OPMI with person

Surgical Microscopes Can Be Used in a Wide Range of Fields Today

OPMI 1

1953年 -OPMI 手術用顕微鏡

OPMI® 1 は手術用顕微鏡の原型となったモデルで、1950年代、Hans Littmannの監修の元にカールツァイスで開発されました。

優れた外科医であるProf. Dr. Horst Wullsteinに手術用顕微鏡のためのアイデアを頂戴しました。

1953年、 Dr. Horst Wullsteinは開発された顕微鏡をアムステルダムで開催された国際学会で紹介をしました。これにより、耳科学領域で手術用顕微鏡の使用が普及していくことになりました。1958年には鼻科学に、1960年代に眼科学にとOPMI 1はその可能性を広げていきました。

2つのレッド・ドット賞受賞製品

現在 ‐OPMI LUMERA 700、 OPMI PENTERO 900

元来、手術用顕微鏡は耳、鼻、のどの手術のために使用されていました。しかし今日では、眼科手術において新たな基準が設けられています。OPMI® Lumeraはその典型的な例と言えるでしょう。このシステムは他に類を見ない詳細で自然な画像でレンズや網膜の観察を可能としました。

ツァイスは常に改善し、改革を続けてきました。そして、OPMI®Penteroは脳外科関連製品として、改良と拡大を続けています。

脳手術中には、C26血管開存性や腫瘍除去の判断など外科医は患者に重大な影響を及ぼす決断をしなくてはならないことがあります。私たちの製品はこれらの決断を助ける術となります。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細