データ保護の概要

これだけは知っておいていただきたいこと

データ保護の概要

本小冊子「データ保護の概要」は、ZEISSオンラインサービス(ウェブサイト、アプリ、ソーシャルネットワーク)において利用者の個人情報がどのように収集され、処理されているか、簡略にまとめたものです。本プロセスについての詳細は、当社データ保護に関する通知の完全版をご参照ください。

  • 当社ではどのような情報を収集しているのでしょうか?

    I.利用者が当社のオンラインサービスを開いたり利用する時に、当社で収集される情報には以下のようなものがあります。

    • 使用しているブラウザの種類
    • 当社ウェブサイトで訪問されたページ
    • ご使用になったOS(オペレーティングシステム)
    • ご使用のIPアドレスまたは短縮されたIPアドレス
    • ご利用時の行動の特徴(例えばマウスの動かし方、クリックの特徴、セッション時間等)

    これらの情報は主として匿名化もしくはハンドルネームによる別名化を行った上で収集されます。

     

    II. 利用者は、ウェブサイトに登録されると、ご自分の意志で以下を含む個人情報をご提供いただいたことになります。

    • ご氏名およびタイトル(Mr、Mrs、Msなど)
    • お支払い情報
    • ご連絡先情報(例えばメールアドレス、お電話番号)
    • 住所およびご注文情報
    • 所属企業、所属部署
    • ご使用の製品および装置
    • 個人的な興味、お好みに関する情報
  • ZEISSのオンラインサービスでは、どのようにして情報を収集しているのでしょうか?

    ZEISSのオンラインサービスでは、自動化されたプロセスまたはご利用者ご自身による入力、すなわち以下のような方法でデータを収集しています。

    • クッキーのピクセルトラッキング
    • 利用者による直接入力
    • クロスデバイストラッキング、マウストラッキング、その他のそれに類似する方法

    クッキーはウェブサイトを利用者にとってより使いやすく、効率的で安全なものにします。クッキーとは、利用者行動に関する情報を利用者のブラウザに一時的に保存するテキストファイルです。ウェブサイトを訪問した人の好みやウェブサイトの設定の定義や保存に利用されます。

    注意:クッキーその他のインターネット技術に関する追加情報は当社のデータ保護をご参照ください。

  • ZEISSのオンラインサービスで個人情報を処理し、利用するのはなぜでしょうか?ZEISSは個人情報をどのような場合に利用し、処理するのでしょうか?

    ZEISSでは、ケースバイケースで、利用目的を特定した場合に限り、個人情報の収集を行っていることにご注意ください。そのため以下に列挙する理由は、全てを網羅するわけではありません。

    1. 当社製品およびサービスを提供するため。
    2. 法律上の義務を遵守するため。
    3. 安全性の低い支払い方法を使って決済を行う場合に信用チェックを行うため。
    4. 宣伝目的の製品購入における詐欺行為を防止するため。
    5. ウェブ分析および当社のウェブサイトを改善するため。
    6. コンテストのため。
    7. ニュースレターその他の購読のため。
    8. オンラインでの採用応募のため。
    9. ご連絡目的のため、およびお問い合わせ用紙で。
    10. ZEISS IDのように保護されているエリアでの使用中、また本人確認のため。
    11. オンラインショップにて。
    12. 注文のため。
    13. 例えばプラットフォーム、ニュースレターの購読または購読解約お申し込みのため、アプリ使用中など、ZEISSのデジタルサービスご利用中に。

    当社では、利用者にとり、個人情報を慎重に扱うことが重要であることを認識しております。ZEISSにとり個人情報の保護は最優先課題であるため、当社では利用者の個人情報の収集、保管、利用を厳重に法律を遵守しながら行います。当社がお客様の個人データを請求するのは、上記項目です。
    これらの情報は、当社ウェブサイトの継続的改善を助け、利用者に対してより個人化したユーザー体験を提供することに役立ちます。個人情報の個々の項目は、ご注文の処理、購入された商品や製品のお届け、信用評価、決済、詐欺防止、ご注文の状況と当社製品やサービス、そして特別オファーに関する情報を利用者に提供するために利用しています。

    利用者と速やかに連絡が取れるよう、当社ではメールアドレスのご提供をお願いしています。利用者のアドレスは明解な許可がある場合に限り、宣伝目的で利用させていただきます。

  • 利用者の個人情報はどこで処理されるのでしょうか?

    通常、利用者の個人情報はドイツに所在するサーバーで処理いたします。利用者の許可がある場合には、個人情報をドイツ国外で処理することもありえます。ZEISSグループ内でデータを転送させていただく場合は(利用者の許可がある場合に限ります)、国外へのデータ送信および社外パートナーを経由したデータ処理は、然るべき個人データ保護法に則り実行されます。これらの活動は、データ処理契約、EU標準契約条項、国際的な慣例などを含む個人データ保護に関する法規制によって保護されています。

  • 利用者にはどのような権利があるのでしょうか?
    • 情報にかかる権利
    • 異議の撤回をも含む、異議を申し立てる権利
    • 情報を削除、公開、送信する権利
    • 情報の処理を限定したり、遮断する権利
    • 情報を修正させる権利
    • 上訴権、監督官庁を介する場合も含む
    • 利用者の同意を撤回する権利
    • 自動的な情報処理やプロファイリングに起因する決定に服さない権利

    データ保護に関するお問い合わせは、当社のコーポレートデータ管理責任者までお寄せください。 

    Carl-Zeiss-Strasse 22
    73447 Oberkochen
    Germany

    メールによるお問い合わせ (秘密情報および機密情報は送信しないでください。): datap rivacy @zeiss .com
    電話によるお問い合わせ: +49 7364 20-0 (キーワード: 『データプロテクション』)
    オンライン用紙からのお問い合わせ: ビューフォーム 

  • 利用者の個人情報データは、いつ削除されるのでしょうか?

    当社では、利用者の個人情報の削除は、データ収集の目的が存在しなくなった時点で行います。なお契約履行中に収集したデータを契約終了時に削除することもこれに含まれる場合があります。利用者の個人情報は、商法、税法その他の法的義務を果たすために、収集した目的以外の理由で保管し、または後日の処理に使えるよう最初に遮断する必要があることがあります。

  • ZEISSは利用者の個人情報をどのように保護しているのでしょうか?

    利用者が、例えばZEISSのIDを入力したり、オンラインショップなどにアクセスしたり、あるいは当社のコンテストに参加するために登録したり、製品をご発注をいただくなど、特別に保護されたエリアにサインインされますと、利用者の個人情報が当社に送信されます。お客様の個人情報は、誤った者の手に渡らないように、SSL暗号(Secure Socket Layer)等の標準的で最先端の方法により暗号化されます。これはインターネット上の情報送受信において実績ある安全な方法です。
    またZEISSでは取引先のパートナー顧客の個人情報を確実に保護するために、このほかにも広範囲にわたって技術上および実務上の安全措置をとっています。これらの安全措置の一環として、当社ではときどき利用者に対し、ご自身の個人情報にアクセスされる前にご本人確認をさせていただくことがあります。

  • 利用者のZEISS ID アカウント

    利用者のZEISS IDアカウントは、幅広いZEISS製品やサービスにサインインするために利用できます。サインインされますと、利用者がご自身の意志で当社に提供された情報が、個人情報として記録され、これにより当社はお客様に対してより個性化された製品やサービスをご提供することができます。

  • 成りすましメール、迷惑メール、情報搾取目的等の悪質メールについて

    成りすましメールや情報搾取目的の悪質メールにご注意ください

    残念ながら、ZEISSブランドは、詐欺目的で悪用されることのあるブランドのひとつです。具体的には、利用者宛てにZEISSの名を騙った詐欺目的の偽装メールが送られてくることがあります。これらのメールは、ZEISSからの連絡であるように見せかけたもので、ZEISSからの本物のメールと、見かけ上区別が難しい場合があります。

    このような場合、偽装メールの発信者は、利用者とZEISSの信頼関係を悪用し、利用者の秘密情報(例えばログインの詳細、取引情報、支払い情報など)を詐取するか、利用者のコンピュータやスマートフォンに悪質なソフトウェアを搭載しようとしています。

    これらのメールは、ZEISSの名前を使ってあたかもZEISSに成りすましている場合でも、決してZEISSで作成されたり発送されたものではありません。残念なことに、ZEISSにはそのような悪質な不正メールを作成したり発送したりすることを阻止する術がない、ということを意味します。

    受信されたメールが本当にZEISSから送られてきたものであるかどうかを判別するため、以下の特徴をご確認ください:

    • ZEISSから送られてきたご注文確認メールや請求書は、本当にご自身で発注された製品のものであるかご確認ください。
    • ZEISSが送るメールには、当社では発信前に校正することになっているため、誤字や文法上の誤りはありません。

    当社のウェブサイトには、第三者のウェブサイトに関する情報やそのサイトへのリンクが表示されていることもあります。当社が提供を行うのは、その提供者の信頼性を確信している場合に限ります。しかし、ZEISSではこれらのウェブサイトのデータ保護上および内容上の責任は負い切れませんので、これについては一切の責任を負いません。これらの外部リンクは以下のアイコンが表示されます。

    成りすましメール、迷惑メール、情報搾取目的の悪質メールの正しい扱い方

    • 当社では、不審なメールはただちに削除されることをお勧めいたします
    • 不審なメール上のリンクや添付ファイルは絶対開かず、絶対に利用者の個人情報は渡さないようにしてください。
    • またコンピュータのウィルススキャンのご使用もお勧めします。

    ご注文または顧客情報に関して、不審なもしくは奇妙な情報が掲載されたメールを受信した場合には、発注にご利用いただいたオンラインショップにサインインをしてください。そこで、実際に発注された全ての注文の状況と請求書番号の一覧表をご覧いただけます。そのためにはこのアドレス ZEISS ウェブサイトまたはプラットフォーム用 をブラウザにご自分の手で打ち込んでください。ご自分の手でアドレスを打ち込まれれば、メール中に記載されているリンクを介して自動的に不正なウェブサイトに誘導される危険を回避することができます。

    ヒント: 受信したメールの真偽を迷われる場合には、当社の窓口へご相談いただくか、下記のアドレス宛にメールをお送りください  お問い合わせフォーム.

利用者の情報の保護に関する重要な情報

利用者の個人情報の保護

今日のようにすべてがつながっている世界では、情報への不正アクセスは、個人も企業も日常的に直面する現実となっています。このような攻撃から情報を保護することは非常に大きな課題です。

ZEISSではデータ保護は最優先課題とみなし、時間、労力、そして資金を投じてシステムの安全確保に努め、24時間体制で監視しています。ZEISSのウェブサイトやプラットフォームをご利用いただく場合、当社は信頼を寄せられた利用者から大切な個人情報をお預かりすることになります。そのため、これらの情報を保護することを当社では重視しています。個人情報を不正アクセスから守るために利用者ご自身ができることもあります。以下に、利用者ご自身で情報の安全を確保するための方法をまとめました。

  • 個人情報を利用者自身で保護するためにできることは?

    まず大雑把に申し上げますと、パソコン、ノートパソコンそして携帯端末に保存されている情報は、自分だけしか知らないパスワードや暗証番号で保護することです。また、ZEISSのウェブサイト、プラットフォームやショップをご利用の後には、必ずログアウトをして退出してください。

    そしてアカウント毎にそれぞれ違うパスワードを設定してください。異なるサービスプロバイダや、オンラインポータルに同一のパスワードを使うようなことは絶対にやめてください。ZEISSのウェブサイトやプラットフォームで利用するパスワードは、他のウェブサイトでは使っていないものであることを確認してください、 もし同じパスワードを使用している場合は、速やかに全てのZEISSのパスワードを変更されることをお勧めします。

    パスワードは、人目に触れるような場所にメモしないでください。重ねて強調いたしますが、これらのパスワードが使えるのは、ご自身だけであることを確認してください。

  • 安全なパスワードを作成する方法は?

    パスワードは容易に推測できないようなものにしてください。すなわち、一般的で日常的な単語を使ったり、ご自身または家族の名前をパスワードに使用しないことを意味します。安全性を向上させるためには、大文字と小文字、数字や特殊記号を混ぜることが望まれます。

  • このほかに注意することはありますか?

    もしZEISSのウェブサイトやプラットフォームに公共のパソコンからアクセスする場合は、終了後に必ずアカウントからログアウトしてください。
    ately (身の覚えのないメールを受信し、パスワードや支払い情報の入力を要請された場合には、無視し、即座にZEISSにご連絡ください (お問い合わせフォーム)。当社において調査させていただきます。

データ保護に関する通知

ZEISSは法律に従ってデータ処理(例:収集、加工、送信)を行います。利用者から提供される取引に必要な個人情報は当社で保管され、取引を処理するために必要な範囲内で、ZEISSと契約を結ぶサービスプロバイダに転送されます。

対象範囲

本データ保護に関する通知は、ZEISSコーポレートグループ各社(以下ZEISS)の保有するウェブサイト、ドメイン、ソーシャルメディアプラットフォームおよびアプリケーショんに適用されます。本通知は国内法令により、データ保護および法的通知を修正したZEISS企業のウェブサイトには適用されません。そのため、ご利用になるすべてのZEISSウェブサイトまたは使用しているプログラムのそれぞれのデータ保護および法的通知の内容に注意してください。
場合によっては、ZEISSのウェブサイトに第三者、すなわちZEISS以外の企業でデータ保護法および法的通知が適用されないのウェブサイトへのリンクが含まれていることがあります。

一般データ保護基準

ZEISSは国境を超えて法的に独立した複数の会社、取引プロセス、経営構造および技術システムを有する世界規模で事業を展開する企業です。

当社のウェブサイトをご訪問いただきますと、場合によっては個人的なデータが収集されることがあります。本通知では、当社、は利用者による当社のウェブサイトの訪問中にZEISS各社が収集する個人情報と本データの取り扱い方法について明示します。

当社では、利用者の個人情報保護を非常に重要な問題と捉えています。当社ウェブサイトへの訪問中に収集された利用者の個人情報の処理は全て、法律上の規定に従って実施されます。さらに当社における個人情報の取り扱いのアプローチは、個人情報については可能な限り最大の透明性、選択権の遵守、アクセス権、個人情報の転送の権利、合法的な処理を定めているEUデータ保護規則に基づいているものです。

すべてのZEISS 企業は、個別に適用されるデータ保護法を遵守しています。さらに、グループ内のZEISS各社に向けた社内指令により、個人情報の取り扱いが規定されています。ZEISSの当該社内指令は、利用者の個人情報を取り扱うZEISS各社で、データが適切にかつ適用される法律に準拠して処理されることを確実にするためのものです。同時に、当社は社員に対し、ウェブサイト上で個人情報が要求される場合はいつでも当社のデータ保護規則を参照し、遵守するよう指示しています。

法律上認められる範囲内で、かつ情報の送信または使用を排除する利用者の正当な利益を十分考慮した上で、当社は、注文の信用調査を実行するために、利用者の住所および信用度データを信用機関に転送するか、または信用機関に信用データの提供を要求することができます。
請求書および割賦購入で支払われた注文については、住所データのほか、個々の支払い不履行リスクを評価するためにその他の信用データを利用します。
ZEISSおよびZEISSグループ各社は通常、顧客に不確実なお支払い方法(請求書払い、掛け買いなど)を利用する選択肢も提供しています。以下は、ZEISSグループに属するいくつかの企業です。

  • Carl Zeiss Industrielle Messtechnik GmbH
  • Carl Zeiss Spectroscopy GmbH
  • Carl Zeiss Meditec Vertriebsgesellschaft mbH
  • Carl Zeiss Vision GmbH
  • Carl Zeiss Microscopy GmbH

顧客に対して不確実な支払い方法を利用する選択肢を提供している会社には、支払い不履行から自社を守ることに正当な利益があります。通常、顧客が不確実な支払い方法を選択して支払う前に、信用度を確認することでリスクを回避しています。信用調査のため、ZEISSは自らが収集した、またはZEISSグループの他の会社によって当社に転送された顧客に関する否定的な信用情報を使用する権利を有します。

ZEISS はさらに、他のZEISSグループ企業が顧客に対して不確実な支払い方法を使用する選択肢を提供する前に、顧客に関する否定的な信用情報を他のZEISSグループ企業に転送する権利があります。

信用情報とは、未払い金および顧客が支払い不履行となるリスクを直接的に示唆する情報(例えば破産、債権回収、支払い不能による繰り延べ措置等)に関する情報を指します。ZEISSグループの他の会社に当該情報を転送する目的でZEISSが未払い金に関する否定的な情報を保存する前に、顧客は当該情報が転送される可能性がある旨通知を受けます。またZEISSは、著しく変則的なオーダーに関する情報(例えば複数の商品が複数の異なる顧客アカウントを介してで同じ配送先に同時に注文された場合など)をZEISSグループ内の他の企業に転送する権利を有し、他のZEISSグループ内の企業から得た著しく変則的な注文に関する情報を利用する権利を有します。これは、支払い不履行の発生を防止し、顧客の身元情報が不正目的で利用されることのないようすることを目的とします。
さらに、ZEISSは、独自のマーケティング目的で住所や注文情報を収集し処理することを許されています。これは、例えばZEISSが個人向け広告をアドレスの所有者に見せる目的で、注文処理中に収集したメールアドレスをFacebook Ireland Limited社のメールアドレスリストと比較することがあることを意味します。ただし、Facebook Ireland Limitedは、メールアドレスをアドレスリストと比較以外の目的で使用することは許されていません。法律上許されている場合に限り、第三者に対して広告目的で情報が送信されます。

注記

利用者は個人情報の使用、処理および転送に異議を申し立てることを希望する場合には、いつでも非公式の書面またはメールでZEISSにその旨伝えることができます (お問い合わせフォーム)。利用者からの異議申し立てをもって、当社は、利用者から要求された注文や作業を実行する以外の目的での該当する情報の使用、処理および転送を停止します。また当社は利用者に対して広告その他の宣伝材料を送ることも停止します。

 

開示または異議の申し立て:
ZEISSが処理する利用者の個人情報はどのようなものか知りたい、と思われますか?利用者情報の使用について異義を申し立てたいとお考えですか?
データプライバシー保護に関する基本規則第15条ならびに規則(EU) 2016/679データ保護法の適用に関する法律第57条、および実施指令 (EU) 2016/680 (DSAnpUG-EU)に基づくこれは利用者の法律上の権利であり、当社は喜んで利用者の要請に対応させていただきます 。

お問い合わせフォーム

個人情報の収集、処理、転送について

ZEISSでは、利用者の個人情報については、できる限り利用者ご自身で管理いただけるようにしたいと考えています。通常、ZEISSのウェブサイトは個人情報を提供することなくご利用いただけます。

しかし、ZEISS のウェブサイトの一部ではサイトの内容を改善し、利用者との連絡を保つために、個人情報を入力していただく場合があります。利用者からお預かりした個人情報はすべて、秘密情報として扱い、利用者とZEISSの関係の枠内に限定して保存し、処理させていただきます。利用者の個人情報は、利用者の事前の承諾なく、マーケティング目的で第三者に転送したり、公開したり、他の方法で提供することはいたしません。

しかし、当社のサービス提供の一環として特定の場合に限り、利用者の情報が、例えばビジネスパートナーやITサービスプロバイダ等、当社の注文処理に関与している第三者に、転送されることがあります。当社では、これらの第三者に個人情報を転送する場合には、該当のサービスの提供に必要なデータのみに限定し、情報の転送が必要なデータセキュリティに準拠して行われるようにします。ZEISS各社は、利用者の個人情報を、データ保護および利用者の個人情報を、準拠法に従って処理することを確約した第三者にのみ送信します。

さらに、ZEISSは裁判所または政府命令により、利用者のデータおよびそれに関連した情報の開示を強制される可能性があります。同じく、当社は、当社の法的主張または主張の弁護のために利用者の情報を利用する権利を保留します。

買収または他社との合併の場合には、実際のまたは潜在的な買い手に利用者の情報を開示したり送信する必要が生じる可能性もあります。そのような場合、ZEISSはできる限り高度なデータ保護水準に達することに努め、法律上の規定を遵守します。

データ主体の権利

利用者は、当社が処理する個人データに関し、いつでも情報を要求する権利を有します。またこれらの情報の処理に異義を申し立て、または処理される個人情報の範囲を限定し、または情報を修正し、または削除を要求する権利があります。ZEISSは個人情報の保管を義務付ける法律上の規定がない場合に限り、またはZEISSが個人情報を保管する権利がこれを削除させる利用者の権利に優先しない場合に限り、利用者の個人情報を削除できるものである点ご了承ください。また、利用者が一度情報の削除を要求した場合、または情報処理の範囲を制限した場合、あるいは個人情報の処理に異義を申し立てた場合には、利用者の個人情報を必要とするZEISSのサービスの一部またはすべてが使用できなくなることにもご留意ください。
利用者がZEISSの使用に同意したことにより、またはZEISSと締結した契約の履行に要求されるために、利用者の個人情報がZEISSにより使用されている場合、利用者はZEISSに提供した個人情報の写しを請求することができます。下記のメールアドレス宛てにご請求ください。情報を要求しているデータまたは処理作業、当該情報を受け取る形式、および情報を利用者または別の受信者に送付してほしいのか、ということについても確実にお知らせください。ZEISSでは利用者の要求を丁寧に審査し、ご要望にお応えする最善の方法をご連絡いたします。
利用者は、さらに以下のケースにおいて、ZEISSに対し、利用者の個人情報の将来的な処理を制限するよう要請することができます。

  1. ZEISSが保有する個人情報が不正確である、ということを主張する場合(ただし、情報処理は、ZEISSが当該の個人情報の正確性を確認するためにZEISSが必要とする期間中に限定されます):
  2. ZEISSが利用者の個人情報を処理する法的根拠が存在せず、利用者がZEISSに対して情報処理の中止を要請した場合
  3. ZEISSが利用者の個人情報を必要としなくなった場合で、利用者がZEISSに対して、法律上の請求権を主張したり行使できるように、または第三者の請求権を弁護できるように、ZEISSがそれらの情報を保管しなくてはならない、と主張する場合
  4. 利用者の個人情報を処理するZEISSの利益が優先するか否か、または個人情報を保管する法的要件の有無を確認するために必要な期間において、利用者が(ZEISSの正当な利益に基づいて)ZEISSによる利用者の個人情報の処理に異義を唱える場合

お問い合わせフォーム

 

子どもの個人情報:
ZEISS では、例外的に子どもを対象とするウェブサイトを除き、故意に16歳未満または現地法により子供と定義される年齢の子どものの情報を収集したり処理したりすることはありません。ZEISSはこれらのウェブサイト上で適用されるデータ保護法を遵守します。

法令遵守

ZEISS およびZEISSの製品、サービスおよび技術は、欧州連合(EU)、EU加盟国およびアメリカ合衆国を含む複数の国の輸出管理規制の対象となっています。利用者は、制裁リストに掲載されている企業、団体その他の当事者がZEISSのウェブサイトやZEISSが管理する販路を介して特定の製品、技術およびサービスのを獲得することを防止する措置を講じることが適用される輸出管理規制、貿易制裁、禁輸措置でZEISSに要請されていることにをご理解ください。当該措置とは、以下のようなものが含まれます:

  1. 本通知に記載されている利用者の登録情報その他の利用者の身元確認情報を適用される制裁リストとの自動比較すること
  2. 制裁リストが更新される毎に、または利用者が自身の情報を更新し毎に、当該情報が定期的かつ繰り返し比較されること
  3. 利用者が適用される制裁リストに掲載されていることが判明した場合、¥ZEISSのサービスおよびシステムへのアクセスが遮断されること
  4. 利用者の情報が制裁リストに記載されていることが判明した場合には、利用者の身元を確認するためにに直接に接触し、利用者との連絡を取ること。

さらに、利用者は、利用者の個人情報を処理および使用させることに関する自らの決定またはZEISSからマーケティングおよび販促資料を受領することに関する自らの決定(該当するZEISSの会社が所在する国にかかわらず、また利用者がマーケティングおよび販促資料を受領する明示的な許可または拒絶したかにかかわらず)に従って行為の実施が要求される情報がZEISSグループ内の会社によって保管され、法律上要求される範囲内で ZEISSグループの会社間で交換できることに同意するものとします。

ZEISSの正当な権利

下記の各項目は、ZEISSが利用者の個人情報の処理および使用について正当な利益を有する場合を示しています。これらの方法でのZEISSによる自身の情報の処理および使用に同意しない場合、利用者はこれらの処理行為に異議を申し立てることができます。
フォームの表示

調査およびアンケート

ZEISSは利用者に対し顧客調査にご協力をお願いする場合があります。これらの調査に使用されるアンケートは、個人情報を提供せずに質問に回答できるように設計されています。ただし、アンケートや調査で提供された個人情報は、ZEISSが自社の製品およびサービスを改善するために使用することがあります。

匿名化されたデータレコードの生成

ZEISSは、本データプライバシー保護に関する通知の対象となる個人情報を匿名化して、ZEISSの製品およびサービスならびに関連企業の製品およびサービスの改善に使用することができる匿名化されたデータレコードを生成することがあります。

サービス品質の改善のための電話とチャットでの会話の記録

ZEISSは、サービスの質を向上させる目的で、電話またはチャットの会話を記録することがあります。記録のプロセスは、会話中に記録する旨を通知された後にのみ開始されます。

新製品およびサービスに関する情報の利用者への逐次提供、利用者からのフィードバックの収集

顧客としての利用者とZEISSとの関係の枠組み内において、ZEISSは、利用者が既に購入した、または使用しているZEISSの製品およびサービスに類似する製品およびサービス(ウェビナー、セミナー、イベント等)、または直接関係する製品またはサービスについて、法律上認められる範囲において、利用者に逐次情報提供することがあります。更に、ZEISSは該当する製品、サービス、ウェビナー、セミナー、またはイベントの改善を目的として利用者が購入または参加した製品、サービス、セミナー、ウェビナーまたはイベントに関するフィードバックを収集するために利用者に連絡することがあります。

データセキュリティに関する情報

ZEISSは、利用者がインターネットを介して当社に転送した情報の保護と慎重な取扱いの重要性を理解しています。ウェブサイトのデータセキュリティは最優先事項です。したがって、当社は、オンラインセキュリティ対策が有効であることを確実にするために最善を尽くしてきました。そのため、ZEISSウェブサイト上の重要なデータトラフィックは暗号化されています。ZEISSは、インターネットを介して利用者が当社に送信した情報が秘密として取扱われることを保証するため、技術の進歩に並行して継続的に暗号化技術を更新するよう努めています。

当社は、認証のために異なる技術を使用してナビゲーションを簡素化し、利便性を向上させています。これらの技術には、ウェブサイトの使用と有効性を評価する「クッキー(Cookie)」が含まれています。クッキーとは、ウェブサイトからブラウザに送信されるデータです。これは利用者のシステムに格納され、利用者のシステムを識別するために使用されます(クッキー、ウェブトラッキングおよびウェブアナリティクスを参照下さい)。

訪問者のIPアドレスは、誤動作の分析、ウェブサイトの管理、および人口統計的特性の獲得のために当社のウェブサイトに取り込まれています。更に、当社は、本ウェブサイトまたは必要に応じて他の方法で利用者により当社に提供されたIPアドレスその他の情報を使用して、訪問者が当社のどのウェブサイトを訪問し、どのトピックが訪問者の興味を集めているかを解析します。

クッキー、ウェブトラッキングおよびウェブアナリティクス

ZEISSのウェブサイトおよびオンラインプラットフォームでは、マーケティングの目的でウェブサイトの訪問者によるネットサーフィンに関する一部匿名化または仮名化された情報を収集して保存します。当該情報は、クッキーを使用して利用者のコンピュータに格納され、これにより当社は、匿名の形式で利用者によるネットサーフィンの行動を分析することができます。これには、利用者の出身都市、使用しているブラウザやオペレーティングシステムの種類、当社のウェブサイトで閲覧したページ等が含まれます。当該情報は、いかなる方法でも利用者個人を識別するために使用することはできず、利用者のブラウジング体験を向上させる目的に限り使用できます。利用者情報が匿名のままであることを確実にするため、利用者のIPは短縮されるか、または匿名の形式で収集されます。利用者の情報は他の目的に使用されず、また利用者の明示的な同意を得ることなく第三者に送信されることはありません。
クッキーは、その機能と目的に応じて、不可欠なクッキー、パフォーマンスクッキー、機能性クッキー、およびマーケティング用のクッキーの4つのカテゴリーの何れかに分類されます。

必須クッキー

必須クッキーは、利用者がウェブサイトを閲覧し、ウェブサイトに組み込まれた機能を使用できるようにするために必要です。本クッキーがなければ、Webサイトの機能は保証されません。つまり、利用者が実行する特定の行動(テキスト入力、設定オプション等)は利用者がウェブサイトの他のページに移動したときには保存されません。

機能性クッキー

機能性クッキーは、利用者のブラウジング体験を改善し、ウェブサイトの機能をパーソナライズするために利用者が提供する情報(利用者名、言語選択、現在地等)をウェブサイトで記憶することを可能にします。例えば、クッキーが利用者の所在地域を保存する目的で使用されている場合、ウェブサイト上で利用者に現地の価格情報を提供することが可能となります。機能性クッキーは、動画の再生等のコマンドを実行するためにも使用されます。これらのクッキーは匿名の形式で情報を収集するもので、利用者による他のウェブサイトの使用状況を追跡するために使用することはできません。

パフォーマンスクッキー

パフォーマンスクッキーは、ウェブサイトの利用状況に関する情報(訪問者が最も頻繁に訪問しているページや、利用者がエラーメッセージを受領したか否かに関する情報等)の収集に使用されます。これらのクッキーにより、利用者を識別するために使用できる情報が保存されることはありません。収集された情報は集約され、匿名化されます。パフォーマンスクッキーは、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させ、その結果として、利用者体験を向上させるためだけに使用されます。

マーケティング用のクッキー

マーケティング用のクッキーは、利用者に関係する広告や利用者の関心に応じた広告を利用者に提示するために使用されます。また、広告のインプレッション数を制限し、広告キャンペーンの効果を評価する目的でも使用されます。これらのクッキーは、利用者がページにアクセスしたかどうかを記録します。当該情報は、その後広告主と共有することができます。広告の妥当性を向上させるために使用されるクッキーは第三者のページにリンクされている場合もあります。
利用者がクッキーの使用や自身によるネットサーフィンの分析について変更し、制限し、異議を申し立てたい場合、または異議を撤回したい場合、次の方法により、ほとんどの標準ブラウザ上で各ウェブサイトの設定を変更および管理することができます。

  • Chrome:アドレスバー(SSL認証ページ)または情報アイコン(i)の横にある鍵アイコンをクリックします。
  • Firefox:ウェブアドレスの横にあるアイコンをクリックして「オプション」を選択します。クッキーの管理は「プライバシーとセキュリティ」の下にあります。
  • Internet Explorer:歯車アイコンをクリックし、「ツール」>「インターネットオプション」に進み、 「プライバシー」タブに移動します。クッキーの管理オプションは「詳細設定」にあります。

ZEISSはクッキーをどのように使用していますか?

ZEISSは、以下の目的で、様々な方法でクッキーを使用しています。

  • 利用者が要求したサービスを提供することができるように、利用者が当社のウェブサイトやアプリケーションの使用した際に利用者を認証し、特定します。
  • 利用者が使用するZEISSのウェブサイトやアプリケーションを利用者に提供します。
  • 利用者の設定を保存し、利用者がZEISSウェブサイトまたはアプリケーションの使用を終了した場所を記録します。
  • ZEISSのウェブサイトやアプリケーションの使用状況を評価して、利用者の興味に合わせて改善および修正します。
  • 利用者がZEISSのウェブサイトにアクセスしたときに関連情報を提示できるように、利用者の関心内容を把握します。

Google Analytics

本ウェブサイトはアメリカ合衆国 カリフォルニア州 マウンテンビュー アムフィシアター パークウェイ 1600番に本社を置くGoogle Inc.(以下「Google」といいます)のウェブ解析サービスであるGoogle Analyticsを部分的に使用しています。このため、Google Analyticsでは利用者のパソコンに格納されるテキストファイルであるクッキーを使用しており、これにより利用者のウェブサイトの利用状況を分析することができます。原則として、クッキーによって取得された本ウェブサイトの使用に関する情報は、米国のGoogleサーバーに送信され、保存されます。ただし、利用者のIPアドレスは、IPの匿名化がウェブサイト上で有効になっている場合、Googleによって短縮されます。これは、EU加盟国または欧州経済領域に関する協定の他の締結国で適用されます。例外的な場合に限り、完全なIPアドレスが米国のGoogleサーバーに転送され、そこで短縮されます。Googleは、本ウェブサイトの運営者に代わって当該情報を使用してウェブサイトの使用状況を評価し、ウェブサイト上のアクティビティに関するレポートを作成し、ウェブサイトの運営者にウェブサイトの使用およびインターネットの使用に関する他のサービスを提供します。Googleは、Google Analyticの範囲内で利用者のブラウザが送信したIPアドレスと他のデータを結合させることはありません。利用者はブラウザーソフトウェアを適切に設定することで、クッキーが格納されることを防ぐことができます。ただし、これを選択した場合、該当するZEISSウェブサイトのすべての機能を最大限に活用することができない可能性があることに注意してください。また、利用者は、以下のリンクから利用可能なブラウザプラグインをダウンロードしてインストールすることにより、ウェブサイトの使用に関連するクッキーによって生成されたデータ(利用者のIPアドレスを含みます)がGoogleにより取得および処理されることを防止することができます。https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=en

当社の利用規約とデータ保護に関する通知は、以下のウェブサイトでご覧いただけます。  https://www.google.com/analytics/terms/us.html そして  https://policies.google.com/?hl=en

Googleは本ウェブサイトにコード 「anonymizeIp」を追加して、IPアドレスの匿名識別を可能にしています。

パーソナライズされたレコメンデーション

当社では、ソフトウェアを使用して利用者プロファイルを作成し、最新の状態に保持しています。当該プロセスには、ウェブサイト上の追跡目的でのクッキーの使用が含まれます。未確認の訪問者は匿名で登録されます。

当社は、場合によって、当社のウェブサイトの訪問者に他のウェブサイト上のターゲットとなる情報が提示されるようにタグ付けするリターゲティングの方法を使用します。当該情報は個人を特定するために使用することはできず、利用者のブラウザの表示設定やプライバシー設定を変更することにより、いつでも無効化することができます。

当社では、場合によって、Googleのリマーケティング機能を使用しています。当該機能は、ウェブサイトのサイト訪問者にGoogle広告ネットワーク内のサイト訪問者の関心に関連する広告を表示するために使用されます。広告表示を行うために、クッキーが訪問者のブラウザに格納され、これにより利用者がGoogle広告ネットワーク内のウェブサイトにアクセスしたときに利用者を特定することができます。これらのサイトでは、Googleリマーケティング機能を使用している他のウェブサイトで利用者が過去に閲覧したコンテンツに関連する広告が表示されます。Googleによれば、Googleはこのプロセスにおいて個人情報を収集していないとのことです。利用者がGoogleにリマーケティング機能を使用させたくない場合は、通常 http://www.google.com/settings/ads.の設定を変更することで無効化

することができます。
r Googleのリマーケティング機能と「類似オーディエンス」機能を使用することによって、利用者がGoogleのいわゆる「ディスプレイネットワーク」内のウェブサイトにアクセスしたときに、利用者の人物や個人の関心に沿ったZEISSの広告が表示されます。利用者はブラウザの表示設定やプライバシー設定を変更することにより、当該プロセスで使用されたクッキーをいつでも無効化することができます。

Adobe Analytics

本ウェブサイトは、Adobe Systems Software Ireland Limited(以下「Adobe」といいます)のウェブ解析サービスであるAdobe Analyticsの一部を使用しています。

Adobe Analyticsは、分析目的で、またウェブサイトの使用を可能にするために、利用者のコンピュータに保存されたクッキーを使用します。クッキーによって生成された情報がAdobeのサーバーのいずれかに転送されると、Adobeの独自の設定により、ジオロケーション目的で使用される前にIPの匿名化と、保存される前の汎用IPアドレスへの置き換えが保証されます。

Adobeは、Adobe Analyticsの範囲内で利用者のブラウザから送信されたIPアドレスを、他のデータと結合させることはありません。

利用者は ブラウザの表示設定やプライバシー設定を変更することにより、いつでも当該プロセスで使用されるクッキーを無効化することができます。

クッキーの使用を制限し、プライバシー設定を変更すると、当社のウェブサイト上の一部の機能を使用できなくなる場合があることにご注意下さい。
ZEISSのウェブサイトとプラットフォームには、パーソナライズされたレコメンデーションが表示されます。これは、利用者の購入履歴、利用者が閲覧、訪問または購入した品目および商品カテゴリーに基づくものです。当該情報は、ドイツ連邦共和国のテレメディア法(TMG)第 15条第3 項第 1 号に従って匿名の形式で保存されます。
利用者は、上記の趣旨で閲覧履歴が保存され、使用されることを希望しない場合、ブラウザの表示設定やプライバシー設定を変更することによってこれを防止することができます。
これを行うと、当社がパーソナライズされたレコメンデーションを利用者に提示することができなくなることにご注意下さい。

ソーシャルプラグインの使用

ZEISSウェブサイトには、他のウェブサイト用の以下のソーシャルプラグインボタンが埋め込まれているものがあります。

これらのボタンは、ウェブサイト上に表示されていたとしても、Facebook、Google+、Twitter等 のオンラインサービスプロバイダからのサーバーと接続するものではありません。接続を有効にし、Facebook、Google+、Twitterとの通信を設定するには、ボタンをクリックしてまず承認する必要があります。

利用者が既に好みのソーシャルネットワークにログインしている場合、別のウィンドウを開くことなく実行されます。この転送は直接行われるため、当社が転送されたデータの情報を入手することはありません。転送されるのは利用者が各サイトを開始したという事実だけです。利用者がFacebookやその他のソーシャルメディアプラットフォームに同時にログオンしている限りにおいて、当該情報はソーシャルメディアアカウントに割り当てられ、その後、利用者につながります。

Facebook、Google+、およびTwitterによる個人情報のさらなる使用および保存に関しては、これらのソーシャルメディア各社から直接関連情報を入手して下さい アドオンを使用してブラウザからソーシャルプラグインを遮断することも可能です。

本データ保護に関する通知の改訂

本データ保護に関する通知は、現行の法律上の要件を遵守し、全ての当社オンラインサービスを網羅できるようにするため、随時改訂されます。
情報、修正、遮断、削除、異議の申立に関する利用者の法律上の権利は、改訂の影響を受けません。

パライバシー保護に関する要求の問合せ先

Carl-Zeiss-Strasse 22
73447 Oberkochen
Germany

メールによる連絡(秘密情報または機密情報は送信しないで下さい)
メールアドレス: datap rivacy @zeiss .com

電話によるお問い合わせ:
+49 7364 20-0(キーワード 「データ保護」)

各国の規則

ロシア連邦に所在する利用者には、以下の規定が適用されます。

本書に記載のサービスは、ロシアに常居所を有するロシア連邦の国民を対象としたものではありません。利用者がロシア連邦の国民で利用者の常居所がロシアにある場合、当社のサービスを使用する際に利用者が提供する全ての個人情報は、自己の責任において提供されるべきものであり、利用者は個人情報について単独で責任を負うことに同意するものとします。また、利用者は、ZEISSサービスを使用することにより、利用者の個人情報が処理目的で米国その他の国に収集され転送されることを明示的に許可すること、およびZEISSがロシア連邦の法律の不遵守に対し一切責任を負わないことに同意します。

中華人民共和国に所在する利用者には、以下の規定が適用されます。

本書に記載のサービスは、中華人民共和国に常居所を有する中華人民共和国の国民を対象としたものではありません。利用者が中華人民共和国の国民で利用者の常居所が中華人民共和国にある場合、当社のサービスを使用する際に利用者が提供する全ての個人情報は、自己の責任において提供されるべきものであり、利用者は個人情報について単独で責任を負うことに同意するものとします。また、利用者は、ZEISSサービスを使用することにより、利用者の個人情報が処理目的で米国その他の国に収集され転送されることを明示的に許可すること、およびZEISSが中華人民共和国の法律の不遵守に対し一切責任を負わないことに同意します。

以下の規定は、米国に所在する利用者に適用されます。

本ウェブサイトのコンテンツは、特定の地理的地域(米国を含みますがこれに限定されません) に在住の者による使用に限定されている場合があり、ZEISS は本ウェブサイトまたはそのコンテンツ がいずれも当該地域外でアクセス可能または適切である旨を主張しません。特定の者による、または特定の国における本ウェブサイトへのアクセスが合法ではない場合があります。利用者が法律上の制限に違反して本ウェブサイトにアクセスした場合、利用者は速やかに自己責任で問題解決を行い、現地法を遵守する責任を負います。

カリフォルニア州の「Shine the Light」 法により、カリフォルニア州の居住者は、ZEISSが収集し、ダイレクトマーケティング目的で第三者に転送したデータに関する特定の情報を要求することができます。
利用者が「Shine the Light」法の適用対象となる追加情報を希望する場合は、当社が依頼内容を適切に分類できるように、上記の情報を使用して当社にご連絡いただくか、「California Shine the Light Request」の記載と共に所定の住所宛に依頼書を提出して下さい。
当該プロセスにおいては、当社が連絡可能な利用者の郵送先住所、常居所およびメールアドレス が必要となります。

© Carl Zeiss AG – Last updated: April 2018