MediLive Trio Eye

MediLive Trio Eye

The video camera designed for ophthalmic surgery

MediLive Trio Eye

 

  • 詳細

    MediLive Trio Eyeは眼科手術における要求を満たすよう設計されており、ビデオモニター上にて手術詳細を可視化できるカールツァイス製手術用顕微鏡3CCDカメラとなります。

    MediLive trio eye video camera

    Configured at the push of a button

    The MediLive Trio Eye ビデオカメラは容易に操作が可能です。前眼部、後眼部の切り替えは保存された設定を簡単に呼び出すことが可能です。(e.g. Superlux® Eye from Carl Zeiss)

    Medilive trio eye posterior segment

    High light sensitivity

    MediLive Trio Eye ビデオカメラは、手術状況に応じて低照度で鮮明な映像を得ることができます。後眼部手術において眼内照明など弱い光に使用する際、モニター上では、明るくコントラストの高い映像となり、前眼部手術においてはオーバーロードになることなく、強膜も詳細に観察する事ができます。これにより発表や教育の場で印象的な映像をご覧いただく事が可能です。

    Video images the right way up

    広角眼底観察システムが手術用顕微鏡に取付けられ、手術用顕微鏡画像が反転させた場合、ビデオ画像は反転いたしません。MediLive Trio Eyeは映像を反転させる機能を装備し、簡単に映像を切り替えがおこなえます。

  • テクニカルデータ
    センサー: 3 x 1/2” Interlace Scan CCD image sensors
    ビデオ規格: PAL or NTSC
    アナログビデオ アウトプットポー: 2x Composite Video (BNC), PAL / NTSC
    2x S-Video (Y/C), PAL / NTSC
    1x RGB interlaced, PAL / NTSC
    1x VGA - Progressive Scan (1024x768 at 60Hz)
    デジタルビデオ アウトプットポート: 1x DVI – Progessive Scan (1024x768 at 60Hz
    1x DV – Digital Video (Firewire)
    サイズ: 75 x 320 x 340 mm
    重量:
    CCU approx. 4.5 kg (9.9 lb)
    カメラ本体 approx. 0.1 kg (0.2 lb)
  • 更なる情報
このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細