健康と予防

 

健康問題‐涙目‐

健康問題‐涙目‐

もしあなたの眼が常に涙目であれば、眼の状態が原因になっている可能性があります

笑ったり、泣いたりする時に出る涙は正常なものです。涙管が開き、涙が流れ出ます。しかし、はっきりとした理由がないのに涙が流れ出す場合は、何らかの眼の症状が原因かもしれません。こういった問題はすぐに解決できるので、心配はいりません。

ドライアイ – 眼に熱や痒みを感じるとき、どうすれば良いでしょう。

ドライアイ – 眼に熱や痒みを感じるとき、どうすれば良いでしょう。

ドライアイは、眼科を訪れる理由として良く挙げられる症状です。

ドライアイは不快で、痛みを伴うことがあります。 原因として考えられるのは、眼に本来備わる水分の問題、つまり身体が十分な涙液を生成していないことです。 この症状は、環境要因、疾病や医薬品が原因で発生することがあり、眼科医がサポートできます。

薬によって視力に害が及ぶことがあります

薬によって視力に害が及ぶことがあります

薬によっては服用する際に注意する必要があります。ある特定の状況下では、目に損傷を与える可能性があるからです。

目の異常または目の病気が起こる原因は、必ずしも、視力障害とは限りません。接種する薬によっては、目が正常に機能しなくなる場合もあります。

良い視力がなぜそれほど重要なのでしょうか

良い視力がなぜそれほど重要なのでしょうか

ひとつでも感覚が失われると、他の感覚がそれを補わなければなりません。目は、このとき特に重要な役割を果たしています。

人間の感覚器官は、周囲環境への窓口です。人間の脳は、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触る、などの神経細胞の電気信号を組み合わせて、意味のある情報とします。しかし私たちは、その機能が止まってしまわない限り、通常、感覚器官について意識しません。

目を健康に保つために

目を健康に保つために

私たちの最も重要な感覚器官は、大切に扱われ保護されることが必要です。この意味において、多くことが考えられます。

私たちの目は絶えず、埃、紫外線、異物などといった様々な環境からの刺激に晒されています。そのため、何が目にとって良いもので、また何が損傷を引き起こす有害なものかを知っておくことが重要です。この理由から、ここに便利なヒントを集めました。

人参は目に良いのでしょうか?

人参は目に良いのでしょうか?

子どもの頃から、私たちは人参は目に良いと教えられてきました。 残念ながら、これはある程度までしか正しくありません。

人参は目に良いのです - そうでないとしたら、その証拠にメガネをかけたウサギを見たことがあ りますか? このたとえはあまり面白くないだけでなく、根拠もありません。 しかし、この健康に関 する通説は何世代にもわたって語り継がれてきました。 ただし、次のことは真実です: 人参には多 くのβカロチンが含まれています。 βカロチンは必須ビタミンAの前駆物質です。もし食生活 にビタミンAが不足していれば、皮膚や髪の生育や状態に悪い影響を及ぼすことがあります。...

視力の問題が頭痛の原因となるのはなぜでしょうか?

視力の問題が頭痛の原因となるのはなぜでしょうか?

何百万もの人々が頭痛に悩んでいます。これほど蔓延している病気は他にないでしょう。多くの人は、新しいメガネで頭痛が軽減されることを知りません。

目の奥の鈍い重み、ズキズキするこめかみの痛みや頭頂部の強烈な痛み - 頭痛を経験したことのない人はほとんどいません。多くの人が頭痛薬を飲む一方、痛みが自然に消えるまでただ待つ人もいます。その多くが、眼鏡店に足を運び、検診で視覚を検査していれば救われていたでしょう。なぜなら、よく見ることができず、メガネが必要な状態が頭痛を引き起こすことがよくあるからです。

暗い明かりでの読書は目を傷めるでしょうか?

暗い明かりでの読書は目を傷めるでしょうか?

「暗い明かりでの読書は目を傷める」、これは誰もが聞いたことがある一般的認識です 。しかし、最近の研究は、それが全く真実ではないことを示しています。

おそらく冬は良い本を読むのに最適な季節でしょう。キャンドルライトやベッド横の明かりに照らされての読書は特に快適です。子供たちはポケットライトを持って布団の中に隠れるのが大好きです。しかし、それによって目を傷めるのではないかという恐れは、読書に浸る喜びを軽減されるものです。誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。「電気をつけなさい。目を悪くしますよ!」と。でも心配する必要はありません。 暗い明かりでの読書が目を傷めることは全くありません。ただし、読書用メガネが必要ならそれをかけなければいけません。...

目のためのエクササイズ

目のためのエクササイズ

私たちの目は、毎日負担の重い作業を行っています。簡単で軽いいくつかのエクササイズで、目の疲れを癒すことができます

現代のライフスタイルでは、目に大きな負担がかかります。例えばコンピュータで作業を行うと、画面のさまざまなコントラストや明るさに1日あたり最大で3万回も目を適合させなければなりません。この回数は、車の運転やスポーツの場合も同程度です。これによって目が疲れ、涙目、かゆみ、赤目などの症状が現れるのも不思議はありません。これに肩こりや頭痛が伴うこともよくあります。しかし、これは避けられないことではありません。目の疲れを癒すいくつかの簡単なエクササイズを行えば、痛みとは無縁の視力を取り戻すことができます。...

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細