slit lamp with person

スリットランプは、カールツァイスの医療技術の礎です。

スリットランプの歴史

100年前、スウェーデンの医師 Allvar Gullstrandとスリットランプの開発を行いました。カールツァイスの医療技術の礎となったのが、この開発でした。

Tスリットランプは眼科診断の可能性を広げ、眼科医療従事者にとって欠かせないものとなりました。

カールツァイス SL130

今日、スリットランプは一般的なツールとなりました。

スリットランプは今日までに、1933年、顕微鏡と照明にスイベル軸を導入、1950年には倍率チェンジャーを導入など何度も強化されてきました。そして現在、眼科標準ツールとなりました。

関連書籍

スリットランプの将来性

Dr. Marcus-Matthias Gellrichはスリットランプの将来性について、「スリットランプを使うことで、網膜や斜視条件を含むビデオ撮影が可能となり、画像で臨床所見を得られる可能性がある」と語っています。

 

彼の書籍、「スリットランプ - デザイン、検査方法、ビデオ」はカールツァイスと共同で執筆され、スリットランプの知られざるアプリケーションをいくつも説明・実証し、装置の可能性を紹介しています。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細