視力障害がある場合するべきこと

あなたの視力は20/20ですか、それとも近視または遠視ですか?あなたは老化に関係する視覚障害がありますか?視力検査によって、これらすべての答えが分かります。

人間の目は数千種類の色を区別し、飛んでいるテニスボールのスピードを推測し、字や図画を1秒の何分の一かのスピードで読み取ります。しかし、これが完璧に働くのは目が完全に健康な時だけです。何百万もの人が視覚障害を患っており、メガネをかける必要があります。眼科医や眼鏡店の行う視力検査によって、あなたが近視、遠視または老化に関係する視覚障害を持っているかが分かります。

あなたの視力は20/20ですか、それとも近視または遠視ですか?あなたは老化に関係する視覚障害がありますか?視力検査によって、これらすべての答えが分かります。

あなたの視力は20/20ですか、それとも近視または遠視ですか?あなたは老化に関係する視覚障害がありますか?視力検査によって、これらすべての答えが分かります。

近視(マイオピア)、遠視(ハイペロピア)、老眼(プレズビオピア)-眼科の専門家は視覚障害を表すたくさんのラテン語を使います。患者の皆さんは、混乱するような言葉に惑わされないでください。これらの医学用語は幅広い範囲の視覚障害を表しているに過ぎないからです。

 

平たく言えば、近視とは近くしか見えないこと、遠視は遠くしか見えないこと、老眼は老化に関係する視覚障害のことです。ドイツ人の半数以上が、視力の鋭さに関係した何らかの障害を持っています。実際の状態は視力検査ですぐに分かります。そして、適切なメガネレンズを処方すれば、完全な視力が回復します。

最も一般的な視力障害の簡単な解説

近視

遠くから目に届いた光は網膜の側で収束し、その結果歪んだ像を写します。近視の目は眼軸長が長すぎるか、水晶体の屈折率が高すぎます。その結果、遠くの物体がはっきりと見えません。

1年に一度、眼鏡店または眼科医で簡単な視力検査を受けるようお勧めします。あなたがもし、今までずっとメガネなど必要なかったのに、運転中突然道路標識が見えないのに気が付いたという多くの人のうちの一人なら、すぐに検査を受けるべきです。

近視はどのようにして起こりますか?
大抵の場合、眼軸長が長すぎることが原因です。たとえほんの1ミリの違いであっても、約-3ジオプターの近視を引き起こします。人の目は屈折率を高くすることによってしか順応できないため、メガネをかけなければ近視を矯正できません。

近視の眼

 

近視の根本的な原因は分かっていません。今日証明されているのは、遺伝的要素が関係しているということだけです。これが中国系の人たちがヨーロッパ系の人たちより近視になる率が高い理由のひとつです。遺伝性の近視は子供たちが学校に行き始めた頃始まり、通常-2からー4ジオプターの間です。大抵思春期から青年期になると進行が止まります。

眼鏡店や眼科医はどのように視力検査を行いますか?

眼鏡店や眼科医は、あなたの視力の鋭さを調べます。メガネを挿入するさまざまな計測器や、フォロプターと呼ばれる器具を使います。

簡単ないくつかの手順で検査士はあなたの目の前に置かれたいくつものレンズをテストします。患者はどのレンズの時に良く見えて、どのレンズの時によく見えないかを簡単に判断できます。現在はコンピューターを利用した計測法もあります。

メガネがどのように近視を矯正するか
近視の人の遠目視力を矯正するには、屈折率の高さを拡散レンズ(マイナスレンズ)で補正し、光線が網膜上に集まりはっきりした像が映るようにする必要があります。

遠視

この状態の目は、目に入った光線が網膜の後ろで収束するため歪んだ像が映ります。遠視の目は眼軸長が短すぎるため、レンズの屈折率が足りないのです。この状態は次の問題を引き起こします。 

  • 裁縫などがとても困難で、頭痛を引き起こします。
  • 遠目から近目への切り替え、またはその逆に目が順応するまでかなりの時間がかかります。

 

もし読書や近距離の作業、例えばコンピューター作業の後繰り返し頭痛が起こる場合、眼鏡店か眼科医の診察を受けてください。実は若い人は遠視を水晶体の順応力で補正することができます。若者の多くは、年を取るまでこの機能障害に気づくことさえありません。けれどもこのような症状に気が付いたら、軽く考えずにあなたの目を検査してもらってください。

遠視はどのようにしておこりますか?
遠視の人の目は眼軸長が短すぎるか、水晶体の屈折率が足りません。その結果、光線は網膜の後ろで一度だけ収束します。正常な視力の人の目は、近くの物に焦点を合わせても完全にリラックスした状態です。

遠視の眼

 

