将来に向けた準備

ZEISSソフトウェアはSandvik社の歯車用ホブカッター開発をサポートします。

2010年、ツールメーカーのSandvik Coromant社は、ZEISSに歯車用ホブカッターの測定プログラムの開発を依頼しました。結果:ZEISSのGEAR PRO hobソフトウェアを使用することで、Sandvik Coromant社は測定時間を80パーセント短縮しました。自動的に生成される測定レポートは歯車用ホブカッターの精度を検証します。

課題: 適切なコストでの精度検証

「精度は当社のお客様にとって非常に重要なポイントですので、測定システムで精度を検証しなければなりません」と、ツールとツールソリューションの世界的なリーダー企業である、Sandvik Coromant社の歯車フライス加工ソリューション関連のグローバルセールス/アプリケーション・シニアマネージャーのAxel Küpper氏は言います。「クレーン用の歯車の歯形が正確に創成されていないと、その製造メーカーは40,000ユーロの損失を出していることになります」。まさにこれが、Sandvik社が歯車用ホブカッターの市場に乗り出す決心をした際に、測定対象がいかに重要であるかを説明した言葉です。
Sandvik社はすでにZEISS座標測定機を使用していました。しかしながら、次の3つの基準を満たす特殊な測定プログラムが用意されていませんでした。1つめの基準:測定中、一定の等級のホブカッターにおいて、全17項目の DIN 3968要件を満たすこと。2つめの基準:測定結果が自動的に測定レポートに入ること。3つめの基準:ソフトウェアは高速測定を容易に実現すること。Sandvik社は彼らのニーズに応えるソフトウェアを見つけることができませんでした。そこで、彼らはこれらの基準を満たすソフトウェア開発をZEISSに依頼することになりました。

ソリューション:ZEISS GEAR PRO hob測定ソフトウェア

2010年、ZEISSはシュマルカルデンのSandvik社に初期の開発段階の歯車用ホブカッター測定用ソフトウェアを納品しました。開発は納品後も継続されました:Sandvik社は歯車用ホブカッターの最初の製品を開発する際にこのソフトウェアで測定を行いました。一方、Carl Zeissはこの測定から得られたデータをソフトウェアの継続的な開発に応用しました。2011年に訪れたブレークスルー:Sandvik社は最初の歯車用ホブカッター、CoroMill176を発表しました。ZEISSも歯車ホブカッター測定用ソフトウェアのファーストバージョンのプログラム作業を完了しました。

メリット: 測定時間が80%短縮

今日、ZEISSのGEAR PRO hob測定ソフトウェアは例外なく、Sandvik社のすべての必要要件を満たしています。ボタンを押すだけで、座標測定機はDIN 3968に準拠してすべての距離と寸法を測定します。ソフトウェアはその結果から測定レポートを生成します。測定レポートは、Sandvik社のカスタマーのために各ホブカッターの精度等級をドキュメント化します。「我々は非常に良いフィードバックを得ています」とKüpper氏は満足しています。さらに彼は、測定時間にも満足しています。モジュール4で70歯のホブカッターの測定および測定結果のレポートへの出力に25分しかかかりません。これまでは、このプロセスには2.5時間も要していたので、約80パーセントの短縮が図られたことになります。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細