Back To Top

成果

初期検査にかかる経費の半減
従来の5種類の検査装置を1台でカバー

ソフトウェア

座標測定機

センサ

もっと知る

お問い合わせ先

TEL: 06-6337-8031
FAX: 06-6337-7804

音の出ない引き出し

プラスチック部品の品質検査を最適化した建物金具メーカー

近代的なキッチンには優れた引き出しが付いています。音もなく閉まり、触れると開く引き出しです。こうした仕組みが適切に動作するよう、オーストリアのGRASS社は、製品の品質をCarl Zeissの測定技術を使って保証しています。マルチセンサ測定機O-INSPECTの導入以来、この会社では、初期サンプルの検査レポートを従来の半分の時間で受け取ることができるようになりました。

課題: 部品が小さく繊細

GRASS社での品質検査における最も大きな課題は、引き出しシステムに使用される小さく繊細なプラスチック部品でした。このような部品は、大量生産される前に初期サンプルの検査レポートを生成します。1つの部品につき最大で420か所の寸法をチェックしなければなりません。GRASS社が10年以上使ってきた接触式座標測定機ではもはや十分であるとは言えませんでした。プラスチックは繊細なため、スタイラスの接触により変形する可能性があり、測定結果が歪められる可能性があります。近年、この会社では、従来のゲージやハイトゲージを含めさまざまな測定装置を使用してきましたが、初期サンプルの検査レポートができあがるまでに最大で2週間かかっていました。

ソリューション: 光学式と接触式の2つのシステムを1つのシステムに集約

この工程をスピードアップし、結果の品質を改善するため、GRASS社はマルチセンサ測定機O-INSPECTを2008年に導入しました。このシステムでは、オペレータは従来の接触式スキャンと光学式測定を簡単に切り替えることができます。そのため、1つの測定機であらゆる寸法を検査できるようになりました。直径たった0.6mmの小さな穴1つ1つの測定も可能です。これらは、既存の測定機では小さすぎてスタイラスが使えなかったのですが、光学式測定だとサイズは問題になりません。

メリット: 経費の50%カット

O-INSPECTの試験運用を行ったGRASS社は、O-INSPECTの開発において重要な役割を担うことになりました。システムは、2009年初頭からオーストリアのヘクストにある拠点で稼働しています。GRASS社の運用品質管理部門長、Markus Ehgartner氏にとって、この投資はそれだけの価値があるものでした。「2週間という長い期間ではなくたった5日で新しい部品の初期サンプリングが完了します。」従業員も、あらゆる寸法を自動取得し、測定技術者が部品の分析で必要な情報を1目で分かるよう表示するCALYPSOソフトウェアを喜んで使っています。GRASS社は、自社には優れた引き出しシステムへの高まる需要に対応できるだけの能力があると考えています。

GRASS社について

オーストリアのヘクストに本社を置くGRASS GmbH社は、建具金物および加工機械の世界的なリーディングメーカーとして60年以上も事業を行ってきました。GRASS社のガイドおよびヒンジシステムは、MieleやLEICHTなどの有名メーカーの家具で使用されています。「家具のあらゆる部品には素晴らしい秘密があります。」最大限に便利な方法でシステムを動かすこと。これが、オーストリアのメーカー、GRASS社が情熱を傾けていることです。精度と品質は、製造および測定技術において一番大切なもので、最大の目的です。

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK