技術革新の変遷

Milestones & Innovation

今日の成功は健全なる企業活動に起因します。

2012 - メディカルテクノロジー100年とその歴史

1912年4月1日、カールツァイスにより医療機器部門が設立されましたー過去、現在、未来において国際基準化、革新的な多くに製品を生み出す成長企業への出発点として

今日、私たちは医療技術の進歩の足がかりとなる数多くの遍歴と技術革新によりその長い成功の歴史を振り返ることができます。それらの製品について、どのように新たな開発がされてきたかをご覧いただけます。

1911年 スリットランプ

ZEISSはスウェーデンの医師Allvar Gullstrandと共に最初のスリットランプを開発しました。 この開発により、カール・ツァイスにおける医療技術の基礎が築かれました。

さらに

1953年 手術用顕微鏡

最初の手術用顕微鏡 OPMI® 1のプロットタイプは®1950年代初期に物理学者Hans Littmannの指導により開発された。

さらに
1957年Carl Zeiss 光凝固装置

1957年 光凝固装置

光凝固装置は、多くの眼科医が広範囲における網膜治療をおこないやすよう設計されました。

Carl Zeiss HFA視野計

1984年 HFA 視野計

1984年以来、HFAは、長年の研究と臨床経験により、緑内障診断とその管理におけるケアーの基準となっております。

1997年 OCT 1

Optical Coherence Tomography (OCT) は網膜疾患を持つ患者検査のために1997年に導入されました。

さらに
Carl Zeiss IOLマスター

1999年 IOLマスター

患者に対して正確なIOLの選択は今まで以上に重要なことです。IOLMaster® 500は現在もその課題に前向きに取り組んでいます。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細