Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

クオリティライフと自立:低視力補助器具による視力向上

メガネをかけても見えにくくなったらどうしますか?

疾患にしろ老化にしろ視 力の低下はすべての人に起こり得る問題です。個人の視力に合わせた低視力補助器具を使用して、視力をある程度正常化すれば、自立した生活を維持こするとができます。

メガネをかけても見えにくくなったらどうしますか?

メガネをかけても見えにくくなったらどうしますか?

最新の低視力補助器具についての知識と購入時の注意、また他の方法があるかどうかについてのインフォメーションを提供します。

 

視力が低下して、読書や趣味を楽しむのにメガネでは不十分な時、大抵の人は拡大鏡の助けを借りています。しかしシンプルな拡大鏡でさえ、安価なものから専門家に特別に注文したものまで、その品質はさまざまです。ですから、まず低視力補助器具の質に関しての知識が重要です。

あなたの目にとって最高の性能を発揮し、かつ使いやすいということが基本的条件です。

ZEISSの最重要課題は、使用者がそれぞれの仕事や状況の中で できる限り高い視力を発揮することです。さらに、使用者の能力を考慮に入れて視力補助器具を選ぶことも重要です:使いやすく、使用者にとって負担のないものであるべきです。そこでZEISSが重要視するのは使いやすさです。

低視力補助器具の質について

イメージの質と視覚フィールドの広さが低視力補助器具の品質を決定する基本的条件です。ZEISSは優質のイメージと一度に見ることのできる最大限の視覚フィールドを提供します。拡大率が上がると視覚フィールドは狭くなりますから、なるべく小さい拡大率で最良のレンズを選ぶことが非常に重要です。これは眼精疲労を予防する唯一の方法です。  

低視力補助用にはプラスチック製のレンズにハードコーティングをしたものが傷や破損に強くお勧めです。ZEISSの反射防止コーティングによってさらに快適さがアップします。

低視力補助器具に付け加える イルミネーションシステムがあります。特に高齢者は物を良く見るときに明るさを必要とします。  

どんな低視力補助器具がありますか?

1. 拡大鏡: 従来の低視力補助器具20ディオプターまでの手持ち式拡大鏡と40ディオプターまでのポケット拡大鏡があります。

Carl Zeiss Visionの手持ち式拡大鏡

Carl Zeiss Visionの手持ち式拡大鏡:

シンプルで機能的、しかもカスタムメード:視覚補助器具を使って快適な視覚を楽しめるかどうかは、何よりそのデザインによって決まります。ZEISSの手持ち式拡大鏡の高品質 非球面 レンズは保護ハードコーティング仕様が標準です。他にも多層コーティング、広域コーティング、反射防止コーティングがオプションで選べます。コーティングは精密さが要求される仕事のための視力を向上させます。標準仕様の保護ハードコーティングは補助器具の耐久性を高め、用途を広げます。

Carl Zeiss Visionのイルミネーション拡大鏡

Carl Zeiss Visionのイルミネーション拡大鏡:

不適切な光の下での読書には倍の労力が必要です:コントラストが低いほど視覚が悪くなります。イルミネーションポケット拡大鏡、スタンド拡大鏡は光の足りなさをカバーします。消費電力がほとんどかからず長持ちし均質なのでLEDイルミネーションは最適です。

Carl Zeiss Visionのポケット拡大鏡

Carl Zeiss Visionのポケット拡大鏡:

ポケットに入れておくだけで、いつでもどこでもより良い視力:細かい部分を見分ける精密作業が必要になることは、日常生活の中でよくあることです。Carl Zeissの高品質ポケット拡大鏡は小さなポケットにも入れることができ、モデルによって3倍から10倍の拡大率で視覚フィールド全体にわたってゆがみや色収差がありません。

拡大鏡の大きさは小切手のサイズとほぼ同じです

拡大鏡の大きさは小切手のサイズとほぼ同じです:

そしてさらに小さくなりつつあります:小さいサイズのVisuCard® は財布や小銭入れにも入ってしまう大きさで、いざという時の助けになります。保護コーティングされているので、タフで長持ちします。

2. 拡大鏡メガネ: いつでもどこでも簡単に使える低視力補助器具。

Better quality of life and more independence: better vision with low vision devices

Carl Zeiss Visionの拡大二焦点レンズ:

遠近が一つになりました。その名の通り、1つのレンズに2つの焦点があります。レンズの上の部分は周りを見渡す時に、下の部分は近くを見るときに使い分けます。

3. 望遠システム生活をより便利にする光学テクノロジー

CarlZeissVisionから望遠レンズのメガネ登場

CarlZeissVisionから望遠レンズのメガネ登場:

遠くも近くも: 望遠メガネと拡大メガネを合体させることで視覚がある程度向上します。原理からすると、この“ミニ望遠鏡”は遠くのものが良く見えるように助けるものです。拡大鏡を望遠鏡に合わせるだけで、近くを見るのにも使うことができます。

 

拡大鏡を使っていると、時間がたつにつれ作業距離が短くなっていくことがあります-例えば読書など望遠メガネによって再び快適な距離が保たれます。読書をするときに重要な適正拡大率を望遠メガネにセットすることができます。しかし、この拡大レンズは中間距離、例えばテレビを見るときなどにも使えます’視力のより低い方の目はカバーし、良いほうの目に小型の望遠鏡を合わせます。ZEISSは最大の視覚フィールドと快適な視界を提供します。

 

ただし、望遠メガネは静止しているときのみ使用できます。移動しながらの使用は眼精疲労を起こすので注意が必要です。

Carl Zeissの手持ち式望遠鏡

Carl Zeissの手持ち式望遠鏡:

手持ち式望遠鏡には機動性があります。 些細なことが原因で、他の人の助けなしではほとんど外出できないことがあります。遠くや近くのものを見ること、すなわち通りの名前や家の番号、バスの時刻表などを見ることができないのです。小型で目立たない手持ち式の望遠鏡があればお出かけの時も安心です。首から下げていても、上着のポケットに入れていても、いつでもすぐに使うことができます。

実用的で洒落たデザイン、視覚フィールドを特徴付けるのはもちろんコーティングされたレンズです。

 

4. Carl Zeiss Visionのフィルターレンズ

Carl Zeissの手持ち式望遠鏡

Carl Zeissの手持ち式望遠鏡:

フィルターレンズは網膜が散光やまぶしさに過敏に反応してしまう方に有効です。たとえ標準的な照度であっても、この疾患を持つ方にとっては大変なストレスです。

 

特殊フィルターレンズの使用に関しては特に共通の条件はありません。その代わり、 網膜色素変性症 や糖尿病性網膜症など進行性の眼疾患のある人は、さまざまなフィルターレンズの中から自分に適したものを選んで使用します。

 

それぞれの場合の視覚と快適さを評価、比較して最適なレンズを選びます。このためオペラグラスやフィルタークリップも用意してあります。

 

くの場合、異なる照度に合わせて特殊なフィルターレンズが必要になります。そこで普通は異なるフィルターレンズをつけた複数のメガネを持っています。

 

ヒント: あなたの加入している保険から費用が下りるかどうか確認してください。

関連記事

視覚障害とは何でしょうか?
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK