子供に良い視力を

子供用メガネには厳しい条件が要求されます。

子供用メガネは、スポーツや学校、遊びなどの活動に耐える丈夫さが必要です。さらに子供用メガネは壊れにくく柔軟で、しかも軽量でなければなりません。

子供用メガネには厳しい条件が要求されます。

最近はこのことは問題ではありません。 ファッショナブルなフレームがたくさん出回っており、防弾レンズのように分厚いレンズはもはや過去のものです。 完ぺきなモデルを選ぶために、注意するいくつかの点があります。 ゲームやスポーツを楽しむ時にも信頼できるメガネは欠かせません。

 

大人について言えることが子供にも当てはまるのは当然のことです。 メガネは視力の問題を完全に矯正するものでなければなりません。 それによって、お子さんは完全にクリアな視力と明晰な理解力を持って子供時代を過ごすことができるのです。 お子さんが遊びやスポーツをする時には優れたメガネが欠かせません。 青年期はまだ調整能力や運動能力が発達段階にあります。 そのため、視力に問題のある子供にとって視力20/20に矯正するレンズが特に重要なのです。

 

子供の視力は距離や衝撃、動く物体を正しく判断する能力に影響します。

 

しかし、それだけではありません。 学校で本を読んだり黒板を見たり、友達と遊んだりコンピューターを使って学習したり、さらにテレビを見たり- 子供の目は長時間働いています。 交通量のある場所を通り抜けて行くような場合は、特に良いメガネが必要です。 お子さんの視力補助器具が以下の基準を満たしているかどうか確かめてください-お子さんの目がかけがえのないものであることを忘れないでください。

  • 高い衝撃耐性
  • 信頼性のある擦り傷防止
  • 全面に反射防止コーティング
  • クリーンコート いつでもクリアな視界と簡単なお手入れ
  • 完璧なフィット感
  • 最適な機能


ヒント: 特に今は学校が始業したばかりです-これは新一年生のご両親だけのためのアドバイスではありませんが- 次のことをお勧めします: お子さんの目を検査してください。 視力検査は眼鏡店で行えます。 保険会社に問い合わせて、お子さんのメガネが保険でカバーできるか聞いてみましょう。 視力検査には時間はかかりません。検査することで、お子さんが新学期中低視力のせいで黒板や教科書の字を読むのに苦労せずにすむのです。

 

調査の結果によると: 高品質レンズと有名ブランドのメガネで矯正を始めるのが早ければ早いほど、子供のその後の視力の進行は良好です。 幸い、今日の子供たちはメガネをかけているからといって問題に遭うことはありません。

 

最近の小説のヒーローのおかげで、ほとんどの子供たちは喜んで子供用メガネをかけ、より良い視力を楽しんでいます。 別の大切な要素: 屋外での遊びは子供の目にとって有益です。 オーストラリアの研究者によると、子供が日中自然光の中で2時間から3時間過ごすと、将来視力が低下するリスクが低くなることがわかっています。

 

柔軟性のある軽金属で作られたフレームは特に子供用メガネに適しています。 レンズは、怪我のリスクが低い軽量プラスチック素材でなければなりません。 メガネがお子さんに完全にフィットするようにするのは眼鏡店の役目です。 メガネは頭を締め付けすぎても緩すぎてもいけませんし、耳を圧迫するものも良くありません。

 

ヒント: 眼鏡店に必ずお子さん用のサービスパスポートを作ってもらってください。 それによって、メガネの購入後も専門家がいつもあなたを確実にサポートしてくれます。

お子さんのサービスパスポートには以下の無料定期サービスが含まれます:

 

  • メガネの定期検診
  • メガネ調節
  • 超音波メガネ洗浄
このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細