Back To Top

アイケア&目のトラブル予防

目を健康に保つために

アイケア&目のトラブル予防

目で微笑む方法

アイケア&目のトラブル予防

あなたの目に最高の保護を

アイケア&目のトラブル予防

人によってものの見え方が違うのはなぜでしょうか?

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

アイケア&目のトラブル予防:よい視覚を保つためにできること

私たちの眼はとても特別な器官です。脳と非常に密接に連携しながら、眼は、他の器官とは比べものにならないほど私たちに周囲の環境を体験させてくれます。そして、私たちは一人ひとり、環境の中で別の体験をし、人それぞれ違う受け取り方をします:つまりすべての人は、見え方が違うのです!何が見えるか、ということは、視力だけでなく、私たちが何を見たいと思うか、という個人的な趣味、経験や記憶などに基づいたすべての条件によって大きく左右されます。私たちが得る情報の80パーセントは、眼から入ってくるものです。

眼が、「世界に向かって開かれた窓」と言われるのも、そのような重要性をあらわしています。そして目は、私たちの感情を反映させます。例えば幸せだったり悲しかったり、ストレスを感じたり、疲れていたり。そして、これらの感情が私たちの視覚にも影響を与えることがあるのです。眼の検査でストレスを感じているときと、よい気分でリラックスしているときでは、検査結果は違うものになります。また日中、目にしたものは、一晩中私たちについて回ります。睡眠中、私たちは目に写った画像の処理をします。胎内の赤ちゃんすら、光を感じとっています。

だからこそ、私たちは眼を守り、細心の注意を払って大切にすべきなのです。言い方を変えるなら、定期的な眼の検査は、必要不可欠のものなのです。

 

私たちの眼は、現代社会で様々な挑戦に直面しています。

昨今の私たちの生活では、パソコンや、ノートブック、スマートフォン、タブレットやテレビなど、同じ距離にあるものを長時間凝視する場面が非常に増えています。これは眼精疲労につながり、場合によっては夕方には頭痛、肩こり、背中の痛みとなって現れます。

眼のトレーニングを行うことに効果があるかについては、議論があります。しかし、ひとつ必ずお勧めできることもあります。長時間近距離に視線を集中させた後には、日中でも小休止を入れて、眼を休ませてあげてください。やり方はとても簡単です。定期的な間隔で、何かに眼を凝らすことなく、漠然と遠くを見るようにしてください。できるなら一時間に一度、五分間ほどが良いでしょう。

もちろんこれは大人だけに当てはまることではありません。視力を最大限に発達させるために、子どもの眼には近距離と遠距離の両方で、できる限り様々な刺激を与えなくてはなりません。本を読んだり、絵を描いたり、タブレットやパソコンでゲームをしたり、近距離ばかりを見る室内活動が多い子どもに近視眼が多いことは周知の事実です。

運動、日光浴、バランスの取れた食事は、眼だけでなく、身体全体の健康にとり重要です。日中の十分な水分補給を行うこともお忘れなく。アンバランスな食事(酸性過多でビタミンや栄養が不足するような食品が多すぎる場合)、たばこ、薬、運動不足は、眼によくありません。最近循環器の不調は多くの眼疾患の主な要因と見られています。直射日光の浴びすぎも、眼に悪影響を与える危険があります。適切な予防措置をとってください - あなたの眼も感謝することでしょう。

詳細

目を健康に保つために

私たちの最も重要な感覚器官は、大切に扱われ保護されることが必要です。この意味において、多くことが考えられます。

詳細

目で微笑む方法

メガネをかけているかいないかに関わらず、目はコミュニケーションの重要な要因です。メガネをかけている方が目で微笑むためのヒントを 3 つご紹介します。

詳細

人によって、ものの見え方が違うのはなぜでしょうか。

豊かな色彩、より良い夜の視界、はっきりとしたコントラストが見える - 視力に関してのポテンシャルを最大限に引き出すためには

詳細

 

また、眼を定期的に検査することもとても重要なことです。

オンラインビジョンチェックへ

大人(既往症のない場合)は以下のような頻度で眼の定期健診を受けましょう:

a. 20~39歳 この期間中に少なくとも3度
b. 40歳以上 少なくとも2~3年に一度
c. 65歳以上 1~2年に一度

子どもは以下の頻度で眼鏡士による視力検査を受けましょう:

a. はじめての視力検査は遅くとも 2歳~3歳半の間に
b. 二度めの検査は学校にあがる前に
c. それ以降は一年おきに - 仮に目立ったトラブルがなくても、視力低下のわずかな兆候をできる限り早い段階で発見するために
d. すべての未熟児、そして両親や兄弟に斜視や高度の視力障害がある子どもは、月齢6ヶ月~12ヶ月の間のできる限り早いうちに検査を受け、その後も定期的に受けることをお勧めします。

視力・視覚検査は、どの程度の頻度で行うべきでしょうか?視力・視覚検査は、どの程度の頻度で行うべきでしょうか?
縮小縮小

あなたの目に最高の保護を与えてください

非常に繊細で、そしてかけがえのないもの: 目には多くの危険があり、中には破滅的結果を及ぼすものもあります。

詳細

暗い明かりでの読書は目を傷めるでしょうか?

「暗い明かりでの読書は目を傷める」、これは誰もが聞いたことがある一般的認識です 。しかし、最近の研究は、それが全く真実ではないことを示しています。

詳細

薬によって視力に害が及ぶことがあります

薬によっては服用する際に注意する必要があります。ある特定の状況下では、目に損傷を与える可能性があるからです。

詳細

目のアレルギー - 即効対策

効果的に治療し、効果的に守るには

詳細

ドライアイ – 眼に熱や痒みを感じるとき、どうすれば良いでしょう。

ドライアイは、眼科を訪れる理由として良く挙げられる症状です。

詳細

健康問題‐涙目‐

もしあなたの眼が常に涙目であれば、眼の状態が原因になっている可能性があります

詳細

アイケア&予防関連の最新記事

 

矯正されていないメガネや不適切な光環境は、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?

目に負担をかけ過ぎた場合、どのようなことが起きるのでしょうか?
メガネが正確に矯正されていなければ、目の能力を最大限に引き出すことはできません。これは、日常生活の質を低下させてしまいます。レストランのメニューを読めずに不便を感じたり、車の運転に不安を感じたりするなどさまざまな場面が想定できます。ここでいくつかの疑問が思い浮かぶでしょう。メガネの度数が強すぎたり(過矯正)、弱すぎたり(矯正不足)すると、目に悪影響を及ぼすことがあるのでしょうか?視界を正しく補正していないと、どのような影響があるのでしょうか?眼精疲労、または不適切な光環境(明るすぎる、または暗すぎる)は、目にとってリスクがあるのでしょうか?BETTER...

詳細

まばたき、涙、そして「星」が見える

眼という特別な器官
私たちはまばたきをし、泣き、「星」が見えるわけですが、私たちの目がこのような反応を示すのはなぜでしょう?私たちはなぜ、まばたきをするのでしょう?網膜にはどのような役割があるのでしょう?私たちが涙を流すのはなぜでしょう?悲しみの涙と痛みを感じたときの涙とはどう違うのでしょう?そして、眼の内部を見ることで、専門家は病気を診断することもできることはご存知でしたか?BETTER VISIOは、眼という器官を特別にしているものは何か究明します。...

詳細

目のアレルギー - 即効対策

効果的に治療し、効果的に守るには
花粉症の季節です。目が真っ赤に腫れ、涙が出てかゆみが止まらないあのいやな花粉症。メガネやコンタクトの装用者にとり、この悩みは本当に深刻です。犯人は、そう花粉です。アレルギー反応を示す数多くの器官の中で、最も深刻に悩まされるのは、目への影響でしょう。BETTER VISIONでは、目のアレルギーの原因と手当てに注目し、そして急性の症状を軽減する方法を探ってみました。

詳細

我が子にメガネが必要かどうかを知るために。

なぜ乳幼児に定期的な目の検査を行うことが重要なのでしょうか?
大人と同様に、子供も受け取る情報の約80%を目から得ています。はっきりと鮮明な視覚が子供の発達には元来重要です。初めて眼科医にかかる前に親が知っておくことは何でしょうか? 乳幼児にとって最良のソリューションとなるヒントをご提供します。

詳細

健康問題‐涙目‐

もしあなたの眼が常に涙目であれば、眼の状態が原因になっている可能性があります
笑ったり、泣いたりする時に出る涙は正常なものです。涙管が開き、涙が流れ出ます。しかし、はっきりとした理由がないのに涙が流れ出す場合は、何らかの眼の症状が原因かもしれません。こういった問題はすぐに解決できるので、心配はいりません。

詳細

ドライアイ – 眼に熱や痒みを感じるとき、どうすれば良いでしょう。

ドライアイは、眼科を訪れる理由として良く挙げられる症状です。
ドライアイは不快で、痛みを伴うことがあります。 原因として考えられるのは、眼に本来備わる水分の問題、つまり身体が十分な涙液を生成していないことです。 この症状は、環境要因、疾病や医薬品が原因で発生することがあり、眼科医がサポートできます。

詳細

薬によって視力に害が及ぶことがあります

薬によっては服用する際に注意する必要があります。ある特定の状況下では、目に損傷を与える可能性があるからです。
目の異常または目の病気が起こる原因は、必ずしも、視力障害とは限りません。接種する薬によっては、目が正常に機能しなくなる場合もあります。

詳細

目を健康に保つために

私たちの最も重要な感覚器官は、大切に扱われ保護されることが必要です。この意味において、多くことが考えられます。
私たちの目は絶えず、埃、紫外線、異物などといった様々な環境からの刺激に晒されています。そのため、何が目にとって良いもので、また何が損傷を引き起こす有害なものかを知っておくことが重要です。この理由から、ここに便利なヒントを集めました。

詳細

人参は目に良いのでしょうか?

子どもの頃から、私たちは人参は目に良いと教えられてきました。 残念ながら、これはある程度までしか正しくありません。
人参は目に良いのです - そうでないとしたら、その証拠にメガネをかけたウサギを見たことがあ りますか? このたとえはあまり面白くないだけでなく、根拠もありません。 しかし、この健康に関 する通説は何世代にもわたって語り継がれてきました。 ただし、次のことは真実です: 人参には多 くのβカロチンが含まれています。 βカロチンは必須ビタミンAの前駆物質です。もし食生活 にビタミンAが不足していれば、皮膚や髪の生育や状態に悪い影響を及ぼすことがあります。...

詳細

視力の問題が頭痛の原因となるのはなぜでしょうか?

何百万もの人々が頭痛に悩んでいます。これほど蔓延している病気は他にないでしょう。多くの人は、新しいメガネで頭痛が軽減されることを知りません。
目の奥の鈍い重み、ズキズキするこめかみの痛みや頭頂部の強烈な痛み - 頭痛を経験したことのない人はほとんどいません。多くの人が頭痛薬を飲む一方、痛みが自然に消えるまでただ待つ人もいます。その多くが、眼鏡店に足を運び、検診で視覚を検査していれば救われていたでしょう。なぜなら、よく見ることができず、メガネが必要な状態が頭痛を引き起こすことがよくあるからです。

詳細

先端技術のコーティングで、クリアな視界を持続

革新的なメガネ用レンズは、あなたのメガネレンズを最適に保護し、さらに視覚的快適性を向上させる仕上げとなっています。
メガネ装用者にとってメガネレンズのコーティングが重要なことは明らかです。現在、新しいメガネに反射防止メガネレンズやハードコーティングが施されているのは、ほぼ当然とされています。しかしながら、新しい車のオプション機能と同様に、装用者が個々に選択できる品質や仕様には、メガネでもそれぞれ違いがあります。メガネ装用者は自分の眼鏡店と相談の上、自分に合った選択をします。 メガネレンズのコーティングは、保護効果や快適性と同時にワンランク上の外観を提供します。メガネの各装用者とその人々の要求にぴったり合った最適な表面コーティングは、メガネをひとつしかない逸品に変えるのです。ここでは、お選びいただける機能をご紹介します。...

詳細

暗い明かりでの読書は目を傷めるでしょうか?

「暗い明かりでの読書は目を傷める」、これは誰もが聞いたことがある一般的認識です 。しかし、最近の研究は、それが全く真実ではないことを示しています。
おそらく冬は良い本を読むのに最適な季節でしょう。キャンドルライトやベッド横の明かりに照らされての読書は特に快適です。子供たちはポケットライトを持って布団の中に隠れるのが大好きです。しかし、それによって目を傷めるのではないかという恐れは、読書に浸る喜びを軽減されるものです。誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。「電気をつけなさい。目を悪くしますよ!」と。でも心配する必要はありません。 暗い明かりでの読書が目を傷めることは全くありません。ただし、読書用メガネが必要ならそれをかけなければいけません。...

詳細

目のためのエクササイズ

私たちの目は、毎日負担の重い作業を行っています。簡単で軽いいくつかのエクササイズで、目の疲れを癒すことができます
現代のライフスタイルでは、目に大きな負担がかかります。例えばコンピュータで作業を行うと、画面のさまざまなコントラストや明るさに1日あたり最大で3万回も目を適合させなければなりません。この回数は、車の運転やスポーツの場合も同程度です。これによって目が疲れ、涙目、かゆみ、赤目などの症状が現れるのも不思議はありません。これに肩こりや頭痛が伴うこともよくあります。しかし、これは避けられないことではありません。目の疲れを癒すいくつかの簡単なエクササイズを行えば、痛みとは無縁の視力を取り戻すことができます。...

詳細

クオリティライフと自立:低視力補助器具による視力向上

メガネをかけても見えにくくなったらどうしますか?
疾患にしろ老化にしろ視 力の低下はすべての人に起こり得る問題です。個人の視力に合わせた低視力補助器具を使用して、視力をある程度正常化すれば、自立した生活を維持こするとができます。

詳細

とにかくよく見える累進レンズ

ZEISSの累進レンズシリーズは最高のソリューションです - 初めての方にとっても。
新しい累進レンズに慣れるのに苦労している人たちの話を聞くことがあります - めまい、頭痛、肩こりや疲労...そしてもちろん階段から足を踏み外すリスクは言うまでもありません。何週間たってもまだ新しいメガネに慣れず、不快な思いをしている人たちもいます。そのため、初めての人は累進レンズを避ける傾向があります。それでは、初めて累進レンズを買うときにはどんなことに気をつけたら良いでしょうか?

詳細

視覚障害とは何でしょうか?

視覚障害に悩むのは高齢者だけではありません。 この記事では視覚障害者を助け、柔軟性と快適な生活を提供するためにできることをご紹介します。
私たちの多くはメガネをかけたりコンタクトレンズを使用しています。これらの視覚補助器具のおかげで正常に物を見ることができます。 しかし、それでも十分でなくなったらどうしますか? 誰もが、いつか視覚障害に悩まされる可能性があります。 しかし、視覚障害は特に高齢者の間で一般的な問題です。 この記事ではその理由について、また視覚補助器具と周囲の人がどのように視覚障害者の助けになるかを解説します。

詳細

優れた眼鏡店を見つけましょう

世界中で多くの人が視力障害に悩んでいます。 目の健康に関心をお持ちであれば、ぜひ眼鏡店を尋ねて20/20の視力を回復してください。
既にメガネをかけている方、またはこれから買おうとしている方にとって、最良の出発点は専門の販売員のいる眼鏡店です。 あなたのニーズを満たす最良の眼鏡店とは? この記事では、視力に問題がある時に相談したり、解決方法を見出す優れたパートナーを見つけるためのアドバイスを紹介します。

詳細

シワ対策

サングラスを忘れずに!
海で遊んだ後、日差しに晒された彼の顔には何が見えますか?もちろん - 目の周りに刻まれた深いシワです。照りつける太陽の下サンデッキに何時間も立っている間、彼はサングラスをかけていませんでした。もしあなたが彼のようになりたくないなら、過度な太陽の光を浴びる時は目を保護してください。さもなければ目尻にカラスの足跡がつきかねません。

詳細

あなたの目に最高の保護を与えてください

非常に繊細で、そしてかけがえのないもの: 目には多くの危険があり、中には破滅的結果を及ぼすものもあります。
仕事場や、リクレーションやスポーツをしている時でも、瞬時に目に何が起きるかわかりません。 視力器官はかけがえのないものです。当然、どんな不必要な危険にもさらすべきではありません。 適切なケアをしている人は安心です。

詳細

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK