目と視力

 

人によって、ものの見え方が違うのはなぜでしょうか。

人によって、ものの見え方が違うのはなぜでしょうか。

豊かな色彩、より良い夜の視界、はっきりとしたコントラストが見える - 視力に関してのポテンシャルを最大限に引き出すためには

色覚、立体視や、夜間視力は、人それぞれ違います。視力に関してのパフォーマンスは、どうして人によってこうも違い、どのようにしたらもっている視力を最大限に引き出すことができるのでしょうか。

今日の眼科光学:過去10年間で視覚診断はどのように変化したか

今日の眼科光学:過去10年間で視覚診断はどのように変化したか

ドイツのアーレン大学フォルカー・マイヤー氏とハインリヒ・ラート氏にBETTER VISIONのインタビューに答えていただきました。

13世紀にイタリアの修道士が、山中で発見された緑柱石の結晶を部分的に研磨して作られたレンズから、現代の眼鏡の前身となるものを考案しました。視力ソリューションの開発は、それ以来大きな変化を遂げました。現在、視力の問題はかつてないほど各個人に応じた方法で解決でき、視力の測定方法は精度が絶えず向上しています。しかし、眼科光学分野における最新の動向と傾向はどうなっているのでしょうか?この疑問の答えを見つけるために、BETTER...

目の錯覚

目の錯覚

正しく見えますか?

目は人間にとって最も重要な感覚器官です。私たちは自分の目で実際に何かを見て初めて、それを信じるからです。 ギリシャの哲学者プラトンはかつて、自分の目を無条件に信じるべきではない理由を説明しました。 そしてそれは正解でした。なぜなら、目は思ったよりずっと頻繁に私たちを欺いているからです。

シニアのためのより良い視力

シニアのためのより良い視力

40歳を過ぎると、普通メガネが必要になってきます。累進多焦点レンズは視力を20/20に回復します。

ある日突然、針の穴に糸を通す事ができなくなったり、新聞を読むのに目から遠く離さなければならなくなったりするかもしれません。それは老化による視力障害の表れです。これは正常なことで、心配する必要はありません。結局は、優良なメガネと累進多焦点レンズによって、鷹のように鋭い視力を取り戻すことができるからです。

目で微笑む方法

目で微笑む方法

メガネをかけているかいないかに関わらず、目はコミュニケーションの重要な要因です。メガネをかけている方が目で微笑むためのヒントを 3 つご紹介します。

笑うのは、体に良いことです。なぜなら、思いきり笑うときには、体と顔の100カ所もの筋肉が使われるからです。微笑みをたたえた目とアイコンタクトも、他人とのコミュニケーションをとてもスムーズにする役割を果たします。しかし、どうすれば目を最も良い状態に見せることができるのでしょうか?微笑むときにメガネを役に立たせるには、どうすればよいのでしょうか?

視覚障害とは何でしょうか?

視覚障害とは何でしょうか?

視覚障害に悩むのは高齢者だけではありません。 この記事では視覚障害者を助け、柔軟性と快適な生活を提供するためにできることをご紹介します。

私たちの多くはメガネをかけたりコンタクトレンズを使用しています。これらの視覚補助器具のおかげで正常に物を見ることができます。 しかし、それでも十分でなくなったらどうしますか? 誰もが、いつか視覚障害に悩まされる可能性があります。 しかし、視覚障害は特に高齢者の間で一般的な問題です。 この記事ではその理由について、また視覚補助器具と周囲の人がどのように視覚障害者の助けになるかを解説します。

コンピューター作業中もすべてが視野に

コンピューター作業中もすべてが視野に

読書用の特殊メガネ/多焦点によって作業が楽になる理由

読書用メガネがデスクワークに適さないことがよくあります。書類に目を通す時はすべてよく見えるのに、同僚がドアから入ってきても誰だか良く分からなかったり、会議中に相手と書類とを交互に見るのが困難だったりします。老眼の人がコンピューター画面の前で仕事をするのにはどんなメガネが良いのでしょうか?

目に問題があっても良い視力を保つ

目に問題があっても良い視力を保つ

目は知覚の最大の源です-そのため、目の疾患はすぐに治療しなければなりません。

目は高精度な作業を常に行っています。近くのものに焦点を合わせたり、遠くのものをズームアップしたり、さらに明るさの状態によって調節したりを繰り返しています。 人は80%以上の情報を目を通して取り入れています。 そのため、多くの人は目の疾患に注意を払います。 本当に多くの病気があります-緑内障、白内障、斜視など-しかしほとんどの場合眼科で治療が可能です。

視力障害がある場合するべきこと

視力障害がある場合するべきこと

あなたの視力は20/20ですか、それとも近視または遠視ですか?あなたは老化に関係する視覚障害がありますか?視力検査によって、これらすべての答えが分かります。

人間の目は数千種類の色を区別し、飛んでいるテニスボールのスピードを推測し、字や図画を1秒の何分の一かのスピードで読み取ります。しかし、これが完璧に働くのは目が完全に健康な時だけです。何百万もの人が視覚障害を患っており、メガネをかける必要があります。眼科医や眼鏡店の行う視力検査によって、あなたが近視、遠視または老化に関係する視覚障害を持っているかが分かります。

あなたの目に最高の保護を与えてください

あなたの目に最高の保護を与えてください

非常に繊細で、そしてかけがえのないもの: 目には多くの危険があり、中には破滅的結果を及ぼすものもあります。

仕事場や、リクレーションやスポーツをしている時でも、瞬時に目に何が起きるかわかりません。 視力器官はかけがえのないものです。当然、どんな不必要な危険にもさらすべきではありません。 適切なケアをしている人は安心です。

私たちの目 - 世界に向かって開かれた窓

私たちの目 - 世界に向かって開かれた窓

私たちの目は多くの部分が完全に調和して働くカメラのように機能してい ます。これは良い知らせです。なぜなら視力は私たちの最も重要な感覚だからです。

ほとんどの人にとってこれは当たり前のことです - 目を開ければ世界が見えるでしょう。アラーム時計が止むとあなたは赤い数字を見ます。ベッドシーツの色、パジャマの色、窓の外の木の葉の色、そして天井はまた別の色。私たち周囲の印象の80%は視力によって認知されるのです。 人間の目の直径は平均24ミリで、重さはわずか7.5グラムです。6グラムの水と1.5グラムの細胞組織でできています。これほど力強く生き生きしたカメラにしては、ずいぶん低コストと言えるでしょう。このビー玉の形をした2つの器官が、どのように私たちの意識の中に周囲の世界のイメージをこれほど完全に映し出すのかについて、全てが分かっているわけではありません。...

子供たちの目

子供たちの目

赤ちゃんは生まれるとすぐ見えるようになります。しかし視覚の鋭さは時間をかけて発達していきます。

赤ちゃんの目はきらきらしていて、笑顔が輝きます- 赤ちゃんを抱く母親にとって、最高 に感動する瞬間です。この段階では赤ちゃんの目は発達段階で、周囲のものを完全に見分けることはできません。赤ちゃんは皆歩くことを学び、話すことを学び、目は見ることを学びます。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細