Carl Zeissが作り出した新しい趣味をご存知ですか?

双眼鏡とスポッティングスコープを手に、バードウォッチング愛好家たちはずっとこの時を待っていました。鳥をとらえるレンズです。もちろん、どの鳥でも良いというわけではありません-自然界の奇跡ともいえる、ミドリヤマセミなどの珍鳥です。人を魅了するそんな光景が見られたなら、野鳥愛好家たちは長い間待っていたことも忘れてしまうのです。ここ最近、バードウォッチングが人気を集めています。

バードウォッチング

バードウォッチング

野鳥愛好家の中には、大自然の中で野鳥が飛んでいるのをただ眺めるだけでなく、その発見を写真に収めて家に持ち帰ることのできる幸運な人もいます。どのようにそれができるのでしょうか?デジスコ(digi-scoping)という技術を使うのです。自然愛好家はスポッティングスコープで野鳥を観察するだけでなく、それを使って写真を撮影します。カメラアダプタは、望遠鏡とデジタルカメラをしっかりと連結することができますが、この方法には経験が必要で、観察から撮影モードに素早く切り替えることができません。その結果、貴重な瞬間を逃してしまうのです。

 

そこで新しい解決法があります。Carl Zeissは、デジスコをとてもシンプルなプロセスに変える機器を開発しました。新しいPhotoScopeは、被写体の細かな部分を最高の精度で見ながら、簡単に写真を撮ることができます。高性能スポッティングスコープと、全天候型ボディのデジタルカメラとのユニークなコンビにより実現しました。さらに、600~1800mmの焦点範囲によって、標準型のデジタルカメラと同じように使用することができます。また、リモコンによる手ぶれ防止機能の操作も可能です。このようにして、今では野鳥観察と写真撮影が同時にできるのです。デジスコ愛好者は、今までのようにどちらを選ぶか悩む必要はありません。あなたも新しい趣味をすぐにお試しになりたいですか?

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細