Back To Top

デジタル機器がどのように私たちの視界や眼に影響を与えているか、確認してみてください。

疲れ目や眼の炎症、頭痛や首のコリ、それらが緊張して疲労した眼の典型的な症状です。

 

若い時は問題ありません!ある年齢までは、眼は自動的に働き、気づかないうちに異なった距離を見ることに素早く順応します。Eメールをチェックし、スマートフォンで次の歌を選んだ後、見上げて、離れたところにいる友人に挨拶し、すぐにまた下を見ることは全く苦痛ではありません。すべてが完璧に鮮明で、はっきりと見えます。私達の眼は、気付かないうちに眼の筋肉(毛様体筋)や水晶体などの働きによってピントを調節しています。それによって、遠くから近くまでを自然に見ることができます。

 

Videoplayer-Startimage
Sorry, this shouldn't have happened:
Video player failed to load.

年齢を重ねるにつれ、私たちの眼は「順応する」、つまり、異なった距離に焦点を合わせる能力が低下してきます。遠くのものに焦点を合わせることが難しくなったことに気が付く人もいます。しかし、その前に他の症状、例えば、長い一日が終わった後の疲れ目や炎症を起こした眼、頭痛や首のコリさえも現れていることがあります。


一日の終わりを振り返ると、長時間スマートフォンを使って過ごしたこと、あるいは絶えずカーナビゲーションシステムに目をやりながら、交通量の多い道を長時間運転したことに気が付くかもしれません。

中には、冷たいパッドを目に当てるなど、家庭療法を使う人もいますが、通常は、私たちの目は、一晩ぐっすり眠ると、疲れが取れます。頭痛や首のコリと戦うために、すぐ鎮痛剤を手にする人も少なくありません。しかし、この問題に対する答えが正しい眼鏡を選ぶことにあるかもしれないのでは、と考えたことがありますか。

完全なストレスのない視界を現実のものにする:定期的にモバイル・デジタル機器を使う40歳前後の人々のための新しいタイプの眼鏡レンズをお選びください

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK