Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

夏といえば、サングラス。

この夏、サングラスを楽しむための10のヒント
夏にサングラスは欠かせません。日差しが眩しくて視界を妨げられたり、合わないメガネだったりしたら、夏のアウトドアの楽しみも半減します。BETTER VISIONのヒントを読んで、この夏、サングラスでアウトドアを存分に楽しみましょう。

詳細

矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?

目に負担をかけ過ぎた場合、どのようなことが起きるのでしょうか?
メガネが正確に矯正されていなければ、目の能力を最大限に引き出すことはできません。これは、日常生活の質を低下させてしまいます。レストランのメニューを読めずに不便を感じたり、車の運転に不安を感じたりするなどさまざまな場面が想定できます。ここでいくつかの疑問が思い浮かぶでしょう。メガネの度数が強すぎたり(過矯正)、弱すぎたり(矯正不足)すると、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?視界を正しく補正していないと、どのような影響があるのでしょうか?眼精疲労、または不適切な光環境(明るすぎる、または暗すぎる)は、目にとってリスクがあるのでしょうか?BETTER...

詳細

色覚とは、どういうものでしょうか?

そしてサングラスをかけると、どのような変化が生まれるのでしょうか?
私たちの目は無意識のうちに200種類以上の異なる色調を認識し、非常に細かいニュアンスの違いを識別し、20段階の彩度と500段階もの明度を認識します。見えるのはその結果だけ:私たちは毎日何百万という色とりどりの刺激を受け入れ、夢のように色彩豊かな世界に声もでないほど感動することもしばしばあります。でも、どうしてこのようなことが可能なのでしょうか?なぜ空は青く、そして時間帯や人によって赤やグレーに見えるのはなぜでしょう?そして、その事実は、サングラスの生産にどのように関わっているのでしょうか? ...

詳細

メガネは何本くらい必要なものでしょう?

多くの選択肢に迷わないように!
市場には、続々と新しいタイプのレンズが登場しています。デジタル機器用、コンピューター作業用、車の運転用、明るさや紫外線に反応する調光レンズ、など。でも、あなたにとって本当に必要なものは、どれくらいあるでしょうか?数あるメガネの中から、必要なものを見極めて購入するためのヒントをここで紹介します。

詳細

ZEISSが遠近両用レンズを再定義します。

近年、私たちの視覚ニーズは驚くほど多様化してきました。BETTER VISIONは、ZEISSの最新遠近両用レンズが、どのようにしてこの問題に取り組んでいるかを、ローラ・ロシャさんにうかがいました。
ZEISSのレンズ設計は、現代社会で、めまぐるしく変化し続ける視覚環境の変化に対応できるよう、常に最適化されています。ZEISSは何かを偶然に任せることはということはしません:現代社会のニーズに合わせて精確に仕立て上げられた製品は、光学技術に関する長年の経験やメガネ装用者の方々からのフィードバック、社内の特殊技術が満載された巨大なデータベース、特殊な工程やソフトウェアを基盤としてできています。ZEISSは、先進的な技術で生産され、完璧に試験された製品だけを販売していることを保証します。ZEISSは、遠近両用レンズの全ラインナップを再定義し、4つのパフォーマンス群に分類しました。BETTER...

詳細

視覚を理解する:視覚の根本的な仕組みに対するZEISSの研究

ZEISS ビジョン・サイエンス・ラボは、ドイツのチュービンゲン大学で、視覚に関する基礎研究を行っています。
視覚に関する多くの基本的なプロセスがまだ解明されていないということをご存知でしたか?ZEISS ビジョン・サイエンス・ラボ は、ドイツのチュービンゲン大学に拠点を構える研究室です。視覚の成り立ち、光や眼球、メガネレンズの相関関係、そして脳は様々な種類の動的な状況下でどのように画像処理をしているのか、という基礎的な研究を行うために創設されました。目的は、自然で一人ひとりに最適化した視界を提供するための新しい方法を開発することです。...

詳細

パーフェクトなレンズ設計に隠されている秘密

豊富な経験、数学、そしてメガネ装用者のニーズを正確に把握することが、オーダーメイドのメガネを生み出す秘訣です
どのようにお考えですか?より多くの光学上のノウハウが搭載されているのは、どちらの製品でしょうか。メガネレンズ、それとも5種類の特殊性能を搭載した近代的な高級カメラレンズ?多くの人は、カメラレンズのほうが優れている、と即答することでしょう。薄くて、平凡なプラスチックのレンズに必要な光学的なノウハウなんて、たいしたことないだろう、と。メガネレンズに隠されている秘密は、その設計にあります。カメラレンズは、光学上対称的に作られ、常に同じ形に繰り返し量産されます。これは、左右非対象が常識であるメガネレンズでは、とても珍しいことです。メガネのレンズの形は非常に複雑で、ひとつひとつがユニークな形をしています。メガネレンズの性能は、非常に複雑な多くの光学的な表面構造を反映させた結果によって生み出されます。それはどうしてでしょうか。BETTER...

詳細

新しいメガネでより良い視力を。

オーダーメイドのメガネで大切なことは?メガネが目にどのような作用を及ぼすのかを正しく理解することです。
ディルク・ジームゼン氏がみていた方のなかに、ディルク・ジームゼン氏はドイツで公認の眼鏡技師で、 また昼間の日差しに目が過敏であることでも悩んでいました 。ディルク・ジームゼン氏はドイツで公認の眼鏡技師で、ゲッティンゲン(ドイツ)にある mahrt und hoerningを経営しています。 ジームゼン氏のところに新しく来たこの方は、メガネ着用歴30年以上で、夜間の視力と立体視に問題があり、昼間の光に過敏であること、また近視でも悩んでいました。これまで試したメガネでは、残念ながら希望通りの視力を長期間にわたって得ることはできませんでした。BETTER...

詳細

適切な遠近両用レンズの選び方

方法は簡単です:4種類の遠近両用レンズの中からあなたのニーズにぴったりのレンズを選んでください。
遠近両用レンズは、近くのものから遠くのものに視線を移すときに、累進帯または度数変化帯とよばれる部分でもスムーズな視界を可能にする光学的な名品です。 しかし、すべての遠近両用レンズが同じというわけではありません。遠近両用レンズは、あなたのニーズ、ライフスタイル、そしてもちろん予算に合ったものでなくてはなりません。また、自然で快適な視野を提供するものであるべきです。新しい遠近両用レンズの仕組みを正しく理解することは大切なことです。精密なメガネレンズの製造で百年以上の歴史を誇るZEISSでは、詳細な市場調査を行った結果、4種類の異なるタイプの遠近両用レンズをローンチしました。...

詳細

すべての要望にあわせたZEISSのレンズコーティング

お好きなものをお選びください!
メガネを保護してくれるレンズのコーティングを選ぶ時には、ドレスやスーツに似合うコートを選ぶのと同じような感覚が必要です。あなたの容姿にも、希望にもぴったりと合い、期待する性能を備えたレンズを手に入れる、それを的確に選べるようにするためにZEISSは二種類のレンズコーティングを提供しています。 ZEISSの研究開発部門では、メガネ装用者がレンズの性能にどのような期待をしているか、詳しく調査しました。レンズコーティングの特性で何を最も重視するか、メガネ装用者に質問したところ、10人のうち7人が傷つきにくさと耐久性が最も重要、と回答しました。日常生活で私たちのメガネが直面する多くの困難を考えれば、当然かも知れません。...

詳細

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK