コンピューター作業中もすべてが視野に

読書用の特殊メガネ/多焦点によって作業が楽になる理由

読書用メガネがデスクワークに適さないことがよくあります。書類に目を通す時はすべてよく見えるのに、同僚がドアから入ってきても誰だか良く分からなかったり、会議中に相手と書類とを交互に見るのが困難だったりします。老眼の人がコンピューター画面の前で仕事をするのにはどんなメガネが良いのでしょうか?

読書用の特別なメガネ/多焦点によって作業が楽になる理由

仕事場において、コンピューターは常に欠かせないものです。頻繁なコンピューター画面上の作業は目にとって負担になります。

 

コンピューターの前に座る時は常に緊張した状態で、目を休ませる暇がありません。これによって肩こりや頭痛、目の充血や涙目を引き起こすことがよくあります。特に老眼の人は近くと遠くを見る視力が低下していますから、よりリラックスした状態で作業ができるように適切なメガネを選ぶことが大切です。

 

この用途に相応しいのはどんなメガネでしょうか?多くの人はコンピューター作業中、読書用メガネを使います。ドアが開いて、同僚があなたに質問をします。メガネが遠方視力を妨げているので、その同僚が誰だかはっきりと見えません。その時、じっと目を凝らそうとすると目が緊張します。

 

ユニバーサル多焦点レンズではオフィスでの問題を完全に解決することはできません。


異なる距離をはっきり見ることはできても、近距離と中距離の間の視覚フィールドが狭いため、長時間至近距離で作業すると目は常にストレス状態にさらされることになります。どうすればいいでしょうか?

特別な多焦点レンズの強化読書用メガネについて、メガネ店でご相談ください。至近距離と近距離を長時間見続けることが要求される仕事場での作業には、そのニーズに答えるための賢い解決方法があります。読書用メガネと多焦点レンズを一つにしたメガネを使用すれば、デスクワークをしながら異なる距離のものを見るという問題が解決します。

オフィスでの視界

 

強化読書用メガネの利点:

  • 広い範囲の近距離を長時間見るのに理想的。
  • より広く、より調和した視覚フィールドが中距離にも。
  • 2つのフィールドの間に変化をつけることで、頭と体の姿勢を快適に保ちます。
  • 快適さは仕事場だけでなく、遠近両用メガネに使用すれば料理や手芸などの趣味でも活躍します。

コンピューター作業での多焦点レンズの利点:

  • 極めて広い中距離と近距離の範囲。
  • 室内4m四方までのクリアで途切れのない視覚。
  • 頭を動かさずに全体をはっきりと見ることができます。
  • コンピューター作業、手芸や趣味に最適。

安らぎはあなたの目にとってだけではありません - リラックスしてオフィスでの仕事ができます。

コンピューター作業が体全体に与える負担を軽くするためにできること

画面に人間工学に基いた姿勢で向かい、モニターやキーボード、書類を正しく平行に配置することは、コンピューター作業で疲れにくく快適な視力を保つために特に大切です。肘掛や新しい椅子も作業を楽にする助けになります。

画面は垂直同期周波数が高く、安定するようにしてください。高いコントラストとシャープな画像を保つようモニターを調整してください。テキストを楽に快適に読めるようにフォントサイズを変えてください。

ヒント: そして長時間コンピューター作業をするときは時々意識的に目を休ませてください。部屋の周囲をぼんやりと見たり、窓の外を眺めたり、目の周りをマッサージしたり、時々目を閉じたりして目をリフレッシュさせます。このヒントがあなたの目をストレスから守る助けになり、仕事が成功しますように。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細