Carl Zeissと写真

メガネレンズとカメラレンズの間にはどんな関係があるでしょうか?

昔から人は記憶を写真の形で記録しておきたいと願ってきました。それは今も同じです。休暇を過ごした夢のようなビーチ、赤ちゃんの最初の笑顔、誕生日パーティーではしゃぐ友達。今日のデジタルイメージ技術の発達によって、撮った写真を自分でさらに活用することが誰にでもできるようになりました。モバイル電話のカメラから一眼レフカメラまで、今は誰もが写真を取る時代です。優れた写真を撮るために重要な役割を果たすのは、レンズです。

優れた写真を撮るために重要な役割を果たすのは、レンズです。

優れた写真を撮るために重要な役割を果たすのは、レンズです。

めがね用レンズの製造だけでなく、 Carl Zeissはアマチュア、プロ写真家用のカメラレンズの製造分野で世界をリードしています。この分野では、メガネレンズと同じく、イメージの再生には精密さとレンズの性能がかかわっています。

写真撮影はどのように始まりましたか?

紀元前350年ごろ、ギリシャの学者達は暗い箱にあけた非常に小さい穴を通して外の世界の景色が、箱の反対側の壁に上下左右逆に映ることを発見しました。

西暦1500年ごろ、レオナルド・ダヴィンチはこの現象を“カメラ・オブスキュラ”と呼びました。これが“カメラ“という名の由来です。初めての写真は1826年ヨセフ・ニセフォール・二エブスによって撮影されました。19世紀前半にはフランスのルイ・ジャック・マンデ・ダゲール (1787-1851) とイギリスの ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット (1800-1877) が写真技術をさらに開発し発展させました。

タルボットのネガティブ/ポジティブ法は写真の再生産を可能にしました。1839年パリのアルフォンス・ギロ社からダゲール型の木製カメラが 初めて発売されました。 

1880年には オットー・ショットが新開発したガラスを使った、新型の高性能レンズが登場しました。Carl Zeiss社に新設された“写真部”ではエルンスト・アッベとポール・ルドルフが新しいレンズを開発しました。

ZEISSのレンズはノキアのモバイル電話からソニー、ローライにも使用されています

ZEISSのレンズはノキアのモバイル電話からソニー、ローライにも使用されています

ZEISS Anastigmat® レンズは1889年に登場しました。この技術があまりに革新的だったため、その後10年間に世界中で10万個ものレンズが販売されました。このレンズとその後発売されたPlanar®Tessar®によって、 Carl Zeiss は写真光学の分野で大きくリードし、その地位は今日でも変わらず、さらに多くの発明を重ねてきました。

 

高性能レンズは、今日の急速に発展するデジタル写真技術にとって必要なだけではありません。Carl Zeissはここにさらなる歴史を作り出します: ZEISSのレンズはノキアのモバイル電話からソニー、ローライにも使用されています。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細