主観的視覚テスト

ステップ 3:主観的視覚テストが精密レンズのための正確なデータを提供します。

この検査についてはすでにご存知かもしれません。眼の主観的測定は – 屈折としても知られますが – 精密レンズのための正確なデータを入手するためのものです。異なるレンズを系統的にあなたの目の前に配置し、あなたが何をどのように見えるか描写していきます。

レンズの屈折力を入れ替え、最適な視覚が得られるまで検査を続けます。あなたの協力により、眼鏡店はあなたの精密レンズのための最良の処方を決定します。ツァイスの個人レンズ設定はさらに先を行きます。

 

視力検査装置である i.Polatest® などの ツァイス 測定システムは、想定しうるすべての状況下での視力をさまざまな側面から検査し、診断します。

 

あなたの 3D 知覚 – 両目の連携 – についても分析します。これらすべてのデータが、カスタムメイドの精密レンズの設定に組み込まれます。


ZEISS レンズ個人設定のステップ 4 に続きます:精密なフィッティング

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細