Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

最高の視界のための優れたメガネ

視力検査は個人の視力障害を明らかにします。その結果に基いて、眼鏡店は患者がはっきりした視力を取り戻すことのできる最適なレンズを処方します。

私たちが得る情報の80%は、目を経由して脳に送られます。しかし、まるで魔法のように、目の力は衰えていきます。英国人口の少なくとも47%は屈折異常に悩み、16歳以上からメガネを掛けなければなりません(参照: The Global Need for Refractive Correction, University of Oxford, 2008)。その問題は、視力検査によりすぐに発見することができます。

最高の視界のための優れたメガネ

最高の視界のための適正なメガネ

遠視(遠くの物だけがはっきり見える)、近視(近くの物だけがはっきり見える)、乱視(角膜の歪みのためにぼやけて見える)、老眼(累積近距離屈折異常)のどれであっても -適 切なメガネレンズはどんな 視力異常 も矯正します。 

私たちの目は精巧なカメラのように働きます。角膜と水晶体はカメラのレンズにあたります。これらは光を集めて網膜上に像を映します。目の順応性はレンズの焦点を合わせる機能を果たします。それは遠くのものや近くのものを正確に見えるようにする点で、カメラに似ています。けれども、このようにうまく機能する目に頼れるのはほんの少数の人たちだけです。

 

そのため、遅くとも 40歳からは 全ての人が毎年視力検査と眼科検診を受けるべきです。眼科医はあなたの視力の鋭敏さをチェックします。嬉しいニュースがあります:どんなタイプの屈折異常であってもそれに対応する適切なメガネレンズがあります。

 

目の異常と眼組織の変化をチェックする眼科検診を定期的に受ける必要があります。

ビジョンアニメーション視力とはどのような仕組みで機能するものなのでしょうか。

詳細

メガネ店での相談

メガネ店での相談

近視
目の屈折率が低すぎるので、網膜上にはっきりと像を映すために凸レンズで矯正します。

遠視
目の屈折率が強すぎるので、網膜上にはっきりと像を映すために凹レンズで矯正します。

乱視
目の屈折率にむらがあるため、網膜上にはっきりと像を映すために円柱レンズで矯正します。

老眼
近いところを見る時の屈折率が弱いので凸レンズで矯正します(読書用メガネ)。その結果、近くのものが網膜上にはっきりと映るようになります。

今日、メガネレンズには実に多くの種類があります。どんな視覚異常であっても、それに適したメガネが見つかります。専門家はレンズを次のように分類しています:

単一視力レンズ
このタイプのメガネレンズはその表面全体にわたって同じ矯正効果があります。どのような距離についてもはっきりとしてリラックスした視覚をもたらします。

例えば読書する時など、異なる距離の物を見る時に必要な調節機能は本人の目が受け持ちます。老眼用の読書メガネはこの例外です。なぜならこのレンズは近距離に適しているからです。

近代技術のおかげで、今ではレンズを極限まで軽量化することができます。重度の屈折異常の場合でさえ、スリムで 薄型のメガネレンズ があり、とても快適に使用できます。

ZEISS製品は透明メガネレンズでも紫外線を十分吸収するので、通常の気候条件であれば UVケア は十分です。

融合した付加レンズがはっきりと見えます

融合した付加レンズがはっきりと見えます

二焦点レンズ
名前から分かるとおり、このメガネレンズには2つの光学的効果があります - 近距離と遠 距離用です。

 

天然ガラスの二焦点レンズは、付加レンズが元のレンズの下側に融合しており、近くを見る時に必要な屈折率を作っています。有機ガラスの二焦点レンズは、前面に小さな範囲が成型されており、近くを見る時の屈折効果を作ります。今では累進多焦点レンズが二焦点レンズに代わりつつあります。

三焦点レンズ
遠距離と近距離に加え、このレンズにはもう1つ、中距離(50cmから1.5m)範囲専用のゾーンがあります。累進多焦点レンズが登場したため、三焦点レンズも急速にその役割を失いつつあります。

累進レンズに人気集中

累進レンズに人気集中

累進レンズ
革新的スター - 現在発売中の近代的な累進レンズは二焦点レンズや三焦点レンズに比 べずっと優れた利点を持っています。累進レンズはどんな距離の物もはっきりと見ることができるのです。視界の中で物が急に飛び出したり、端と端がつながらなかったりすることはありません。 

すでに1983年に、 ZEISS はGradal HS法によって累進レンズの新しい標準を打ち立てて いました。HSとはHorizontal Symmetry(水平対称)の頭文字です。視線を移動した時、右目 と左目の視覚を均質に保ちます。

Gradal Top Eによって、視覚範囲、特に中距離の視野がずっと広がり、使用者の生理学的 必要に合わせられるようになりました。Carl Zeiss初のカスタムメイドの累進レンズは2000年に登場し、今日までずっと発展を続けています。最新世代のシリーズは Gradal Individual EyeFit です。個々の使用者に必要な機能を持たせ、最適化が可能です。さら に加えて、個人の特徴、たとえば瞳の間の距離、角膜の頂点間の距離、フレームのサイ ズ、普段近距離を見る時の主な距離などを全て考慮します。

遠近両用累進レンズの範囲

 

関連記事

視覚を理解する:視覚の根本的な仕組みに対するZEISSの研究
パーフェクトなレンズ設計に隠されている秘密
新しいメガネでより良い視力を。
カール・ツァイス、エルンスト・アッベとオットー・ショット - A Winning Team
まばたき、涙、そして「星」が見える
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK