Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

バイクとオープンカーに乗る人に適切なレンズ

より安全な運転: 適切なレンズで運転を楽しんでください

春の訪れを告げる楽しみは暖かい日差しや草木や花の彩りだけではありません。春になるとたくさんのオープンカーやバイクが道路を走る光景が見られます。太陽の光を肌に浴びて、花の香りがふわりと鼻をくすぐるのを感じるのはとても心地よいことですが:もしサングラスをかけていなければ、バイクやオープンカーでの楽しいドライブの後で後悔することになるかもしれません。

バイクとオープンカーに乗る人に適切なレンズ

もしあなたがバイクやオープンカーの楽しさを全て満喫したいなら、高品質レンズと完全にフィットするフレームは必需品です。サングラスをかければ、運転者は太陽のまぶしさ、顔に当る小さな昆虫や風から目を保護することができます。

サングラスを買う時に考慮するべきことがいくつかあります。

適当なフレームを選ぶ時には、実用性が重要です。メガネはヘルメットをかぶっているときも楽にかけたりはずしたりできるものにします。あなたの頭の形にぴったりとフィットし、はずしたときに跡がつかないものを選びます。メガネ店では多くの種類のメガネを取り揃えています。特にバイクに乗る人は、レンズは耐衝撃性のプラスチック、フレームは柔軟性のある平らなサイドチップのついている軽いものを選べば、たとえ事故など最悪の状況にあってもメガネによって怪我をするリスクは低くなります。鼻パッドも同じく柔軟性のあるものを選び、ヘルメットをしっかりかぶっても顔に跡がついたリ、痛みを感じたりしないようにします。オープンカーを運転する時はフレームの選択肢は空のように限りがありません。

バイクに乗る人のためのヒント: ヘルメットは色つきバイザーのないものが理想的です。これは多くの国で禁止されています。調光、あるいはセルフ・カラーレンズにしましょう。現在最高のものは「PhotoFusion」レンズです。このレンズは明るさに反応するコーティングがしてあるため、目を最適に保護します PhotoFusion®:どんな明るさにも反応してレンズの明暗が変わるので、いつでも視界は快適です - まぶしさを感じません。さらに:バイク用メガネを選ぶ時には必ずあなたのヘルメットをメガネ店に持って行ってください。

バイクとオープンカーに乗る人はプラスチックレンズを選んでください。プラスチックレンズはガラスレンズに比べ耐衝撃性に優れています -それに軽量です。極めて重要なのは反射防止コーティングと、プラスチックレンズの場合は擦り傷防止強化コーティングです。あるいは、まぶしさを防ぐ特殊技術で加工したZEISS製のレンズ、偏光レンズなどを選ぶこともできます。このレンズは分散した光と明るい面に反射した光をカットし、激しいまぶしさを最小に抑えます。雨が降った後の路上などに目のくらむような太陽の光が反射している場合でも安全です。

ZEISSの偏光レンズの一つにプレミアムSkyPol®ソリューションがあります。このレンズは偏光レンズの数々の利点に加え、色とコントラストをより鮮明にする効果があります。

Clarlet® Loop は極めて独特でファッショナブルなレンズです。特別な技術のおかげでメガネをかける人は、累進レンズ、単一視力レンズ等どんなタイプのレンズであっても、ファッショナブルなフレームやスポーツフレームを選べるようになりました。 これらのレンズの最新の設計と生産法は使う人に最高の使用感をもたらします。風やほこり、昆虫などから目を守るだけではありません。限定的な視力や目のストレスはもはや過去のことです。他の利点:このレンズは非常に軽く、耐衝撃性に優れています。

バイクとオープンカーに乗る人にとって大切なのは、いちいち頭を回さなくてもバックミラーやサイドミラーがよく見えることです。そのため、非常に小さい形のレンズは不適切です。

関連記事

夏といえば、サングラス。
調光メガネレンズ:すべての人に快適でリラックスした視界を
余分にスペアのメガネをもつことの利点は何でしょう。
なぜ2つ目のメガネを持つことに価値があるのでしょう。
冬にサングラスが大切な理由
 

We use cookies on this site. Cookies are small text files that are stored on your computer by websites. Cookies are widely used and help to optimize the pages that you view. By using this site, you agree to their use. 詳細

OK