Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

クールに見えるだけではありません:子供の目のためのサンプロテクション

サングラスは、子供がかけた場合であってもクールに見えます。しかし、子供の繊細な目を守ることは、クールな外見よりも大切です。

ビーチでのバケーションの時も、自宅の庭でくつろいでいる時も - 子供は太陽が輝く屋外で遊ぶことが大好きです。多くの親は、子供に日焼け止めを塗り、帽子をかぶせることを忘れません。しかし、サングラスも同じくらい大切だということを知っている人は、それほど多くはありません。子供たちの目は特に繊細です。子供たちが屋外で遊ぶ時、メガネ店でカスタマイズしたサングラスが必須なのはそのためです。

サングラスは、子供がかけた場合であってもクールに見えます。しかし、子供の繊細な目を守ることは、クールな外見よりも大切です。

サングラスは、子供がかけた場合であってもクールに見えます。しかし、子供の繊細な目を守ることは、クールな外見よりも大切です。

太陽が輝いているとき、子供たちを引き止めることはできません。彼らは外で遊び、楽しむことが大好きです。責任ある親は、子供に日焼け止めを塗り、頭に帽子をかぶせて日差しを防ぎます。しかし、日焼け止めや帽子が必要な時には、サングラスも着用することが大切です。子供たちの目は、特に太陽光線の危険にさらされています。大人の目よりも澄んでいるぶん、はるかに多くの光を通すからです。子供の目には太陽からの短波長光線に対する防備がなく、紫外線からよりダメージを受けるのです。長期間太陽光線にさらされると、永久的な損傷を受ける危険性が大きく増加します。数十年もの紫外線が、後年になって白内障などの健康障害を引き起こすことがあります。そのため子供たちにとって、サングラスはクールなアクセサリーである以上に、はるかに重要なものなのです。

 

通常のメガネ、また特にメガネレンズ同様、サングラスの品質は極めて大切です。一般的に娯楽用の安物のメガネは、必要な保護機能を備えていません。気泡や筋が入っているようなメガネレンズは、おもちゃ箱、もしくはいっそのことゴミ箱行きにするべきです。黄色や青、赤いレンズのサングラスも、子供の色認識を歪めるため良くありません。あなたの地域の眼鏡店が子供に適した商品選びのお手伝いをします。

子供にサングラスを買う際、知っておくべきことは何でしょうか?

縁が鋭かったり、壊れやすいメガネフレームは避けましょう。子供が遊んでいる時、怪我をする危険があります。高品質なメガネレンズを選ぶことはさらに大切です。大人、子供どちらの場合でも、サングラスをかけると瞳孔が拡張します。サングラスのレンズに適切な紫外線保護効果がなければ、有害な紫外線を防ぐことができず、特定の状況では永久的な損傷を引き起こす恐れがあります。レンズにCEマークとUV-400ラベルがあることを確認してください。これらのマークのあるメガネレンズだけが、ヨーロッパ基準を満たしています。安全のために、子供用サングラスには飛散防止プラスチックレンズを選ばなければいけません。

もちろん、最高のサングラスも子供がきちんと着用しなければ意味がありません。一番の問題は、メガネがきちんとフィットしているか、キツ過ぎないか、また快適かどうかを、子供は自分で判断できないことです。メガネを選ぶときは、眼鏡店の経験と知識に頼りましょう。専門家はお子さんの頭の形にぴったり合うサングラスを見つけることができます。

ヒント:子供に実際にサングラスをかけさせるためには、サングラス選びを手伝ってもらいましょう。

ちなみに、サングラスは小さな赤ちゃんには適切ではありません。赤ちゃんの鼻梁と耳は、メガネをかけるのに十分に発達していないからです。赤ちゃんのための最適な保護は、つばの広い帽子をかぶせること、または日陰に置くことです。子供には、遅くとも就学前教育を受け始める頃には、適切なサングラスが必要です。

関連記事

我が子にメガネが必要かどうかを知るために。
子供のための適切なメガネフレーム
子供に良い視力を
メガネをかける必要があるかどうかについて、お悩みの方へ
子供たちの目
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK