Back To Top

Dimensinal X線CTによる受託測定

(日本でのサービス内容については別途お問い合わせください)

Dimensional X線CTによる受託測定は、ワークの解析と測定に最適です。10年以上に渡り集積してきた当社の豊富なデータ取得・解析経験を活かします。当社のCTシステムは、ハードウェアもソフトウェアも常に最新のものを使用しています。

ワーク内部の非破壊エラー解析

従来のX線検査に加え、さまざまな興味深い解析手法を用意しています。CTスキャンは、次の基礎情報を提供します。

  • 鋳物鋳巣や成型品ポロシティなど空洞の確認、空洞の容積測定、容積比による分布解析
  • 破損/欠落などの内部欠陥検査
  • ヘアラインレベルの亀裂の検出
  • 温度、圧力、帯電などによるストレステスト
  • 組立部品の内部組立状態の確認検査
  • 摩耗解析

寸法測定と幾何形状比較

当社のCTシステムは部品全体を捉えます。そのため、内部の輪郭形状やすべてのアンダーカットを撮像でき、設計値/実測値比較(CADまたはマスタとの比較)や、実測値/実測値比較(他のキャビティとの比較)などの形状比較ができます。ワークの向きには依存しません。誤差はカラー段階比較で表示されます。その際、各誤差領域は色別で表示されます。

  • ボリュームデータ上での2次元および3次元測定。点群やSTLデータへの変換の必要はありません
  • 標準幾何形状(直線、円、平面、円筒、円錐等)の寸法だけでなく、ISO-1101位置形状評価にも対応しています。
  • ワークの初期サンプリング

リバースエンジニアリング - 修正、最適化、取得

基準に対する誤差が分かれば、具体的に金型形状を修正できます。当社の専門家が、お客様の仕様や問題に合わせて修正したCADデータの作成をお手伝いします。

  • リバースサーフェースエンジニアリング
  • 金型修正

当社は次のような低減手段を提供します。

  • サーフェースモデル
  • ボリュームモデル
  • 完全パラメトリック(幾何形状要素を含むCADモデル)
  • ツール修正における拡大縮小エラーや反転エラーの低減
  • CADシステムへのダイレクトインタフェース
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK