Carl Zeissの光学機器で巨大スクリーンに

重要なのは精度です - プレミアムブランドのメガネレンズだけではありません

ロード・オブ・ザ・リング、キングコング、パフュ-ム、バーダー・マインホフ 理想の果てに....これら全ての映画には共通点があります:これらは全てCarl Zeissのフィルムレンズで撮影されたのです。世界的な映画プロダクションは、際立つ高精度、最高のコントラストとひずみのない画像を実現するために、信頼のおけるZEISSのシネマレンズを高く評価しています。

重要なのは精度です - プレミアムブランドのメガネレンズだけではありません

映画産業とのパートナーシップは1937年に始まりました:ARRI(アーノルド&リヒター、ミュンヘン、ドイツ)とCarl Zeissとのコラボレーションです。1990年代からARRIはプレミアム品質の映画製作と処理用機器を業界向けに供給しています。けれども1937年に、APRIは映画製作の世界に画期的な出来事をもたらしました。Arriflex35カメラの発表です。ついに映画製作者はこのカメラのファインダーから実際の映像を見ることができるようになったのです。

 

またこの年は、光学技術のトップであるCarl Zeissとの協力関係が始まった年でもあります。Carl Zeissはこのカメラのために、いわゆるシネマレンズを作りました。シネマレンズは常に非常に精巧な道具です。35mmフィルムの狭いスペースに、極めて厳しい基準を満たす映像を写さなければなりません。そして巨大な映画スクリーンに映し出された時、フィルムの映像は千倍にも引き伸ばされるのです。そのため、きわめてクリエイティブなディレクターとカメラマンの使うレンズによって撮影された映像の質は、最高のものでなければなりません。

 

世界をリードする映画製作会社は今日でもZEISSのシネマレンズに信頼を抱いています。ロード・オブ・ザ・リングやキングコング、パフュームなどのヒット作はこのシネマレンズで撮影されました。最も重要な基準は際立った鮮明さ、最高のコントラスト効果、色の忠実な再現と歪みのない映像です。これにより、最も映画にうるさい人をも満足させる絢爛たるシネマ体験が可能になるのです。

 

映画製作で使われている精密光学機器も非常に過酷な条件に耐え得るものでなければなりません - できるならそんな状況には晒したくないと思うほどの厳しい条件 - 高温、低温の気候、振動、衝撃、砂つぶ、雨、雪、煙、ほこり、油性の霧などです。

 

プロフェッショナル用シネマレンズのカテゴリーで、Carl Zeissは確実に世界のマーケットをリードしています。

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細