遠視の目で近くの物がはっきり見えるようにするには、屈折率を高くしなければなりません。毛様体筋を緊張させ、水晶体を曲げなければなりません。この筋肉の緊張が先に挙げた症状の原因なのです。多くの人はこの緊張がひどい頭痛を起こすまで不快を訴えません。そのため遠視と診断されるまでにずっと苦しみ続けることが多いのです。

メガネがどのように遠視を矯正するか
眼鏡店か眼科医による視力検査(上の詳細を見てください)の結果、物体から目に届いた光線が、目の順応力を酷使しなくても網膜上に収束するように凸レンズ入りのメガネが処方されます。

老化に関係する視力の問題(老眼)

老化とともに水晶体が変化し、老化に関係する視力の問題が起こります。45歳頃から 水晶体は近くの物を見るための調節機能を失い始めます。このことは以下の症状に表れます

  • 読書が困難になり、患者は文字を読もうとして本や新聞をどんどん目から離して持つようになります。
  • 読書に時間がかかるようになり、目がすぐに疲れて頭痛がすることもあります。
  • 明るさが十分でない時、近くの物を見るのが困難です。
  • 近くの物から遠くの物に焦点を移したり、またはその逆のことをするのが徐々に困難になります。

 

このような症状に気付いたら、例えば読書をする時に疲れやすくなったと感じたら、すぐに眼鏡店か眼科医の診察を受けてください。

簡単ないくつかの手順で検査士はあなたの目の前に置かれたいくつものレンズをテストします。

簡単ないくつかの手順で検査士はあなたの目の前に置かれたいくつものレンズをテストします。

老眼はどのようにしておこりますか?
根本的な原因は分かっていません:老化とともに水晶体内の水分が減少し、非水溶性のたんぱく質の濃度が上がります。その結果、水晶体が硬くなり弾力性がなくなります。そのため、近くを見るのに必要なだけ湾曲することができなくなるのです。

 

老眼は45歳くらいから起こります。初期の段階で必要な矯正は、最小限の+0.75ジオプターだけです。何年も経過するにつれ、順応力が次第に衰えていきます。大抵、この進行は60歳頃までで、その後はその障害レベルが保たれます。

メガネがどのように老眼を矯正するか
患者の視力障害の程度が診断されると、さまざまなレンズを使って視力障害を矯正することができます。以前視力が正常だった患者は、読書用の凹レンズが必要になります。近目の視力の程度により、例えばコンピューター作業のような近距離の作業の時はメガネを外す必要があります。

 

以前から近視または遠視だった人については、状況はもう少し複雑です。近視の人は屈折度の弱い拡散レンズが必要です。遠視の人は屈折度の強い凹レンズに加え、読書用レンズが必要です。多くの使用者はメガネをいちいち取り替えるのが煩わしいので、遠視の人のほとんどがバリフォーカルレンズを選びます。

 

遠目と近目両方の視力問題をカバーするだけでなく、バリフォーカルレンズには中距離の物も快適に見えるゾーンがあります。バリフォーカルレンズ バリフォーカルレンズには近目から遠目ゾーンに移行する継ぎ目がありません。実はこれは私たちの自然な視力パターンを模倣したものです。近代的なメガネは慣れるのも簡単で、驚くほど短期間で慣れることができます。

40歳以降の視力

 

角膜の不正曲率(乱視)

この視覚障害は角膜の曲率、または稀に水晶体の曲率が不規則なことが原因で起こります。この障害を持つ人は物が歪んだりぼやけて見えます。実際、完ぺきな視力というのは存在しないため、ほとんど全ての人はごく軽症の乱視です。

専門家たちはこの障害の原因はまぶたの張力が強すぎて、目の表面がわずかに楕円形になることだと考えています。その結果、目に入る光の屈折率が高くなります。物がぼんやりと歪んで見え、点のような光源が一本の線のように見えます。

ほとんどの場合、乱視は近視か遠視とともに起こります。専門家たちは乱視を2つのタイプに分類しています:正乱視の患者の屈折レベルは2つだけです。不正乱視 の患者の角膜は不規則な形をしていて、進入した光線が一点ではなくいくつもの点に収束します。

メガネがどのようにこれらの状態を矯正するか
正乱視と診断された患者には円柱レンズが処方されます。円柱レンズは光を異なる方向に屈折させます。これに関連する処方では、近視または遠視の状態だけでなく、円柱レンズの屈折力も詳しく明記します。

重要な情報:これらの視覚障害を持つ子供はその特定のニーズに合わせたメガネをできるだけ早くかけなければなりません。そうしなければ、脳は網膜に映った正しくない像を正しいものとして認識するよう学習するため、患者が成長した時に、頭痛がしたり、物が二重に見えたり、歪んで見えるようになるおそれがあります。その結果、その状態が続くことになります。

不正乱視の唯一の治療法は特別なコンタクトレンズによるものです。これは角膜とコンタクトレンズの間に生じる涙の層によって、不規則な角膜を修正するのです。

乱視の眼

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細