Back To Top
夏といえば、サングラス。

夏といえば、サングラス。

この夏、サングラスを楽しむための10のヒント

夏にサングラスは欠かせません。日差しが眩しくて視界を妨げられたり、合わないメガネだったりしたら、夏のアウトドアの楽しみも半減します。BETTER VISIONのヒントを読んで、この夏、サングラスでアウトドアを存分に楽しみましょう。

詳細

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

視力について理解する

 

色覚とは、どういうものでしょうか?

色覚とは、どういうものでしょうか?

そしてサングラスをかけると、どのような変化が生まれるのでしょうか?
私たちの目は無意識のうちに200種類以上の異なる色調を認識し、非常に細かいニュアンスの違いを識別し、20段階の彩度と500段階もの明度を認識します。見えるのはその結果だけ:私たちは毎日何百万という色とりどりの刺激を受け入れ、夢のように色彩豊かな世界に声もでないほど感動することもしばしばあります。でも、どうしてこのようなことが可能なのでしょうか?なぜ空は青く、そして時間帯や人によって赤やグレーに見えるのはなぜでしょう?そして、その事実は、サングラスの生産にどのように関わっているのでしょうか? ...

詳細

新しいメガネでより良い視力を。

新しいメガネでより良い視力を。

オーダーメイドのメガネで大切なことは?メガネが目にどのような作用を及ぼすのかを正しく理解することです。
ディルク・ジームゼン氏がみていた方のなかに、ディルク・ジームゼン氏はドイツで公認の眼鏡技師で、 また昼間の日差しに目が過敏であることでも悩んでいました 。ディルク・ジームゼン氏はドイツで公認の眼鏡技師で、ゲッティンゲン(ドイツ)にある mahrt und hoerningを経営しています。 ジームゼン氏のところに新しく来たこの方は、メガネ着用歴30年以上で、夜間の視力と立体視に問題があり、昼間の光に過敏であること、また近視でも悩んでいました。これまで試したメガネでは、残念ながら希望通りの視力を長期間にわたって得ることはできませんでした。BETTER...

詳細

夏といえば、サングラス。

夏といえば、サングラス。

この夏、サングラスを楽しむための10のヒント
夏にサングラスは欠かせません。日差しが眩しくて視界を妨げられたり、合わないメガネだったりしたら、夏のアウトドアの楽しみも半減します。BETTER VISIONのヒントを読んで、この夏、サングラスでアウトドアを存分に楽しみましょう。

詳細

矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?

矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?

目に負担をかけ過ぎた場合、どのようなことが起きるのでしょうか?
メガネが正確に矯正されていなければ、目の能力を最大限に引き出すことはできません。これは、日常生活の質を低下させてしまいます。レストランのメニューを読めずに不便を感じたり、車の運転に不安を感じたりするなどさまざまな場面が想定できます。ここでいくつかの疑問が思い浮かぶでしょう。メガネの度数が強すぎたり(過矯正)、弱すぎたり(矯正不足)すると、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?視界を正しく補正していないと、どのような影響があるのでしょうか?眼精疲労、または不適切な光環境(明るすぎる、または暗すぎる)は、目にとってリスクがあるのでしょうか?BETTER...

詳細

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK