Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

メガネ、コンタクトレンズ、レーザー治療のうち、最適な処置はどれでしょう?

人口の約半分が視力の問題を抱えています。しかし現在、ほぼすべての視力問題に適切なソリューションがあり、矯正は困難でありません。

目は、私たちの最も重要な感覚器官です。視力の自然劣化を防ぐ方法は、まだ医学的に発見されていません。しかし、メガネやコンタクトレンズ、手術によってはっきりとした視覚を取り戻すことは可能です。メガネ、コンタクトレンズ、レーザーのメリットとデメリットのすべてを考察します。

医学的、技術的な進歩により、それが可能になりました。今日、眼の専門家は、視力障害を持つほぼすべての患者を治療することができます。メガネ、コンタクトレンズ、レーザー治療など、さまざまな方法で鮮明な視界を得られるのです。視覚の弱っている部分を矯正するこれらの方法にはどれも、メリットとデメリットがあります。あなたにとって最適な方法を見つけるための情報をご提供します。

メガネ – 13世紀からあらゆる場面で使用されている昔ながらの一般的な方法

メガネをかけることが最も一般的に使用され、視力障害を矯正する効果的な方法です。さまざまな場面、あらゆる視覚要求に答えるべく、個別にカスタマイズした最新のメガネもあります。

メリット:

装着が簡単であるうえ、最新のフレームやメガネレンズで、非常に快適に使用できます。現在、使用される高屈折率プラスチックレンズは、度数の高いメガネレンズの重量を大幅に減らします。最新の累進レンズを用いれば、どんな視距離も正確に見ることができます。反射防止コーティングのメガネレンズは不快な光の反射を防ぎ、また調光 (フォトクロミックとも呼ばれます) レンズ  は紫外線にさらされるとレンズの色が濃く変化します。さらにメガネは、砂埃や塵、虫から目を守ります。それぞれの場面によって理想的なメガネがあり、これらは必要に応じて個別に作られます。たとえば、コンピュータやタブレット型パソコンなどを使用して長時間作業をする人のための仕事用メガネには、近・中距離が快適にはっきりと見えることが求められます。スポーツやレジャーなど、活動的な使用に耐えるメガネにも同様のことが言えます。特殊な設計および製造技術により、しなやかにカーブしたメガネフレームにフィットするレンズを装用者の処方箋に合わせて作ることが可能です。革新的なコーティングを施すことで、かつてはデリケートなものであったプラスチックレンズが、丈夫な精密レンズとなりました。

デメリット:

きついジオプター値のメガネレンズは、分厚くて重く不快なことがあります。気温の低い外から暖かい室内に入ると、曇ってしまうことがあります。横になってテレビを観たり、読書をするとき、メガネは扱いにくく不便に感じることがあります。メガネレンズの品質によりますが、レンズの形状によって視界の一部がぼやけて見えることがあります。

コンタクトレンズ – 使い捨てレンズとカスタムメイドレンズ

小さく目に見えないプラスチックのレンズは、メガネの代替品として使用されます。最新のカスタムメイドのコンタクトレンズは概して、あらゆる種類の視覚問題を正確に補正します。近視用、また遠視用のコンタクトレンズがあります。現在、技術が非常に進歩し、老眼のためのコンタクトレンズもあり、これらは多焦点コンタクトレンズとして知られています。

メリット:

コンタクトレンズは、対象物の微妙な拡大または縮小を行います。視界の横隅も鮮明で、メガネの様に、端に遮られることはありません。コンタクトレンズは、船員やシェフ、俳優、アスリートなど職業によっては重要な問題である曇りを懸念する必要がありません。さらに、左右の目の異なる視力障害も簡単に矯正することができます。

デメリット:

コンタクトレンズは装着する際に、ある程度の器用さが求められます。長時間の装用は目の酸素供給を妨げます。購入時にそのコンタクトレンズが酸素透過性に優れていることを確認してください。ドライアイ を患っている人はハードレンズを使用する必要があります。一般的にコンタクトレンズへの耐性は人によってそれぞれであり、装着後直ぐに慣れる人もいれば、時間がかかる人もいます。コンタクトレンズはメガネよりも頻繁なメンテナンスが必要です。不適切な管理や汚れは感染症につながるため、このことは特に重要です。多焦点コンタクトレンズは、使用者の中には遠くと近くを切り替えるのが困難と感じる人もおり、慣れるまで少し長い時間を要します。

レーザー手術 – わずかな施術で大きな効果

カールツァイス・メディテックの新しいReLEx™ SMILE治療法は、レーザー治療に革命をもたらしました

カールツァイス・メディテックの新しいReLEx™ SMILE治療法は、レーザー治療に革命をもたらしました

レーザー手術による視力障害の矯正は約20年間行われています。施術にはさまざまな種類があり、フェムト・レーシック(Femto-LASIK)、レーシック(LASIK: laser in situ keratomileusis、レーザー照射による近視矯正術)、ラセック(LASEK: laser-assisted subepithelial keratectomy、レーザー照射による角膜上皮切除術)、PRK (photorefractive keratectomy、レーザー屈折矯正角膜切除術)、切開が最小ですむリレックススマイル(ReLEx SMILE)治療法などがあります。患者に最も適した方法を医師が判断します。フェムトレーシック(Femto-LASIK)は、最も知られており、最新の手法です。フェムト秒レーザーを使用し、角膜から薄いフラップを切り取り、端に付着部として整えます。その後、数秒以内で、エキシマレーザーで組織を削り各種の視力障害を矯正します。遠視は凸にするのに対して、近視の場合角膜は平らに近づけます。施術が完了すると、フラップを元の位置に戻します。施術後、患者はかつてのように鮮明に対象が見えるようになります。適切な施術を行う上で最も重要な点は、レーザー手術を行えるかどうかを外科医が判断する点です。現在、施術は外来で行うことができ、通常数分で完了します。

カールツァイス・メディテックの新しいReLEx™ SMILE治療法は、レーザー治療に革命をもたらしました

他のすべての方法とは違い、カールツァイス・メディテックの最新ReLEx SMILE治療法は、角膜フラップを剥がす必要がなく視力障害を治療できる初の施術法です。この施術は目への侵襲が圧倒的に少ないのが特徴です。レーザーを用いて、完全なままの角膜にレンティクルと呼ばれる屈折角膜片を作成し、後にこれを4mm以下という角膜の小さな切開部から取り除きます。従来の施術(レーシック)よりも角膜上皮の切開創が80パーセントも少なくなり、処置の時間も短くすみます。

メリット:

施術後はメガネが必要なくなります。現代のレーザー矯正術をもってすれば、老眼の矯正も可能です。レーザー手術は、視覚障害があっても、メガネの装用に慣れることができない、またはコンタクトレンズへの耐性がない人にとって、適切なソリューションになります。視覚障害を矯正できるジオプターの範囲は使用する施術によって変わります。たとえば、ReLEx SMILEはマイナス10ジオプタまでの近視を治療することが可能です。その他の要件:目が完全に発達しており(一般的に患者は18歳以上である必要があります)、遠視・近視の度合い(乱視の有無に関わらず)が過去2年で変化していないこと、また角膜が一定の厚み以上なくてはいけません。経験のある医師によって行われれば、非常にリスクの低い手術です。

デメリット:

レーザー手術は、原則的に健康な器官に行われる侵襲的な手法です。潜在的な副作用や合併症として挙げられるものに、一時的なドライアイがあります。こういった症状は最大12週間続きます。処置が成功しても、視力障害は完璧に治らないこともあり、メガネをかけ続ける必要がある場合があります。糖尿病患者に加えて、自己免疫疾患を患っている患者は、症状により角膜の損傷につながる恐れがあるためレーザー手術を受けるべきではありません。海外の安価な施術は、大きな欠陥があるため注意が必要です。

関連記事

あなた個人の ツァイス レンズ設定
矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?
メガネは何本くらい必要なものでしょう?
ZEISSが遠近両用レンズを再定義します。
パーフェクトなレンズ設計に隠されている秘密
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK