Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

より良好な視界を得て、室内生活を快適に

新しいZEISS室内用レンズは、デスクワークでも、コンピューター作業でも、また、機械操作においても、よりリラックスした視界を提供します。

私たちの生活は、職場であれ、自宅であれ、現代技術によって支配されており、それにより、より快適に生活することができます。私たちは多くの時間をハイテク装置やディスプレイを使って過ごしています。そのおかげで、より早く作業を行い、生産性を高めることもできます。コンピューター、スマートフォン、タブレットPC、また、その他のデバイスを使ってオフィスでより長時間集中したいときには、近用・中間距離がよりはっきりと見えなければなりません。0.5~4メートルの視野は、私たちが日常生活で最も頻繁に使用する視野です。老眼鏡、 そして高度な 累進レンズ さえも、この視野をはっきりと見るには理想的ではありません。自分自身の業務のために特別に作られた眼鏡を装用することを考えられたことはありますか?

多くの人にとって、オフィス環境はますますスピーディになり、また、ますます多様になってきています。コンピューターやその他のデバイスは現代のオフィスにおいて重要な役割を果たします。その結果、長時間に渡り生産的であることが不可欠となります。私たちの眼はここで重要な役割を果たします。画面やディスプレイの前で作業を行う際には、特に重要です。私たちの眼は一日に何時間も、近用・中間距離の視野で緊張に耐えなければなりません。

オフィスで、すでに老眼鏡や累進レンズを使用されている方もいることでしょう。しかし、当社の例から見ると、これらの種類の眼鏡を装用することでとても不自然な姿勢を取ってしまう可能性があることが分かります。

オフィスでの老眼鏡:

より良好な視界を得て、室内生活を快適に

オフィスでの老眼鏡

老眼鏡はとても近い距離を見るのに理想的です。テキストや画像をより良く見ようとして、あなたは無意識に画面に近づきます。そうすると、姿勢が悪くなります。そして、その結果、首や背中が張ってしまうのです。

オフィスでの累進レンズ:

より良好な視界を得て、室内生活を快適に

オフィスでの累進レンズ

累進レンズでは、どの距離も良く見ることができます。累進レンズは下の部分を使って近くにある物体を良く見ることができます。画面の前で作業をする場合には、レンズの下の部分を通して見ます。そのため、レンズの下の部分ではっきりと見えるようにするためには、頭を上げる必要があります。この姿勢が、時間とともに首や肩に過剰な負担をかけることになります。

新しいZEISS室内用レンズで、よりリラックスした視界を。

より良好な視界を得て、室内生活を快適に

新しいZEISS室内用レンズで、よりリラックスした視界を

新しいZEISS室内用レンズは、あなたの特定のニーズに合うよう、またはリラックスした姿勢を保てるよう、特別に作られています。これらの眼鏡レンズは近用から中間距離までの幅広い視野 (0.5~4メートル) を提供します。それによって、業務に必要な視野を正確に見て、作業を行うことができます。そして一日中、頭と首を自然なリラックスした姿勢に保つことができます。

 

ZEISS室内用レンズには3つのタイプがあります。
カールツァイスビジョンによって開発された最長明視域 (最長明視域= M.I.D.) を決定する技術のおかげで、ZEISS室内用レンズは一人一人の装用者の求める視距離に合うように調節できます。レンズは、一人一人の装用者が室内で日々見なければならない最長明視域に基づいて製造されます。M.I.D.値と呼ばれるこの距離は、装用者が室内においてはっきりと見なければならない視距離です。

4つのタイプ:

 

  1. 「Near」officelens: このタイプでは、装用者がはっきり見えなければならない最長明視域は2メートルに設定されています。主にコンピューターで作業をしたり、良く読書をする方に理想的です。
  2. 「Room」officelens: このタイプの最長明視域は4メートルに設定されており、装用者は近用から中間距離まで見ることができます。「Room」モデルは、例えば、同僚と交流しながら、同時に画面の前で作業する方に理想的です。
  3. NEW-「Book 」officelens:「Book」タイプは最大1メートル以内の読書用として最も適しています。他の読書用グラスに比べて、個人の好みの読書距離にも合うように設計されており、「Book」はさらにリラックスした状態での読書のための、非常に広い視野を提供いたします。
  4. 「Individual」officelens: このタイプは装用者の特定のニーズに合わせて作られます。室内で物を見る最適な最長明視域は、装用者にとって極めて正確に決定されます。さらに、これらのレンズの製造は、装用者のセンタリングデータ、近用作業距離、および眼鏡フレームのサイズを用いて行われます。

 

ZEISS室内用レンズは累進レンズや単焦点レンズのように、お近くのZEISSレンズ販売店からお求めいただけます。3つのタイプ (オフィスレンズPlus、オフィスレンズSuperb、オフィスレンズIndividual) から素材と機能をお選びいただけます。

ZEISS室内用レンズはどのような室内空間でも使用できます

より良好な視界を得て、室内生活を快適に

ZEISS室内用レンズはどのような室内空間でも使用できます

ZEISS室内用レンズは読書、テレビ鑑賞、料理、ウェブ閲覧、オンラインチャット、または楽器演奏時など、お好きなときに装用いただけます。お近くのZEISSレンズ販売店で、3つのZEISS室内用レンズの中からあなたに最適なソリューションをお選びいただけます。

オフィスでの視界

 

関連記事

コンピュータ用のメガネ:仕事場で便利
余分にスペアのメガネをもつことの利点は何でしょう。
マネージャーのためのメガネ - カスタマイズされた快適な視覚を備えたトップ・クオリティのレンズとフレーム
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK