Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

もっと明るい視界

交通安全は「アクセル全開!」です。

秋から冬にかけては目にとって大変な季節です: 朝や夕方の太陽は低く、夜が早くなり - たそがれ時が長い上によく霧が出て、視界は悪くなります。車を運転する時は特にそうです。 特別な替えメガネなら、こんな場合でもあなたの視力を良くすることが可能です。

運転中邪魔になる反射の大半は夕暮れ時と夜の対向車のライトです。

運転中邪魔になる反射の大半は夕暮れ時と夜の対向車のライトです。

よくある状況です: 長時間、ストレスいっぱいの仕事を終えた後、車で帰宅中です。 すでに夕暮れ時で、車の間を走り抜けていくあなたの目に、夕日が低い位置からまぶしく映ります。 対向車のヘッドライトも反射しています。 対抗車線の車を見分けることができるのは、すでに遅すぎるときになってからです。 あなたの目は非常に疲れています。 この状態が自分や他のドライバーの安全を脅かしていることは分かっています。



運転用メガネ

安全に家にたどり着けるように、眼鏡店をお訪ねください。 眼鏡店は運転中のさまざまな光の状態、夕暮れやまぶしい時などに対処できる特別なスペアのメガネをお勧めするでしょう。

運転用メガネは、あなた個人の視力に合わせて、まぶしさと紫外線からあなたの目を適切に保護します。 これで反射とまぶしさを防ぐことができます。 優れた反射防止コーティング、偏光、カラーレンズがそれを確実にします。

反射防止コーティングはどのような働きをするのでしょうか?

コーティングしていないメガネレンズは鏡と同じ働きをするため、光の反射がはっきり見えて視界が悪くなります。 運転中のこのような反射は、主に夕暮れや夜、対向車のヘッドライトによって起きるものです。 反射防止コーティングをしたメガネレンズはこのような厄介な反射をカットするため、透明でクリアな視界と妥協のない認識能力をもたらし、まぶしさも低減します。 反射防止コーティングには3つのレベルがあります: 「ベーシック」、「ミディアム」そして「スーパー」です。 夜明けや夕暮れ時、夜間の運転を頻繁にする人に専門家はスーパーコートのメガネレンズを勧めています。

ZEISSの反射防止コーティングについての詳しい情報

偏光メガネレンズはどのように助けになるのでしょうか?

それはとてもシンプルです: 偏光メガネレンズは反射光 - 主に濡れた路上や水面など、光を反射する面から来る光 - をフィルターします。 その効果は、このレンズを使い始めた瞬間から明らかです。 あなたの視界はずっとクリアになるでしょう。 レンズの特殊カラーリングによって、あなたの視界は豊かなコントラストと鮮やかな色彩も手に入れます。 対向車が素早くはっきりと見えるようになるでしょう。例えば路上が濡れているときや対向車がディップビームのヘッドライトを使っている時でも同様です。

UVケアと色つきレンズ

UVケアも運転用メガネには重要です。 目に永久的なダメージを与えることもある短波長の紫外線から目を守ります。 サングラスを買う時は、必ず品質保証のCEマークのついているものを選んでください。 運転にはブラウンまたはグレーのレンズが最適です。運転者は信号やブレーキ灯、他のライトを素早く見分けることができるからです。

ちなみに: 色つきメガネレンズのグラデーションタイプは運転の時特に快適です。 メガネの下の部分は薄い色のため、ダッシュボードのディスプレイが良く見えるのです。

運転用メガネを買う時ほかに気をつけなければならないことは何でしょうか?

人はそれぞれ違います。 そのため、あなたの目、あなたの目と見るものとの距離もすべて異なっています。 このことはもちろん運転している時の視界にも当てはまります。  自分のすぐ横で何が起こっているのかを見るのに、顔を向ける人もいれば、視線だけを向ける人もいます。 このようなことすべてが、あなたのメガネを設定するのに重要な意味を持ちます。カスタムメイド、超クリア精度のメガネレンズはあなたの視覚の快適ゾーンを大幅に広げ、目をリラックスさせることができます。

人は年齢と共にまぶしさに敏感になります。 視力が衰えると、安全性のリスクは増大し ます。 ヒント: 定期的に眼検査を受けてください - 少なくともあなたが車を定期検診に出すのと同じくらい頻繁にしてください。 視力検査はなるべく2年に一度受けてください。

眼鏡店はあなたの運転用メガネに最適なフレームをお勧めします。 フレームは縁が小さく、細いサイドピースが上の方についているものが運転時に視界の妨げにならないため理想的です。 小さすぎるフレームとレンズは運転時には向いていません。

関連記事

あなた個人の ツァイス レンズ設定
矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?
メガネは何本くらい必要なものでしょう?
ZEISSが遠近両用レンズを再定義します。
パーフェクトなレンズ設計に隠されている秘密
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK