Back To Top

Nature & Lifestyle(ネイチャー&ライフスタイル)部門の専門技術の向上

Gerold Dobler(ゲロルド・ダブラー)博士

Gerold Dobler(ゲロルド・ダブラー)博士

2011年8月から、ネイチャー&ライフスタイル部門の新しい製品管理部長にゲロルド・ダブラー博士が任命されました。博士は、長年、光学系企業の製品管理、開発、品質保証、販売、およびマーケティングの分野で働いてきました。ゲロルド・ダブラー博士は、海外での豊富な自然観察経験や市場に関するグローバルな知識を持っています。専門とするのは、鳥類学や、野鳥観察、自然写真撮影の分野です。

Gerhard Krüss(ゲルハルト・クリュス)

Gerhard Krüss(ゲルハルト・クリュス)

Gerhard Krüss(ゲルハルト・クリュス)

ゲルハルト・クリュスは、ドイツでの自然観察や野鳥観察に関するカールツァイススポーツオプティクスの交渉担当者として最も長い経験を持ちます。展示会や各種の野鳥観察イベントに頻繁に参加しており、長年にわたって野鳥観察者の間で親しまれている人物で、北ドイツでは特によく知られています。彼の活動に基づいて、カールツァイスは、Heligoland Bird Days(ヘルゴラント・バードデー)やハンブルクでのHanseBird(ハンザバード)展示会の実現に大きく貢献しています。

Stefan Bühring(シュテファン・ビューリング)

Stefan Bühring(シュテファン・ビューリング)

シュテファン・ビューリングは、幼少から大自然に慣れ親しみ、22年以上この業界に携わってきました。西ヨーロッパおよび南ヨーロッパ地域の営業部長として、各国の野鳥観察組織と密接な関係を築くために、地域のパートナーと協力して活動しています。彼は、Sunbird Tours(サンバード・ツアー)やRockjumper Tours(ロックジャンパー・ツアー)などのツアーオペレーターとカールツァイススポーツオプティクスの協力関係に関する共同担当者です。野鳥観察の分野で重要な国々、オランダ、そしてイギリスでの多様なプロジェクトに加えて、彼が管理する非常に有意義な共同プロジェクトの一部は、スペインのLa Doñana National Park(ラ・ドニャーナ国立公園)とヒゲワシ保護プログラムに設置されています。

国際的ネットワーク

新チームは、カールツァイススポーツオプティクスの支援者や、自然観察と野鳥観察の専門家によって、世界的にサポートされています。米国のStephen Ingraham(ステファン・イングラハム)などのデジスコーピングの専門家に加えて、英国のSimon King(サイモン・キング)などの経験豊富な映像制作者からアドバイスを受けています。

"This is the moment we work for":今後もこのモットーを守り続け、動物、鳥、そして自然の観察を皆様が体験できるよう努めていきます。

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK