Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

あなたの目に最高の保護を与えてください

非常に繊細で、そしてかけがえのないもの: 目には多くの危険があり、中には破滅的結果を及ぼすものもあります。

仕事場や、リクレーションやスポーツをしている時でも、瞬時に目に何が起きるかわかりません。 視力器官はかけがえのないものです。当然、どんな不必要な危険にもさらすべきではありません。 適切なケアをしている人は安心です。

非常に繊細で、そしてかけがえのないもの: 目には多くの危険があり、中には破滅的結果を及ぼすものもあります。

非常に繊細で、そしてかけがえのないもの: 目には多くの危険があり、中には破滅的結果を及ぼすものもあります。

「それはあなたの目に入るかもしれない(それは悪い結果になるだろう)」。これは良く使われるドイツの言い回しですが、まさに的を射ていると言えます。 実に、私たちの目はあらゆるリスクにさらされています。 太陽光線の影響力をあなどってはいけません。 もちろん、太陽は私たちを屋外へと誘い、海を優しくなで、私たちを笑顔にさせます。 しかし残念ことに、明るい部分があれば、影の部分もあるのです。 紫外線、略してUVは目に対して特に有害です。

目のためのサンケア

太陽光線はUV放射の最大の源で、さまざまな眼組織にダメージを与えます。 目の表面(雪盲)や水晶体(白内障、別名混濁)や、網膜(日光黄斑変性症、黄斑変性症)にとっては特に危険性があります。

紫外線には紫外線UV-A(日焼けを起こすだけでなく、皮膚の老化を引き起こす)、紫外線UV-B(日焼けによる炎症や癌の元になる)そして紫外線UV-C(最も危険な光線ですが、オゾン層でほぼ完全にブロックされています)があります。

ほとんどの人が知らないこと: 目も日焼けによる炎症を起こします。 角膜と結膜が最も影響を受ける部分です。 リスクが最も高いのは、雪に覆われた景色や水の中、水辺など日光が強く反射している時です。

しかし、適切なサングラスによって危険な紫外線から目を守ることが誰にでも可能です。 サングラスを買うときは次のことを考慮してください:

  • UVライトケア: サングラスは紫外線や波長400nmまでの光線を99%を吸収します。
  • 黄色いフィルター: 青い光をブロックするので、ブルーブロッカーとも呼ばれています。 結果的に、周囲が黄色がかって見えます。 利点: 特に曇りや雪の日、遠方のものをよりはっきりしたコントラストで見ることができます。 スキーヤー、猟師、船上員、飛行機のパイロットに最適です。
  • 偏光フィルター: このフィルターは拡散した光をブロックします。 たとえば、水面で反射する光や石畳の道路などです。 特にダイビングや釣りに適しています。
  • ミラーレンズ: 目に届く光の量をカットしますが、紫外線から保護する機能はありません。
  • 側面保護: この機能を持つサングラスは側面から侵入する光から目を守ります。
  • 階調カラーレンズ: メガネの上部が濃く、下部が薄い色のレンズです。 上方からのまぶしい光をカットしますが、視線を下げると普通に見ることができます。 このレンズは車の運転に便利ですが、ビーチなど強い光が下からも入ってくる場所での使用には適しません。
  • 感光レンズ: 明るい場所では自動的に色が濃くなり、暗い場所では薄くなります。 紫外線と温度にもよりますが、新技術によりこの変化は遅くとも5分以内に完了します。

 

医学的理由で目の保護が必要な場合もあります。 このことは基本的に紫外線リスクの高い人に当てはまります。 次のような場合です:

  • 黄斑変性症や網膜症の患者。 外出する時は常に良質なUVフィルターのメガネをかけなければなりません。
  • 白内障治療後の人。 天然レンズ(水晶体)を除去し、代わりにプラスチックのレンズ(眼内レンズ)を入れているため、紫外線に対して特に敏感です。 旧型の眼内レンズは紫外線吸収率が低いため、UVケア100%のサングラスをかける必要があります。 現在の新型眼内レンズはUVケア加工が施されています。
  • 病気治療中の患者。 乾癬の治療薬やテトラサイクリン、ドキシサイクリン、アロプリノール、フェノチアジンなどの原薬は「感光性薬剤」と呼ばれています。 これらは目を紫外線に対して敏感にする作用があります。 医師が適切な紫外線対策をアドバイスするでしょう。

 

仕事中の目の保護

ある種の仕事には、目の特別な保護が非常に重要です。 次のような作業には危険性があります:

  • ほこりや細片、おがくず、飛沫などを発生する研削、サンドブラスト、切断、コーキング、彫刻など。 爆薬で作動する道具類、流動器やスチームジェット・デグリーザーを使う作業。
  • 腐食性または刺激性物質、例えば、酸やアルカリ性化合物を処理する時や、接着剤やコート剤の混合や吹き付け、スプレーコートする時。
  • 強い光や有害な光線を発生する、溶接やレーザーを使った作業など。
  • 熱や煙の影響。
  • レーザー線

 

関連記事

メガネは暮らしをこんなに快適にします
夏といえば、サングラス。
よりキズに強く、汚れにくく、お手入れが簡単。ZEISSの画期的な最新メガネレンズコーティング
調光メガネレンズ:すべての人に快適でリラックスした視界を
余分にスペアのメガネをもつことの利点は何でしょう。
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK