メガネレンズのお手入れはどうすれば良いのでしょうか?

メガネを適切に扱えば、 くっきりとした視界をもっと簡単に保てます。ヒントはここにあります。

現在の最新メガネレンズは、まさにテクノロジーの奇跡と言えるでしょう。できるだけ長くメガネを使い続けるために重要なことは、高品質のレンズコーティングが施されているかを確かめ、ていねいに手入れをすることだけではありません。有害な外的要因が引き起こすダメージからメガネを保護することも重要です。

メガネを適切に扱えば、 くっきりとした視界をもっと簡単に保てます。ヒントはここにあります。

メガネを適切に扱えば、 くっきりとした視界をもっと簡単に保てます。ヒントはここにあります。

近視、遠視かどうかに関わらず、ぴったり合ったメガネレンズを使用すれば、はっきりとした視界が簡単に手に入ります。個別処方に合わせて調節してもらったメガネであれば、何年も使い続けることができるでしょう。そのために重要な条件をひとつ挙げるとすれば、それはメガネレンズをきちんと手入れし、適切に取り扱うことです。先進技術を駆使した最新のメガネを不適切に取り扱うと、レンズの引っかき傷やその他の損傷につながります。



特にプラスチックレンズには、このことが当てはまります。ハイテクコーティング は、極薄の割れやすいプラスチックレンズにも最高レベルの保護を提供しますが、それでも引っかき傷ができる可能性がなくなるわけではありません。 結果としてレンズの透明度が低下し、レンズを通して物が見えにくくなり、視界が明瞭でなくなります。しかし、それらの発生を防ぐこともできるのです。ここに、いくつかのヒントがあります。

マイクロファイバーレンズクロス

日常的なメガネケアでは、マイクロファイバー製のレンズクロスのみを使うことがポイントです。こういったレンズクロスはあらゆる眼鏡店で購入できるでしょう。ほこりや汚れがクロスにしっかり付着します。ドライクリーニングとして知られるこの汚れやほこりの粒子を取り去る手順は、たとえ移動中であっても、どこででも行えます。メガネレンズが非常に汚れている場合は、最初の手順として、ぬるま湯で洗ってください。少量の食器用洗剤を落とすと、クリーニングをより効果的に行えます。しかし油脂石鹸を使用しないよう気を付けてください。めがねレンズの表面に油脂の膜が残り、不快な汚れになります。ビジョンケアの専門家から購入できるレンズクリーニング用のスプレーも、とても効果的です。スプレーを使用してクリーニングを行った後は、メガネレンズを乾いたレンズクロスで拭きます。

衣服は、レンズクロスの代わりとして相応しくありません。

メガネレンズは、T シャツやセーター、その他の繊維製品と相性が良くありません。最も簡単な方法であり、つい行ってしまいがちですが、メガネを着ている洋服で拭くことは決してお勧めできません。メガネレンズを引っかく可能性が非常に高いからです。実際、引っかき傷は、レンズを磨いても取り除くことができません。つまりレンズにできた損傷は永久的に残るのです。

時々メガネのクリーニングをしてもらうために、眼鏡店に出向く価値はあるでしょう。眼鏡店には、メガネをやさしく丁寧に、隅々まできれいにするための特別な装置があります。これら装置の中で最も注目すべきなのは、超音波洗浄です。このプロセスでは、メガネが専用の容器に配置され、数分もしないうちに、超音波振動によって非常に効率的にメガネが洗浄されます。このクリーニング方法は、レンズだけでなく、フレームもきれいにしてくれます。現在では家庭で使用できる装置も販売されています。装置の購入を考えているのであれば、専門家のいる店を訪ねて、専門的なアドバイスを得ることをお勧めします。なぜなら、超高振動で動作する装置だけが、メガネを非常に美しくクリーニングすることができるからです。

高温および低温に注意しましょう

メガネのケアを日常的に正しく行うだけでなく、メガネを適切に取り扱うことも重要です。当然のように聞こえるかもしれませんが、メガネの取り扱いについて、ここにもうひとつヒントがあります。 絶対にレンズの面を下に向けてメガネを置いてはいけません。メガネを折りたたんで、レンズがフレームの上に位置するように置きます。また、メガネを探す面倒がないように、いつも同じ場所にメガネを置くことをお勧めします。そうすれば、メガネはいつもその場所にあり、簡単に見つけられます。ここでもう一つ挙げておくとすれば、座席や椅子、ソファーは、メガネを置く場所としてまったく相応しくない、という点です。偶然その上に座ってしまう可能性がとても高いためです。

夜間など、メガネを長い間かけない場合は、適切なメガネケースにしまうことが最善の策です。このアドバイスは、特に犬を飼っているメガネ装用者に関係があるでしょう。あなたのメガネのフレームを楽しく噛んでいるペットの姿を目にするかもしれません。時には、レンズまでも噛んでいることがあるでしょう。そういったペットの行動は、あなたを苛立たせるだけではありません。あなたの飼い犬にとってとても危険です。

そのほかにもメガネおよびメガネレンズが苦手とするもの、それは高温です。夏でも冬でも季節に関係なく、直射日光の当たる場所にメガネを放置しないでください。特に、車のダッシュボードに置くことは避けてください。ラジエーターも、メガネにとっては良くありません。また、サウナに行く時は、メガネをかけて行かないほうが良いでしょう。冬の寒い時期もメガネにダメージを与える可能性があります: 非常に低い温度にさらされると、めがねの変形を招きます。冬の夜、メガネを車内に一晩中置いておくのは良くありません。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細