略年表:強制分断

1945 戦時中、イエナの工場の一部が破壊。アメリカ軍が126人の管理職員と科学者を占領地区に連行。
1946 新しく作られた「Optische Werke Oberkochen」-後のカールツァイス社では、強制退去さ せられた管理職員たちが経営を継続。
1948 イエナのカールツァイス財団がツァイス社とショット社の工場を収用。どちらも国有会社となる:VEB(東ドイツ人民公社)カールツァイスイエナと「VEB Jenaer Glaswerk」。
1949 ハイデンへイムがカールツァイス財団の本拠地となる。東側と西側のカールツァイス社はそれぞれの領域で光学機器の世界リーダーを育成。
1965 VEBカールツァイスイエナ、精密機械と光学機器分野で東ドイツのリーディングカンパニーとなる。共同形態の開始。
1971 「ツァイス」の名前またはそれを含む企業ロゴの使用について2社の間で「ロンドン合意」が取り交わされる。
このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細