D 検査に比べて、技術的に大きなメリットがあります。これまでは、ボイドなどコンポーネントの欠陥を検出することのみが可能でしたが、最新技術では、部品内のボイドの位置やサイズまでも評価することができるようになりました。コンポーネント内の異なるサイズのボイド領域をコンポーネント評価のための基準として使用することができます。CT 評価は鋳造アルミニウム部品、その他の非鉄金属のためだけでなく、自動車、医療技術、機械工学産業におけるプラスチック部品などにも使用されます。


VoluMax により得られる 3D 検査結果は、ボイド解析やアセンブリ検査、そして単純な寸法検査のために使用されます。

 

全自動ローディング


VoluMax はインライン計測分野におけるCarl Zeissのノウハウを取り入れ、ロボットによる自動ローディングを採用することでCT の製造ラインへの最適な統合を実現します。製造工程にCT ソフトウェアを統合することにより、検査結果がトレーサブルに文書化され、安全性に関与するコンポーネントのアーカイブが可能となります。

 

アドバンテージ

 

  • コンポーネント内の欠陥サイズと位置の評価による不良率の低減
  • 測定結果のフィードバックによる不良率の低減
  • 欠陥のサイズや位置を評価する革新的な評価ソフトウェアの使用による検査者に左右されない定質検査
  • 検査結果および生産データのネットワーク化による製品の品質トレーサビリティ

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK