Back To Top

お近くのZEISS取扱店を探す

ZEISSオンラインビジョンチェック

オンラインビジョンチェックを開始

Digital Lens®

デジタル機器による眼精疲労に終止符を

このようなことを予想できたでしょうか?実は、私達は一日に平均80回もスマートフォンや携帯電話を覗き込んでいるそうです。焦点を近くから遠く、そしてまた近くへと、視線を行ったり来たりさせることは、目にとって大きな負担になります。多くの場合、私たちは夕方に目が疲れて、赤くなったり、筋肉が凝ったり、頭痛が出てきてそのことに気づきます。ある程度の年齢までは、私たちの目はあらゆる距離に対して難なくピントを合わせることができます。しかし不便なことに、30歳頃から加齢に伴い、次第に異なる距離を見るためにピントを「調節」する能力が衰えていきます。ほとんど場合、このことに気づいていません。そんなとき、ZEISS Digital Lens®が眼精疲労を軽減できます。

Videoplayer-Startimage
Sorry, this shouldn't have happened:
Video player failed to load.

べネフィット

ベネフィット

ZEISS Digital Lens®は、スマートフォンを含むデジタル端末を常時使用することによって発生するストレスと眼精疲労の軽減に貢献します。

  • 一日中長い時間スマートフォンやタブレットを使って仕事をしても、常にリラックスした状態を保てます。
  • 視線を近くから遠くへ、常に行ったり来たりさせる必要があっても、快適な視界を提供します。
  • どなたでも非常に慣れやすくなっています。
  • ZEISS Digital Lens®はシーンを選ばず一日中装用していただけます。
     

Digital Lens®はどのような効果があるのでしょうか?

私たちは、デジタル機器を使用する機会が益々増えています。スマートフォン、タブレットやパソコンを一日あたり5時間以上見ることは、目にとってはマラソンをしているようなものです。

あなたもこのような症状に悩まされていませんか?

 

疲れ目

ZEISS Digital Lenses

肩または首のこり

ZEISS Digital Lenses

頭痛

ZEISS Digital Lenses

デジタル機器による眼精疲労はどうして起きるのでしょうか?

私たちは、デジタル機器、特にスマートフォンを頻繁に、そして長時間使えば使うほど、近くと遠くの間で切り替えて見なくてはならないことが増えます。眼球内部にある毛様体筋は、私たちの視界を常に調節しています。しかし加齢とともに、その能力は次第に衰えていくのです。そして、私たちは目が疲れたと感じるようになります。夕方になると、今日は目に負担をかけすぎた、使いすぎた、と思います。

頭痛や首の痛み、疲れ目といった症状をすぐにデジタル機器の使用と結びつけて考えることはあまりありません。視界がぼやけたときに、その原因がデジタル機器によるものであるとは思わないでしょう。しかし、これらの症状は、すべてCVS(コンピュータービジョンシンドローム)の兆候かもしれません。不便なことに、私たちの目は30歳頃から加齢と伴って次第に、異なる距離の物を見るためにピントを調節する能力が衰えていきます。

ZEISS Digital Lens®は、眼球内部の毛様体筋をサポートします。広範囲の遠用視界を提供しながら、デジタル機器を見ているときの目を特別にサポートする優れた特長があります。メガネを掛け始めたばかりの方にも、長年メガネを装用している方にも適しており、一日中掛けていても快適です。

Digital Lens®はこうして私たちの視界をサポートしています。

Videoplayer-Startimage
Sorry, this shouldn't have happened:
Video player failed to load.

あなたにぴったり合った個別設計レンズ:
ZEISS製品があなたにとってベストな選択肢になるかも知れません。

レンズコーティング:丈夫で、お手入れが簡単、非常に優れた反射防止コーティング

DuraVision Platinum および Silver.

レンズコーティングはプラスチックレンズを耐久性のある日用品にします。プラスチックレンズをよりキズに強く、汚れにくく、またお手入れを簡単にします。

ZEISSのプレミアムレンズコーティングがどんな形でお役に立てるか、ご覧ください。

自分に合った製品がみつかりませんか?

メガネを掛けずに近くにあるものを楽に見ることができますか?

ZEISS単焦点レンズ

ZEISSは従来のレンズからオーダーメイドのレンズまで、あなたの視覚ニーズに合わせて製造しています。

特別に薄く軽いレンズが、強度数の方のためにどのようにして製造されるかは、こちらをご覧ください。

慣れやすい遠近両用レンズをお探しですか?

ZEISS遠近両用レンズ

遠近両用レンズは、眼鏡光学における名品と言えるでしょう。近くでも遠くでも、すべての距離において、あなたのニーズに合わせてサポートします。

ZEISSではあなたにぴったり合った遠近両用レンズを見つけることができるよういくつかのグレードをご用意しています。

パーソナルアドバイス:お近くのZEISS取扱い眼鏡店を探すのはこちらから

慣れやすい遠近両用レンズをお探しですか?
ZEISSのテストをご利用ください:あなたもCVS(コンピュータービジョンシンドローム)に悩んでいませんか?

製品およびサービス
  • store

ZEISS Digital Lens®についての詳細はこちらをご覧ください

デジタル機器がどのように私たちの視界や眼に影響を与えているか、確認してみてください。

デジタル機器がどのように私たちの視界や眼に影響を与えているか、確認してみてください。

疲れ目や眼の炎症、頭痛や首のコリ、それらが緊張して疲労した眼の典型的な症状です。
  若い時は問題ありません!ある年齢までは、眼は自動的に働き、気づかないうちに異なった距離を見ることに素早く順応します。Eメールをチェックし、スマートフォンで次の歌を選んだ後、見上げて、離れたところにいる友人に挨拶し、すぐにまた下を見ることは全く苦痛ではありません。すべてが完璧に鮮明で、はっきりと見えます。私達の眼は、気付かないうちに眼の筋肉(毛様体筋)や水晶体などの働きによってピントを調節しています。それによって、遠くから近くまでを自然に見ることができます。...

詳細

近年進むデジタルライフ。最も適したメガネレンズを開発するためのベストな方法はどのようなものでしょうか?

近年進むデジタルライフ。最も適したメガネレンズを開発するためのベストな方法はどのようなものでしょうか?

BETTER VISIONは、ZEISS Vision Care部門のティモ・クラッツァー氏に、デジタル機器ユーザー向けのレンズの開発について詳しく教えていただきました。
  視力について考えられるすべての問題に対し、既にそれぞれの用途別レンズが開発されていると思うかもしれませんが、そうではないことがわかります。ZEISSは、近年スマートフォンやタブレットの使用が一般的になったデジタルライフにおいて、私たちの視力はどのように機能しているかを詳しく調査することにし、その結果は、衝撃的といえるものでした。 調査の結果は、眼精疲労を効果的に軽減する視力矯正ソリューションを開発することにつながりました。...

詳細

この記事をシェアする

 

このウェブサイト上ではクッキーを使用します。 クッキーは、ウェブサイトからあなたのコンピューター上で記憶されるテキストファイルではありません。クッキーは、広く普及しており、ページを最適化して表現し、改善する助けをします。私たちのページを利用することにより、あなたはこれを了承することを宣言します。 詳細

OK