視力の問題が頭痛の原因となるのはなぜでしょうか?

何百万もの人々が頭痛に悩んでいます。これほど蔓延している病気は他にないでしょう。多くの人は、新しいメガネで頭痛が軽減されることを知りません。

目の奥の鈍い重み、ズキズキするこめかみの痛みや頭頂部の強烈な痛み - 頭痛を経験したことのない人はほとんどいません。多くの人が頭痛薬を飲む一方、痛みが自然に消えるまでただ待つ人もいます。その多くが、眼鏡店に足を運び、検診で視覚を検査していれば救われていたでしょう。なぜなら、よく見ることができず、メガネが必要な状態が頭痛を引き起こすことがよくあるからです。

視力の問題が頭痛の原因となるのはなぜでしょうか?

緩んだ脳が、身体を動かすたびに頭蓋骨にぶつかっているような感覚。これは、頭痛に悩む人々が症状を説明するのに良く使う言い回しです。世界中で何百万もの人々が – 女性、男性、子供を問わず – 痛みを伴うしびれや圧迫感、鋭く刺すような痛みに定期的に悩まされ、仕事や学校での集中力、家庭での仕事に影響を及ぼしています。治療法を見つけることが、生活の質の向上につながるのです。視力障害が頭痛の原因であることが少なくないため、治療法の発見は大抵の人が思っているよりも容易なものです。

遠視は特に、て眼に負担がかかるため、矯正しないままでいると頭痛を引き起こします。長時間読書をしたり、コンピュータを使ったりした後に起こることが多いでしょう。これは、遠視の人にとって焦点をしっかり合わせ、イメージをとらえるのが特に疲れる作業だからです。はっきりと見るためには、水晶体を調整(調節)する必要があります。最大の問題は、眼がある程度まで障害を補うことができるため、遠視の人の多くが、自分が遠視であることに気がついていないことです。常にはっきりと見えるようにするための絶え間ない努力そのものが、頭痛を引き起こしているにもかかわらず、原因を眼と関連付けて考えないのです。

あまり一般的ではありませんが、診断のつかない潜伏斜視も頭痛の原因の一つになります。はっきりと見るために、斜視の人は目を平行にしようとして大きな負担をかけなければいけません。

 

遠視または軽い斜視によって起こる頭痛の典型的症状は、長時間の読書やコンピュータ作業の後、多くの場合直後に現れるものです。もし頭痛が起こったり、物が二重に見えたり視覚が一時的にかすんだりした場合、これはおそらく視力の問題が原因です。眼鏡店で視力検査を受けることで、遠視または斜視が原因であるかどうかを調べることができます。

グッドニュース: 着用者に合わせて個別に適合させたレンズを備えた完ぺきにフィットするメガネをかけることで、最善の結果で遠視を矯正することができます。頭痛はすぐに過去のものになるでしょう。潜伏斜視もまた、プリズム処方レンズ(プリズムメガネを処方するための特殊な眼測定法)のメガネで治療することが可能です。


画像:© Blend Images - Fotolia.com

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細