OCT with person and doc

Optical Coherence Tomography – Three Central Product Generations

カールツァイス OCT 1

1997年 - OCT

1997年、カールツァイスは網膜の深刻な疾患を抱える患者の診察をサポートする、光干渉断層計(OCT)を発表しました。

2012年、この技術は開発後15年を迎えました。装置もOCT 1から シラス HD-OCTへ、革新的な変化を遂げました。

 

カールツァイス シラス HD OCT

現在 - シラス HD-OCT 6.0

新しい診断機能として、乾燥加齢黄斑変性症(AMD)の進行を評価することが可能となりました。さらに洗練された技術は、眼の深部組織層の優れた可視もを可能にします。

診断装置が解剖学的な側面を持つことで、網膜の疾患をより正確に診断することが可能となりました。

現在、世界のグローバルスタンダードとして、シラスOCTのソフトウェアは、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、日本語、中国語、韓国語で提供しております。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細