Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

メガネのクリーニングとケア

メガネのケアのためのヒント

ほんの一瞬で- レンズに指の油脂がついてしまったり、ゴミやほこりがついて視界が悪くなったり、湿気で曇った膜ができてしまったりします。どうしたらよいでしょうか?多くの人は次善の選択をします - ティッシュペーパー、自分のネクタイ、あるいはセーターやブラウスの袖口を使います。実はどれもレンズにとって良いものではありません。正しいケアを行えば、あなたのメガネはより長く使うことができます - そしてより良い視力もずっと長続きするのです。

メガネのケアのためのヒント

メガネのケアのためのヒント

メガネをかけている人の多くは、間違ったメガネケアがメガネを痛めつけていることに気付いていません。ティッシュペーパーを例にとってみましょう: ティッシュペーパーでメガネを拭くと、レンズについていたゴミがティッシュにつき、レンズを引っかきます。この細かい擦り傷はガラスを摩損し、最終的には傷になります。

 

そのため、レンズを拭くのに最適なのはマイクロファイバークロス(ZEISS社製などの)です。このクロスはレンズを傷つけずに油分や水分を拭き取ることができます。メガネを定期的にクリーニングする時は、まず水道の水でゴミやほこりを流してください。次に、水で薄めた中性洗剤で洗い、マイクロファイバークロスで優しく拭き取ります(絶対に強くこすってはいけません)。ヒント: 毎日のメガネケアのために特別に作られたメガネケアセットもあります(ZEISS製にはスプレータイプとウェットティッシュタイプがあります)。これらはメガネを優しく完全にクリーニングします。また、静電気を防止するためゴミやほこりがつきにくく、きれいな状態が長持ちします。

クリーニングのお勧め: マイクロファイバークロスは40℃以下のぬるま湯で洗い、柔軟仕上げ剤は使わないでください。柔軟仕上げ剤を使うと次にメガネを拭いたときに拭き跡が残ってしまいます。

 

実際、プラスチックにしてもガラスにしても、一度ついてしまった傷は取り除くことはできません。予防することが最善です。もしメガネに傷がついてし まったら、すぐにメガネを取り替えなければなりません。多くの人は傷を外見上だけの問題だと考えていますが、光が傷跡のミクロの溝で分散するため、目に不快感を 与えます。

フレームの適切なケアのために、6か月ごとにメガネ店で超音波エマルジョンをしてもらうことをお勧めします。実際どこのメガネ店でもアフターケアサービスとしてこの集中クリーニングを行っています。ほんの数分で、あなたのメガネとフレームは新品のような光沢を取り戻します。

忘れないでください: あなたのメガネには自分の家が必要です。メガネを使用していないときはハードケースに入れておくのが最善です。ケース以外のところにメガネを置かなければならないときは、安全な場所に、必ずレンズを上に向けて置いてください。

さらにもう一つ: 80℃以上の高温はどんなに丈夫なレンズやフレームにもダメージを与えます。特に有機レンズは高温や激しい温度変動がある場所に保管しないでください。コーティング(反射防止コートなど)の耐久性が低下するおそれがあります。激しい 温度変動のある場所では、ベースのガラスとコーティング材の構造の違いにより、破損を起こすことがあります。しかし、ZEISS製レンズは冬の氷点下の温 度の中でも品質に変わりはありません。

忘れないでください: サウナに長時間入っていたり、夏、車のダッシュボードに置いておくのは、ケースとメガネのどちらにとっても良くありません。

関連記事

あなた個人の ツァイス レンズ設定
メガネは暮らしをこんなに快適にします
矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?
メガネは何本くらい必要なものでしょう?
ZEISSが遠近両用レンズを再定義します。
 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK