Back To Top
CarlとZeissがかなり長い間離れていたことをご存知ですか?

CarlとZeissがかなり長い間離れていたことをご存知ですか?

ドイツが分裂していた頃、Carl Zeiss社はその両側で別々に活動していました。一方は分裂した連邦の東側、もう一方は西側で活動していたのです。第二次世界大戦の終結後、チューリンゲン州はアメリカ軍に占領されていました。その後アメリカ軍は占領合意区域に撤収しましたが、その時84人の実業家と科学者を共に連れて行きました。1946年、彼らによってOptische Werke Oberkochen社が設立されました。これがその後社名を変え、Carl...

詳細

お近くのZEISS取扱店を探す

カテゴリ

ご存じですか?

 

Carl Zeissが白内障患者のために開発中の解決法をご存知ですか?

Carl Zeissが白内障患者のために開発中の解決法をご存知ですか?

白内障 は、全世界で失明の第1の原因であると考えられています。  これは主に高年齢層を襲う疾患で、全症例の90パーセント程度が高齢者に発現しています。 そのような症例を、専門家は加齢性白内障と呼んでいます。 この疾患では、灰色の膜が眼球を覆い視力障害をきたし、失明にもつながります。

詳細

ガラスは金よりも高価なことがある

ガラスは金よりも高価なことがある

私達は毎日ガラス製品に囲まれて生活しています。ガラスのコップ、ガラス窓、冷蔵庫内のガラス棚、そしてもちろん視力を補正するためのメガネがあります。

詳細

Carl Zeissのインテリジェントメガネをご存知ですか?

教室は静まり返っています - 針が落ちる音も聞き取れそうです。9年C組のホームルームでは28人の男女が椅子に座り、次に何が起こるのか興奮状態で固唾を飲んで待っています。生徒全員が未来的な形のメガネをかけています。しかし、これらは従来のメガネではありません。 生徒たちがかけているのは小型モバイルシネマ – Carl Zeiss CINEMIZERです。St. Georgenの Thomas-Strittmatter高校の生徒たちは、サイバー教室の実験中です...

詳細

Carl Zeissのインターネット講義をご存知ですか?

ARD/ZDFメデイアコミッションの調査によると、ドイツ人の60%以上が毎日インターネットを利用しています。平均オンライン時間は1日2時間-インターネットを利用して生涯学習を行うのに十分な時間です。オンライン学習は最新のトレンドに比肩します。また、代替学習の場を設ける大学も増えています。

詳細

Carl Zeissが作り出した新しい趣味をご存知ですか?

双眼鏡とスポッティングスコープを手に、バードウォッチング愛好家たちはずっとこの時を待っていました。鳥をとらえるレンズです。もちろん、どの鳥でも良いというわけではありません-自然界の奇跡ともいえる、ミドリヤマセミなどの珍鳥です。人を魅了するそんな光景が見られたなら、野鳥愛好家たちは長い間待っていたことも忘れてしまうのです。ここ最近、バードウォッチングが人気を集めています。

詳細

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK