Carl Zeissが白内障患者のために開発中の解決法をご存知ですか?

白内障 は、全世界で失明の第1の原因であると考えられています。  これは主に高年齢層を襲う疾患で、全症例の90パーセント程度が高齢者に発現しています。 そのような症例を、専門家は加齢性白内障と呼んでいます。 この疾患では、灰色の膜が眼球を覆い視力障害をきたし、失明にもつながります。

白内障手術

白内障手術

うれしいニュース: 発症した水晶体は、さほど複雑でない外科処置により人工の水晶体インプラントに取り替えることができます。 毎年の白内障手術件数は、ドイツだけでも50万人近くに上っています。

 

Carl Zeissの技術は、その外科処置を行う医師を支援します。 当社は、病変した水晶体を除去するための革新的な装置を製造しています。 Visalis 100は、超音波とバキューム吸引を利用した水晶体乳化処置により水晶体を除去します。 Carl Zeissでは、診断装置から眼内レンズや外科顕微鏡、さらにはアフターケアシステムも含む、白内障治療用の包括的な製品ラインアップを用意しています。

 

新しいVisalis 100システムは、すでにインドの外科医に利用されています。 その簡単な操作と絶対的精度は、間違いなく説得力があります。 眼球外科治療が毎日数多く実施されているアジアをはじめ、新興市場ではこのような革新技術への需要が高まっています。 Carl Zeissは、ビジョン2020-視力の権利プロジェクト(Vision 2020 – The Right to Sight Project)のスポンサーとして、予防可能な失明との戦いや、医療不足地域での眼科医療の育成に努めています。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細