cirrus photo visulatizations

Versatile visualization

Cirrus HD-OCT

CIRRUS photo

Certainty meets versatility

シラスOCTフォト

One system for fundus and OCT

認証番号 : 224AHBZX00033000

疾患の細分化により、眼底検査の重要性は高くなっています。
シラスOCTフォトは散瞳/無散瞳のカメラとシラス HD-OCTのテクノロジーをあわせコンパクトで多様性のある一つのシステムとしました。CIRRUS photo 600 と CIRRUS photo 800の2モデルで網膜および後眼部の観察・解析機能を提供します。

キューブスキャンデータや、厚み、レイヤーマップなどの高精度のOCTデータとカラーや蛍光、自発蛍光等の眼底画像によって様々な側面から表示します*。 

患者と医療スタッフのワークフローを改善し、検査時間の効率化を図る事が可能となります。


Have it all in a single system for fundus imaging and OCT

  • ハイライト
    doctor uses CIRRUS photo with patient

    高品質の眼底画像とOCTスキャンを同時に得ることにより、 シラスOCTフォトは更に広く総合的な診察を可能にします。眼底カメラ、OCTの単体利用でも非常に優れた診断機器としてお使いいただけます。

    Interactive review

    シラスOCTフォトは眼底画像にCubeスキャンで取得したOCT画像をオーバーレイで閲覧することが可能です。

    Precise registration

    レジストレーションは自動で行われ、眼底画像上でスライス位置を移動させながら、当該部位の垂直・水平OCT断層画像を確認することができます。カラー眼底画像以外の各種眼底画像ともレジストレーションさせることも可能です。

    Multimodal assessments

    シラスOCTフォトは1回の撮影で様々な検査を行えます。撮影された眼底画像は、他の撮影データと組み合わせて表示することができます。

    Orientation at a glance

    素早く概要を見る場合でも、細かく比較を行う場合でもサムネイルは一目でわかるように配列しております。

    詳細を見る
    閉じる
    患者および医師向けモニター

    Greater diagnostic certainty

    包括的で高品質の検査診断の基礎となります。シラスOCTフォトでは多面的に表示・解析できるので診断を確実にサポートします。

    Extraordinary image quality

    シラスOCTフォトでは シラス HD-OCT の機能を標準装備し、散瞳/無散瞳の眼底カメラの機能を全て搭載しております。

    Accurate centering

    FoveaFinder™ と AutoCenter™ により、解析時に網膜の層構造を基に中心窩を自動的に検索し表示します。

    Comparison capabilities

    シラスの網膜厚層解析・乳頭解析は前回の検査データから自動的に画像認証を行い、より確実な解析を可能にします。

    Normative databases

    視神経乳頭形状解析や網膜視神経繊維層正常データ解析、網膜厚解析等の正常眼データベースにより簡単に検査結果を確認できます。

    Specific fundus details

    シラスOCTフォトではOCTのスキャンやマップイメージと眼底画像を簡単に切り替えが行え、効果的な解析が可能です。

    もっと見る
    閉じる

    More practice efficiency

    ひとつのシステムでさまざまな画像情報を取得できるため、患者や医療スタッフのワークフローを改善し、検査時間の短縮化を図ることが可能になります。あわせて機器設置スペースのコンパクト化も可能となります。

    More time for patients

    シラスOCTフォトのデータを簡単にFORUMにアーカイブできます。 FORUM Archive & Viewerを用いると, 特別な操作をせずにEMR等の電子患者管理システム等とのデータのやり取りが容易に行なえます。

    More flexibility

    モジュラー設計により, シラスOCTフォトではOCT、カラー眼底、レッドフリー撮影、自発蛍光撮影、フルオレセイン蛍光眼底撮影、ICG蛍光撮影、前眼部撮影等の検査から個々の患者に合わせて必要な診断モダリティー等を選ぶことが可能です。

    もっと見る
    閉じる

    シラスOCTフォト

    Loading the player...
  • テクニカルデータ

    シラスOCTフォト

    システム

    画角 45° 及び 30°
    測定視度 +35 D … -35 D, 連続的
    固視灯 外部および内部
    アクセサリー ネットワークプリンタ, キーボード,モニター

    眼底カメラ

    撮影モード

    カラー, レッドフリー, ブルー, レッド および自発蛍光画像
    前眼部モード
    シラスOCTフォト( 800) のみの機能: + 蛍光撮影およびICG angiography
    フィルター グリーン、ブルー、自発蛍光、 UV/IR バリアフィルター
    シラスOCTフォト( 800) のみの機能: + FA + ICGA: 励起・濾過フィルター
    連続撮影 1.5 秒~(フラッシュ量に依る)
    撮影センサー CCD 5.0 メガピクセル
    キセノンフラッシュランプ 16 フラッシュレベル(30 Ws)
    シラスOCTフォト( 800) のみ: 24 フラッシュレベル (80 Ws)

    OCT

    原理
    スペクトラルドメイン OCT
    光源 スーパールミネッセントダイオード (SLD), 840 nm
    スキャン速度 27,000 A-scan /秒
    Aスキャン深度 2.0 mm (組織上), 1024ポイント
    解像度 軸方向 5 μm (組織上), 横軸方向 15 μm (組織上)

    コンピューター

    OS  Windows Embedded
    ハードドライブ OCTのキューブスキャンを伴う30,000 枚の眼底画像の保存が可能 (容量: 320 GB)
    インターフェイス USB ポート、ネットワークコンテクター、DVIポート
    Export/import 画像フォーマット: BMP, TIFF, JPEG, PNG
    患者リスト, DICOM MWL, DICOM storage

    寸法

    メインユニット 385 mm x 480 mm x 680 mm
    重量 (メインユニット) 33 kg (72.7 lbs)
    定格電圧 100 … 127 V ±10%
    周波数 50 / 60 Hz
    消費電力 400 VA
  • 詳細
このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細