Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

なぜ2つ目のメガネを持つことに価値があるのでしょう。

多くの場面で、2つ目のメガネがあなたにとって最も大切な装備品となるのです。

高級ではないけれど、とてもスマート:2つ目のメガネは、単にルックスを変えたい時、または普段愛用しているメガネを無くしたり忘れたりしたときに意味を成すだけではありません。老眼の方、コンタクトレンズを装用される方、パソコンを使ったお仕事をされる方、または日よけやスポーツ用に – 2つ目のメガネは、しばしば完ぺきでリラックスした視界をもたらす唯一の道具となります。

なぜ2つ目のメガネを持つことに価値があるのでしょう。

誰しもが二つ目のメガネを持っているわけではありませんが、メガネを装用する方であれば、単にトレンドを取り入れるという意味や、ルックスを変えるといった理由からではなく、2つ目を手に入れることを検討すべきでしょう。普段愛用しているメガネが見つからない場合でも、すぐに2つ目のメガネに手を伸ばすことができます。2つ目のメガネは緊急時に、特に視力がとても悪い方には命綱となります。普段愛用しているメガネが壊れたり無くなったりすると、視力が悪い方はほとんど物を見ることができず、実際、自分ではどうすることもできなくなります。それだけではありません:多くの場面や場所で、適切な2つ目のメガネはその特定の条件に合った、特に良い視力を保証するのです。

必須アイテム:コンタクトレンズ装用者の2つ目のメガネ

コンタクトレンズ装用者 は良質な2つ目のメガネの購入を検討すべきでしょう。移動中や旅行中には特に便利です。コンタクトレンズはすぐに無くしてしまいがちだからです。コンタクトレンズだけに頼っていると、旅行中に万が一無くしてしまったりすれば、当初の期待の半分程度しか楽しむことができません。特に海外への旅行中に代わりのメガネを見つけることは容易ではありません。

コンタクトレンズ装用者は、一般的に、夜、家にいる時にはコンタクトレンズではなくメガネを装用するほうが楽だと感じています。あなたも是非お試しください。

老眼の方の累進レンズを補う2つ目のメガネ。

累進レンズの装用者は、多くの場合、老眼鏡を「便利な2つ目のメガネ」と考えます。近距離を見るために設けられた大きな視野のおかげで、リラックスして読書することができるからです。

周知の事実というわけではありませんが、2つ目のメガネのおかげで、よりリラックスした視界が得られるようになり、そのため職場での集中力が高まるといった話もあります。M.I.D技術により、こうしたことが可能となりました。M.I.Dは最大中距離を意味します。それはカールツァイスビジョンによって開発された新しい技術で、装用者の特定のニーズのために最大焦点距離を決定します。この技術により、装用者それぞれの視力と職場環境に合わせて、ZEISSメガネレンズを調節することができます。結果:最適な視界を得るために、近・中距離(1-4メートル)の非常に大きな視野を備えたメガネレンズが誕生しました。このメガネを用いれば、一人ひとりの業務で要求される正確な視野範囲で、ベストな状態で物を見たり、作業を行ったりすることができます。

良質なサングラス:日よけ用の2つ目のメガネ

サングラスは2つ目のメガネとして所有すべき特に重要なタイプのメガネです。サングラスは、スタイリッシュなだけでなく、目を有害な紫外線から守ってくれます。ZEISSの精密 サングラスレンズ はすべての処方に対応可能です。

様々な色調、偏光、カラーからお選びいただけ、各個人それぞれのニーズに合わせて作ることができます。良質なメガネレンズは少なくとも99%の紫外線を吸収します。さらに、偏光フィルタが反射光(水面に反射した光など)を遮断します。

運動中のより良い視力:スポーツ用の2つ目のメガネ

スポーツ用メガネ は丈夫で、耐破損性に優れ、軽量で、付け心地が良くなければなりません。スポーツの種類に応じて、様々な特別な追加機能が備わっています(例:色調, 遮光フィルタ, カーブレンズ)。

しかし万能タイプのスポーツ用メガネは存在しません。事実、一つ一つのスポーツに、それぞれ最適なメガネおよび適切なメガネレンズ機能が存在するのです。眼鏡店で、あなたが行うスポーツとスポーツメガネに求める要素を正確にお伝えください。

 あらゆる場面で確かなこと:2つ目のメガネが手元にある方はすでに安全策を取っている方です。代用のメガネが普段愛用しているメガネと同様に、現在の自分の視力に合うよう、きちんと調節されていることをご確認ください。

関連記事

あなた個人の ツァイス レンズ設定
ZEISSが遠近両用レンズを再定義します。
パーフェクトなレンズ設計に隠されている秘密
新しいメガネでより良い視力を。
正しいレンズコーティングの選び方 10のヒント
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK