Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

子供たちの目

赤ちゃんは生まれるとすぐ見えるようになります。しかし視覚の鋭さは時間をかけて発達していきます。

赤ちゃんの目はきらきらしていて、笑顔が輝きます- 赤ちゃんを抱く母親にとって、最高
に感動する瞬間です。この段階では赤ちゃんの目は発達段階で、周囲のものを完全に見分けることはできません。赤ちゃんは皆歩くことを学び、話すことを学び、目は見ることを学びます。

赤ちゃんは生まれるとすぐ見えるようになります。しかし視覚の鋭さは時間をかけて発達していきます。

赤ちゃんは生まれるとすぐ見えるようになります。しかし視覚の鋭さは時間をかけて発達していきます。

そこで知っておかなければならないのは、4歳以下の幼児の20%近くが実際視力障害を持っているという事実です。けれども、心配はありません。最新の子供用メガネがあなたのお子さんの視力を向上させるお手伝いをします。

 

人は皆、視力と運動技能をそのDNAの中に持っています - 私たちがやがて見ること、歩 こと、話すことを学ぶための情報がそこにあります。赤ちゃんの目はこの世に出た瞬間から見ることができます。けれども、赤ちゃんの視力はまだ大人のように発達していません。赤ちゃんがまず身につけなければならないのは視力の鋭敏さ - 物体の特徴と細部を見分け る能力です。人が鷹の目のような鋭い視力を身につけるまでにはかなり長い時間が必要です。

視力の発達-新生児から幼児

  • 生後1か月、新生児の視界はぼんやりしていてますが、明るさと暗さは識別できます。視覚の限界はおよそ30センチです。
  • 生後2か月、人の顔の輪郭と形を見分けることができるようになります。この小さな人間は、色の区別もできるようになります。
  • 生後3か月から4か月、赤ちゃんは親に向かって微笑んだりするようになります。異なる色が見分けられて、25センチ以内の視界がはっきり見えます。
  • 生後5か月で、赤ちゃんは両親を見分けることができます。このことは、あなたがこっそり部屋から出て行こうとすると赤ちゃんが激しく泣いたりすることからも分かります。
  • 生後6か月からは、赤ちゃんは物を取ったり、離れた物もはっきりと見ることができます。生後7か月までには、物を掴むだけでなく、回したりすることができるようになります。
  • 生後8か月には、小さな子供は知っている人と知らない人の顔を見分けられます。
  • 生後9か月、親指と人差し指を上手に使って、小さな物も驚くべき正確さでつかむことができるようになります。
  • 生後11か月までには、幼児に「お父さんはどこ?」と尋ねると、周りを見回して探すようになるでしょう。
  • 生後12か月からは、親に何か特定の物を渡して、特定のことをしてもらおうとするでしょう。今、幼児の目は移動する物体を素早く追うことができます。
  • 4歳の誕生日までには、幼児の視力の鋭さは大人とほぼ同じになります
  • 子供の視力の発達は、6歳 あるいは 7歳頃ほぼ完成します。
  • 子供が8歳あるいは9歳の時には、視野が完成し周りで起きている事柄の状況が完全に把握できます。そのため、この頃から子供はドイツ語で「道に出られる」と言われる時期になります - つまり視力の点では外に出て歩き回っても安心だということ です。

脳の発達もやはり時間が必要です。

子供の目はまだ完全な成熟には達していません。物をはっきり見るのに重要な虫部垂光を吸収する視神経は虫部垂上にあるは赤ちゃんが母親の子宮の中にいるときに発達します。しかし、最終的な形が整うのは生まれた後です。発達するのに時間が必要なのは目だけではありません - 脳も同じです。子供の目が周囲の光を吸収すると、その刺激は脳で 処理されてイメージの現像が行われます。

視力障害の発見と治療

子供に視力障害がある場合も、早期に発見し治療することにより視力が正常に発達する見込みがあります。

子供の目が正常に発達するには、脳にある種の刺激が必要です。けれども、目に異常があると、この刺激が起こらなくなります。子供にこのような視力障害がある場合も、早期に発見し治療することにより視力が正常に発達する見込みがあります。もし、乳児または幼児に次のような症状が見られたら、視力障害の疑いがあるため、眼科医の診察を受けてください。

  • 常時明らかな斜視
  • 強迫性の頭を傾ける動作
  • 異常に大きい目
  • 光を避ける、あるいは光に対し無反応
  • 指で目をこすったリ、顔をゆがめる癖
  • 目の焦点を合わせずに視線を移動する
  • 何かをつかもうとするが、つかみ損ねる


少し年齢の高い子供の場合、次の特徴が見られるときは視力障害の恐れがあります。

  • よく転んだり家具にぶつかったりする
  • 夕暮れや夜、視力が落ちる
  • 学校での成績が急に落ちる
  • 本を読みたがらない
  • 他の子供たちから離れて一人でいたがる
  • 頻繁に頭痛がする場合も視力障害の疑いがあります

 

子供に視力障害があるとき

問題の発見が早ければ早いほど、治療は速く効果的です。

問題の発見が早ければ早いほど、治療は速く効果的です。

子供は学習する事柄の90%近くを目を通して取り入れています。したがって、視力の問題は早期に発見することが大切です。他の健康問題と同じように、このルールが当てはまります:問題の発見が早ければ早いほど、治療は速く効果的です。以下は、最もよくある視力障害についての概観です。

遠視
遠くにあるものは簡単に見分けられますが、近いところを見るのに苦労します。このことは脳にストレスを与え、頭痛、目の充血、集中力の欠如、落ち着きがない、疲れやすいなどの症状を訴えます。重要な点:乳児と幼児はほとんどが遠視ですが、この状態は数年の間に改善します。

近視
眼軸長が長すぎたり水晶体の屈折率が高すぎるので、網膜は遠くから目に入ってきた光線を収束します。この症状を持つ子供は結果的に手元の活動だけに没頭します。ところが、テレビを観たり、ゲームをしている時ボールを見たり、学校で黒板を見たりするのに問題があります。遠くの物をよく見ようとして顔を斜めにしたり、何度も瞬きをしたりします。

乱視
この視覚障害は角膜の曲率不規則性とも呼ばれています。角膜の半径が不規則だと視覚がぼやけたり、歪んだりします。曲率不規則の度合いによって、物体を見るとき直線がある程度歪んで見えます。

やぶにらみ
両目が同時に一つの物に焦点を合わせられないことを、俗にやぶにらみといいます。専門家はこの疾患を斜視と呼びます。全人口の約5%がこの全く痛みを伴わない特殊な視覚障害を持っています。結果的に、片方の目だけが罹患します。焦点は内側や外側、上や下だったりするため、正しく合いません。つまり、焦点が目の一番はっきり見えるはずの部分ではなく、網膜上の別の部分に結ばれているのです。その結果:脳では2つの異なったイメージが同時に形成されます -はっきりしたイメージとぼんやりしたイメージです。脳は自ら の働きを楽にするために、容認できないと判断したイメージを抑制します。そしてその後はよく見えるほうの目で見るようになります。無視されたもう片方の目は視力の鋭さに関して完全に発達することができません - そのため「怠惰な目」と呼ばれます。時がたつにつ れ、視力はさらに弱くなります。重度の斜視を放っておくと、もとは健康だった目に障害が生じます。その結果は弱視です - この生涯残る機能障害は他の症状も引き起こします。 片目だけに頼っている子供は、空間感覚が発達できず、運動能力の発達も遅れがちです。この障害を持つ人は、大人になってからも大きな問題を抱えることになります、例えば車の運転などです。喜ばしいニュース:もし10か月から12か月になる前に症状が発見されれ ば、弱視は効果的に速く治療できます。子供が1歳になると、治療にはもっと時間が必要になります。

子供用メガネが保護を与えます

クールなデザインによって大きな違いが生まれます。

クールなデザインによって大きな違いが生まれます。

今日、子供用メガネはかっこいいものと考えられています。

かつてのようにメガネをかけている子供がからかわれたりすることもありません。 クールなデザインによって違いが生まれます。子供向け小説の中のヒーローのおかげでメガネをかける子供は助かりました。子供がメガネをかけるのを嫌がった時代はもはや過去のものです。今日子供用メガネはかっこいいものと考えられています。かつてのようにメガネをかけている子供がからかわれたりすることもありません。忘れてはならない重要な点:子供用メガネのフレームは個人の必要にあわせてカスタマイズされます。フレームの上部は眉毛の最も低い位置を越えないようにしま す。フレームの下部は頬骨にかからないようにします。横は目の際を越えないようにしま す。子供が遊んだり他の活動をするのに妨げとならないように、耳かけはこめかみに沿 って、あまり隙間のないようにします。子供用メガネは軽くて丈夫で、柔軟性がなければなりません。締め付けたりする不快なフレームは絶対に避けてください。もちろんクールなデザインによって大きな違いが生まれることは言うまでもありません。

関連記事

我が子にメガネが必要かどうかを知るために。
子供のための適切なメガネフレーム
クールに見えるだけではありません:子供の目のためのサンプロテクション
子供に良い視力を
メガネをかける必要があるかどうかについて、お悩みの方へ
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK