Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

超薄型・超軽量・超クリアな視界

中心厚最適化はメガネをさらに優れたものにしました:良く見えて、ルックスもよく見えるのです

新しいメガネを探している人が期待するのは、スタイリッシュなスタイルだけではありません - まず第一にメガネはかけ心地がよくなければなりません。プラスチックメガネ のお かげで、今日の光学レンズは超軽量で、ほとんど重さを感じなくなりました。メガネを外した後も、顔に跡が残ったりすることはありません。重いメガネで頭痛に悩むことももうありません - 正しく調整されたメガネのおかげです。最新の進歩によって、さらに嬉しいニュース があります:中心厚最適化によって、品質を妥協することなくさらに薄いレンズを作ることができるようになったのです。

超薄型・超軽量・超クリアな視界

ガラスのブロックのように厚いメガネレンズ - 幸運なことにそれはもはや過去の話です。 コンピューターを使った OPTIMA. と呼ばれる技術によって、光学機器の世界はめざましく進歩しました。この技術はメガネレンズの端と中心の厚みを技術的に可能な限界まで最小化するものです。

大ニュース: OPTIMAによって、メガネのレンズは選んだフレームの形に合わせて正確に 計算されるため、従来よりもずっと薄く作ることができます。

 

中心厚最適化の利点: メガネレンズの裏側全体がさらに薄く削られます。もちろん屈折率 やプリズム効果に変化はありません。このようなレンズは従来のメガネレンズとは重要な点で異なっています:製造過程でレンズは筒のように丸い形ではなく、完成時の形に近い形をしています。このためレンズは、はめ込むのに必要などんな薄さにも削ることができるので す。

次の要素が重要な役割を果たしています:

 

  • メガネレンズの形と大きさ
  • フルフレーム、 ナイロールのはめ込みタイプ、またはフレームなしタイ
  • センタリングデータ
  • メガネレンズの材質
  • 屈折率とプリズム効果
  • メガネレンズのタイプ(単一視力、二焦点、三焦点または累進レンズ)


OPTIMAによってレンズは少なくとも0.5mm薄くすることができ、フレームとセンタリングのデータが得られる場合とても有効な方法です。OPTIMAの注文を受けると、OPTIMA顧客サービスセンターではまず薄さが達成可能かどうかを判断します。

薄くて軽い眼鏡レンズ

 

関連記事

あなた個人の ツァイス レンズ設定
矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?
メガネは何本くらい必要なものでしょう?
ZEISSが遠近両用レンズを再定義します。
パーフェクトなレンズ設計に隠されている秘密
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK